『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷

キッドナッパーズ (文春文庫)

表題作 「キッドナッパーズ」 は2003年、第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞した幻のデビュー作だ。わざわざ “幻” とつけたのは、当時 『オール讀物』 誌上に掲載されたきり著書に収録される機会がなく、長年読むことが困難な作品だったからだ。

- 全然、まったく、そんなこととは知らずに買いました。直木賞受賞作 『銀河鉄道の父』 (これは正真正銘の傑作です。未読の方はぜひ! )を読んだきり、著者の作品はただの一冊も読んでいません。

歴史小説専門の人だとばかり思っていた私は、ほとんど歴史小説を読まない人だったからです。例外として 『銀河鉄道の父』 だけ読んだのですが、まさかデビュー作がミステリーなどとは思いもしませんでした。そして、(失礼ながら) 案外これが面白い。

未収録だった事情や今回書籍化された経緯については著者あとがきに譲るとして、まず内容で目を惹くのが、一瞬で読者の心を鷲掴みにする冒頭のインパクトだ。

主人公の湯本が玄関のドアを開けると、「大声を出すな」 という警告とともにサバイバル・ナイフが突きつけられる - が、なんと相手は野球帽を被った少年なのだ。いやまったく、ここからどんな形で話が転がっていくのか、一刻も早くページを繰りたくなるではないか。

- 物語は、まさにそんな感じで幕を開けます。(当然ですが) これだけでは何もわかりません。一体何が起ころうとしているのか? (読者は) 早くそれが知りたくてたまらなくなります。

さらに少年は湯本に 「阿佐浜優也を誘拐した。警察には知らせるな」 と自宅にいる母親に電話するように要求する。ここまでわずか4ページ。もうこの時点で先を追わずにいられる読者は皆無だろう。

ミステリの新人賞では、手堅くまとめられたものより、少々筆が走り過ぎていても強烈な惹きを備えた作品の方が歓迎されるものだ。その点で本作の序盤は、応募作として申し分ない。(注:太字は全て解説から抜粋しています)

- 見ず知らずの中学生の少年がいきなりやって来て、ドアを開けるなりナイフを見せ、湯本に対し、およそ思いもつかないことを言い出したのでした。

なんじゃこりゃ!?  そう思わせるところから、この話は始まっていきます。

※油断してはなりません。さすがに冒頭の奇抜さだけでは賞は獲れません。実は、優也には優也の言い知れぬ事情があります。彼は、ある事がもとで、とても深刻な性癖を抱えています。さらに優也は、湯本の “事情” をよく理解しています。

収録作品
1.キッドナッパーズ
2.目刺し
3.架空の風景
4.十字架ジュース
5.ごとんがたん
6.べつばら
7.おなじ本でも  - 以上、掌編を含む7作。

この本を読んでみてください係数  85/100

キッドナッパーズ (文春文庫)

◆門井 慶喜
1971年群馬県生まれ。
同志社大学文学部卒業。

作品 「東京帝大叡古教授」「家康、江戸を建てる」「銀河鉄道の父」「マジカル・ヒストリー・ツアー/ミステリと美術で読む現代」(評論) 他多数

関連記事

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その2)

『国境』(その2)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境(下) (文春文庫) 羅

記事を読む

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1刷 ここは、おしまいの地

記事を読む

『さよなら、ニルヴァーナ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ニルヴァーナ』窪 美澄 文春文庫 2018年5月10日第一刷 さよなら、ニルヴァー

記事を読む

『二人道成寺』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『二人道成寺』近藤 史恵 角川文庫 2018年1月25日初版 二人道成寺 (角川文庫)

記事を読む

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 玩具の言い分 (祥伝社文庫

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『カンガルー日和』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『カンガルー日和』村上 春樹 平凡社 1983年9月9日初版 カンガルー日和 (講談社文庫)

記事を読む

『学問』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『学問』山田 詠美 新潮文庫 2014年3月1日発行 学問 (新潮文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ポラリスが降り注ぐ夜』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『ポラリスが降り注ぐ夜』李 琴峰 ちくま文庫 2022年6月10日第

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月2

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑