『万引き家族』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『万引き家族』是枝 裕和 宝島社 2018年6月11日第一刷

万引き家族【映画小説化作品】

「犯罪」 でしか つながれなかった - 。万引き・年金不正受給・虐待・・・・・・・。
是枝監督が自ら描く、映画では語り尽せなかった 「家族」 の在り方。

小説 『万引き家族』 を読みました。

とある住宅街。柴田治と息子の祥太は、スーパーや駄菓子店で日々万引きをして生計をたてていた。ある日、治はじゅりという少女が家から閉め出されているのを見かねて連れて帰ってくる。驚く妻の信代だったが、少女の家庭事情を案じ、一緒に 「家族」 として暮らすことに。年金で細々と生きる祖母の初枝、JK見学店で働く信代の妹・亜紀。6人家族として幸せに暮らしていた。しかし、ある出来事を境に、彼らの抱える 「秘密」 が明らかになっていく - 。(アマゾン内容紹介より抜粋)

読み終えて、改めて6人のことを考えました。

祖母の初枝、治、信代の三人については、まあ、しょうがないといえばしょうがない。そうする他なかったという彼らの人生は、その大方が自らを慰める方便であり、その気になれば違う人生もあったはずです。三人はそのことを、よく承知しています。

自覚がありながら堕落しているのは、自業自得と言わざるを得ません。冷たいようですが、三人はすでに十分大人なのですから。

二十歳を過ぎたばかりの亜紀は微妙で、今在る自分をコントロールできないでいます。それがために彼女は家を出て、源氏名に妹の名前を使い風俗店で働いています。女子大生と偽り、客に対し、ミラー越しに “淫らな姿態” を覗かせています。

何より切ないのは、息子の祥太と5歳の少女・じゅりの生い立ちです。大人(親)を信じ、大人(親)に裏切られてばかりいます。彼らは、自分の意思で前を向くことも、後ろへ引くこともできません。なぜなら、二人はまだ幼気ない子どもだからです。

祥太は万引きの常習犯で、咎めるどころか家族はむしろそれを “奨励” し、彼はそれを自分の “仕事” だと思っています。治を習い、治の言う通りに万引きし、してはならない事だとは思ってもいません。なぜかというと、家族の誰もが、そうは言わないのですから。

そして5歳の少女、じゅり。彼女は親から虐待を受け、親に見捨てられたのでした。

※6人が暮らしているのは、背の高いマンションに三方を囲まれた風通しの悪い平屋の一軒家で、そこは元々、初枝と初枝の死んだ夫の家でした。

一人暮らしの初枝の家に、最初 「治」 が居着き、やがて 「信代」 がやって来ます。亜紀が来て、治が 「祥太」 を連れ帰り、次に治は 「ゆり」 と一緒に帰って来ます。

彼らに共通するのは、本来あるべき 「家族の絆」 が損なわれている - ということです。彼らの多くはそれぞれに、もう一つ、別の名前を持っています。

この本を読んでみてください係数 85/100

万引き家族【映画小説化作品】

◆是枝 裕和
1962年東京都生まれ。
早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。初監督作品は「幻の光」。「誰も知らない」で第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞、「歩いても 歩いても」で第51回ブルーリボン賞監督賞、「そして父になる」で第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞、「海街 diary」で第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞など多数の賞を受賞。

関連記事

『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版 ドアの向こうに (創元推

記事を読む

『ねこまたのおばばと物の怪たち』(香月日輪)_書評という名の読書感想文

『ねこまたのおばばと物の怪たち』香月 日輪 角川文庫 2014年12月25日初版 ねこまたのお

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『学校の青空』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『学校の青空』角田 光代 河出文庫 2018年2月20日新装新版初版 学校の青空 (河出文庫)

記事を読む

『落英』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『落英』黒川 博行 幻冬舎 2013年3月20日第一刷 落英   大阪府警薬

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 ※二部構

記事を読む

『雨に殺せば』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『雨に殺せば』黒川 博行 文芸春秋 1985年6月15日第一刷 雨に殺せば (創元推理文庫)

記事を読む

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 世界から猫が消えた

記事を読む

『夫のちんぽが入らない』(こだま)_書評という名の読書感想文

『夫のちんぽが入らない』こだま 講談社文庫 2018年9月14日第一刷 夫のちんぽが入らない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウツボカズラの甘い息』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『ウツボカズラの甘い息』柚月 裕子 幻冬舎文庫 2018年10月10

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第一刷

『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』中山 七里 宝島社文庫 2019年4月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑