『万引き家族』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『万引き家族』是枝 裕和 宝島社 2018年6月11日第一刷

万引き家族【映画小説化作品】

「犯罪」 でしか つながれなかった - 。万引き・年金不正受給・虐待・・・・・・・。
是枝監督が自ら描く、映画では語り尽せなかった 「家族」 の在り方。

小説 『万引き家族』 を読みました。

とある住宅街。柴田治と息子の祥太は、スーパーや駄菓子店で日々万引きをして生計をたてていた。ある日、治はじゅりという少女が家から閉め出されているのを見かねて連れて帰ってくる。驚く妻の信代だったが、少女の家庭事情を案じ、一緒に 「家族」 として暮らすことに。年金で細々と生きる祖母の初枝、JK見学店で働く信代の妹・亜紀。6人家族として幸せに暮らしていた。しかし、ある出来事を境に、彼らの抱える 「秘密」 が明らかになっていく - 。(アマゾン内容紹介より抜粋)

読み終えて、改めて6人のことを考えました。

祖母の初枝、治、信代の三人については、まあ、しょうがないといえばしょうがない。そうする他なかったという彼らの人生は、その大方が自らを慰める方便であり、その気になれば違う人生もあったはずです。三人はそのことを、よく承知しています。

自覚がありながら堕落しているのは、自業自得と言わざるを得ません。冷たいようですが、三人はすでに十分大人なのですから。

二十歳を過ぎたばかりの亜紀は微妙で、今在る自分をコントロールできないでいます。それがために彼女は家を出て、源氏名に妹の名前を使い風俗店で働いています。女子大生と偽り、客に対し、ミラー越しに “淫らな姿態” を覗かせています。

何より切ないのは、息子の祥太と5歳の少女・じゅりの生い立ちです。大人(親)を信じ、大人(親)に裏切られてばかりいます。彼らは、自分の意思で前を向くことも、後ろへ引くこともできません。なぜなら、二人はまだ幼気ない子どもだからです。

祥太は万引きの常習犯で、咎めるどころか家族はむしろそれを “奨励” し、彼はそれを自分の “仕事” だと思っています。治を習い、治の言う通りに万引きし、してはならない事だとは思ってもいません。なぜかというと、家族の誰もが、そうは言わないのですから。

そして5歳の少女、じゅり。彼女は親から虐待を受け、親に見捨てられたのでした。

※6人が暮らしているのは、背の高いマンションに三方を囲まれた風通しの悪い平屋の一軒家で、そこは元々、初枝と初枝の死んだ夫の家でした。

一人暮らしの初枝の家に、最初 「治」 が居着き、やがて 「信代」 がやって来ます。亜紀が来て、治が 「祥太」 を連れ帰り、次に治は 「ゆり」 と一緒に帰って来ます。

彼らに共通するのは、本来あるべき 「家族の絆」 が損なわれている - ということです。彼らの多くはそれぞれに、もう一つ、別の名前を持っています。

この本を読んでみてください係数 85/100

万引き家族【映画小説化作品】

◆是枝 裕和
1962年東京都生まれ。
早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。初監督作品は「幻の光」。「誰も知らない」で第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞、「歩いても 歩いても」で第51回ブルーリボン賞監督賞、「そして父になる」で第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞、「海街 diary」で第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞など多数の賞を受賞。

関連記事

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『熱源』(川越宗一)_書評という名の読書感想文

『熱源』川越 宗一 文藝春秋 2020年1月25日第5刷 【第162回 直木賞受賞作】熱源

記事を読む

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1刷 四月になれば彼女は

記事を読む

『白砂』(鏑木蓮)_書評という名の読書感想文

『白砂』鏑木 蓮 双葉文庫 2013年6月16日第一刷 白砂 (双葉文庫) 苦労して働きなが

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『報われない人間は永遠に報われない』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『報われない人間は永遠に報われない』李 龍徳 河出書房新社 2016年6月30日初版 報われな

記事を読む

『隣のずこずこ』(柿村将彦)_書評という名の読書感想文

『隣のずこずこ』柿村 将彦 新潮文庫 2020年12月1日発行 隣のずこずこ(新潮文庫)

記事を読む

『喧嘩(すてごろ)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『喧嘩(すてごろ)』黒川 博行 角川書店 2016年12月9日初版 喧嘩 「売られた喧嘩は買

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『悪果』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪果』黒川 博行 角川書店 2007年9月30日初版 悪果 (角川文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑