『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩), 作家別(か行), 呉勝浩, 書評(あ行)

『おれたちの歌をうたえ』呉 勝浩 文春文庫 2023年8月10日第1刷

四人の少年と、ひとりの少女 友情を取り戻すための暗号ミステリー

おれたちはどこで道を違えたのだろうか・・・・・・・。音信不通だった幼馴染の死。遺された暗号 - 。導く先にあるものは、金か? 真相か? ミステリーランキング2冠!!爆弾と双璧をなす圧巻のミステリー

元刑事の河辺は、音信不通だった幼馴染の佐登志が死んだ知らせを受ける。彼が遺したのは、暗号めいた伝言。友からの謎かけに、河辺には封印していたはずの苦い記憶がよみがえる。40年前、故郷で巻き込まれたある事件 - 。追われるように都会に出た彼らが、歩んできた人生とは? かつての悲劇の真相に迫る、大河ミステリー。(文春文庫)

物語は昭和47年 (1972年) に始まり、令和2年 (2020年) に至ります。幼い日 【栄光の五人組】 と呼ばれた、河辺久則、五味佐登志、外山高翔、石塚欣太、竹内風花 - 4人の少年と1人の少女のその後の繋がりは、ある事件をきっかけに、ぷつりと切れて無くなったかにみえました。他の4人のことはわかりません。が、少なくとも河辺にとってはそうでした。

元刑事で今はデリヘルの運転手をしている河辺のもとに、かつての親友・佐登志が死んだと連絡が入る。知らせてきたのは佐登志の世話をしていたというチンピラの茂田。佐登志は暗号のような詩を遺しており、茂田はそれが金塊の隠し場所だという。

佐登志の遺体に他殺の痕跡を発見した河辺は暗号に挑むが、それは河辺と佐登志が高校生だった43年前の、故郷での未解決事件に関係するものだった - 。

長野を舞台に、昭和、平成、令和に跨る壮大かつ骨太な大河ミステリーだ。ふたつの殺人事件の意外な真相はもちろん、そこに至るまでの展開も実にスリリングで、600ページの長さを一気読みさせられた。

中でも特筆すべきは、登場人物と時代をシンクロさせるという手法だ。無邪気な仲良しグループだった当時の仲間は皆、事件に人生を捻じ曲げられ、今は幸せとはいえない状況にある。どこで間違えたのか、どこかでやり直すことはできなかったのか。その描写が、無邪気に上昇を信じていた昭和から失われた30年と呼ばれる平成を経た現代の社会に重なる。彼らの挫折は社会の挫折なのだ。(後略/大矢博子 「好書好日」 より)

※この小説の執筆に関し、著者が大いに影響を受けた作品、それと常々意識している作品はこれですという動画を見つけました。何とはなしに、わかる気がします。以下に、紹介しておきます。

藤原伊織 『テロリストのパラソル
横山秀夫 『64 ロクヨン
佐々木譲 『警官の血
大沢在昌 『新宿鮫

さらに加えて、『64 ロクヨン』 と 『新宿鮫』 については、本作中に “それとわかる“ 描写があります、と。ぜひ、読んで見つけてください。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆呉 勝浩

1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「ロスト」「蜃気楼の犬」「道徳の時間」「ライオン・ブルー」ほか

関連記事

『イノセント・デイズ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『イノセント・デイズ』早見 和真 新潮文庫 2017年3月1日発行 田中幸乃、30歳。元恋人の家に

記事を読む

『119 (イチイチキュウ)』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『119 (イチイチキュウ)』長岡 弘樹 文春文庫 2022年3月10日第1刷 ベ

記事を読む

『愛のようだ』(長嶋有)_そうだ! それが愛なんだ。

『愛のようだ』長嶋 有 中公文庫 2020年3月25日初版 40歳にして免許を取得

記事を読む

『はぶらし』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『はぶらし』近藤 史恵 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 脚本家として順調に生活する鈴音(3

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 8月16日、月曜日。朝の品川駅

記事を読む

『後悔病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『後悔病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2017年4月11日初版 33歳の医師・早坂ルミ子は末期のがん

記事を読む

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』李 龍徳 河出書房 2022年3月20日初版 日

記事を読む

『ウィメンズマラソン』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ウィメンズマラソン』坂井 希久子 ハルキ文庫 2016年2月18日第一刷 岸峰子、30歳。シ

記事を読む

『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)_書評という名の読書感想文

『阿蘭陀西鶴』朝井 まかて 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 江戸時代を代表する作家・井原

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 大阪でニューハーフ店 「さく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑