『希望が死んだ夜に』(天祢涼)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『希望が死んだ夜に』(天祢涼), 作家別(あ行), 天祢涼, 書評(か行)

『希望が死んだ夜に』天祢 涼 文春文庫 2023年9月1日第7刷

あの子の殺人計画と読むと、一層切ない。社会派ミステリー・仲田蛍シリーズ クラスの人気者だった彼女は、なぜ殺されたのか。子どもの貧困をテーマにした衝撃作

神奈川県川崎市で、14歳の女子中学生・冬野ネガが、同級生の春日井のぞみを殺害した容疑で逮捕された。少女は犯行を認めたが、その動機は一切語らない。何故、のぞみは殺されたのか? 二人の刑事が捜査を開始すると、意外な事実が浮かび上がって - 。現代社会が抱える闇を描いた、社会派青春ミステリー。解説・細谷正充 (文春文庫)

幼い頃 「家が貧乏だった」 惨めさは、そうではなかった人たちに、おそらくわからないだろうと思います。日々の暮らしにあって、蔑まれているであろう屈辱を、未来が見えない絶望を、そうではなかったあなたに、わかるはずがありません。その頃ネガは14歳。自分の不幸にさえ、半ば無自覚でいます。

神奈川県警刑事部捜査一課の真壁巧は、川崎市で起きた少年犯罪を担当することになった。川崎市立登戸中学二年三組の冬野ネガが、クラスメイトの春日井のぞみを殺し、自殺に見せかけようとしていたところを警官に発見され、逮捕されたのだ。

取り調べでのぞみを殺したことを認めたネガだが、詳しい事情や動機を話そうとはしない。いわゆる “半落ち“ である。有能だが評判のよくない多摩署の生活安全課少年係の仲田蛍と組まされた真壁。出世欲の強い彼は、上司の顔色を窺いながら、真実を追うことになる。

という刑事コンビの調査が描かれる一方で、ネガ視点の物語が展開する。虐待やDVを受けたためにパニック障害を抱える母親と暮らすネガ。貧困家庭の生活にモヤモヤしたものを抱えながら、なんとか生きていた。

幼馴染で同級生の長谷部友輔は、ネガのことを気にかけているが、彼の母親の翼が貧困問題を扱う人気フリーライターになってから、距離を置いている。同じクラスにお嬢様のような春日井のぞみがいるが、別世界の住人だと思っている。

しかしあることが切っかけになり、ネガはのぞみと親しくなった。その先に、どのような悲劇があるかを、知らないままに - 。(解説より)

冬野ネガ以外にも、この物語には “貧困“ に絡む人物が複数人登場します。例えば、「母親がフリーライターとして成功したことで、貧困家庭から抜け出せた長谷部友輔。ネガが凛子姉ちゃんと慕っていた青谷凛子の姿。やはり貧しい家庭で育ち、努力によって神奈川県警の捜査一課の刑事にまでなった真壁巧。」 (同解説) など。

彼ら一人一人の事情を考えるとき、“貧困“ のもたらす残酷さ、その傷痕の果てしなさを、改めて思い知ることになります。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆天祢 涼
1978年生まれ。

作品 「キョウカンカク」「葬式組曲」「父の葬式」「境内ではお静かに」シリーズ「謎解き広報課」「彼女が花を咲かすとき」他

関連記事

『ママがやった』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ママがやった』井上 荒野 文春文庫 2019年1月10日第一刷 「まさか本当

記事を読む

『文身』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『文身』岩井 圭也 祥伝社文庫 2023年3月20日初版第1刷発行 この小説に書か

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 内縁関係を貫いた曾祖母、族のヘッドの子

記事を読む

『颶風の王』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『颶風の王』河﨑 秋子 角川文庫 2024年1月25日 8刷発行 新・直木賞作家の話題作 三

記事を読む

『星に願いを、そして手を。』(青羽悠)_書評という名の読書感想文

『星に願いを、そして手を。』青羽 悠 集英社文庫 2019年2月25日第一刷 大人

記事を読む

『金賢姫全告白 いま、女として』(金賢姫)_書評という名の読書感想文

『金賢姫全告白 いま、女として』金 賢姫 文芸春秋 1991年10月1日第一刷 この本を読んで、

記事を読む

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 奥田英朗の新刊 『罪の轍』

記事を読む

『マッチング』(内田英治)_書評という名の読書感想文

『マッチング』内田 英治 角川ホラー文庫 2024年2月20日 3版発行 2024年2月23

記事を読む

『相棒に気をつけろ』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『相棒に気をつけろ』逢坂 剛 集英社文庫 2015年9月25日第一刷 世間師【せけんし】- 世

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 平和な地を求め旅に出たアマガエルのソ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑