『きみは誤解している』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『きみは誤解している』佐藤 正午 小学館文庫 2012年3月11日初版


きみは誤解している (小学館文庫)

出会いと別れ、切ない人生に輝く一瞬と普遍的な人間心理を、競輪場を舞台に透明感あふれる文章で綴った珠玉の作品集。(小学館文庫)

競輪場を舞台に綴られた切ない6つの物語

きみは誤解している -「ねえ聞いてるの? 自分のことを僕って呼ぶ人間がギャンブラーになんかなれるわけないって、あたしは言ったのよ」 彼女はたしなめるように彼に言う。彼は彼女の婚約者で、唯一の趣味が競輪。死期が近づく父親の当たり車券を元手に、これを最後にと、彼は大きな勝負に挑もうとする。

遠くへ - 信用組合に勤める女が、別府の競輪場でギャンブルの真髄を見い出した話。
この退屈な人生 - 十三年間、競輪で儲けた金で独りぼっちで暮らす男の話。

女房はくれてやる - 夜明けのくしゃみと三万円分のはずれ車券のせいで、夫婦のあいだに波風が立ちはじめた鮨職人の言い分。
うんと言ってくれ - 賭けに負けたことがない女子高生の、競輪場でする淡い恋の話。

人間の屑 - 八年前のある出来事をきっかけに車券を買わなくなった男が、会社の金を持ち出したという兄を追い、佐世保競輪場へと向かう。

※「人間の屑」追記(解説より)
付けも付けたりというタイトルに怯む読者もあろう。ギャンブルに憑かれた男と、その男に魅了されてしまった女。その両者の間に居心地悪く身をおく主人公の男は、なすすべもないまま彼らのために右往左往させられる。(後略)

- この作品において、人間のクズとは誰が、誰に向かって言ったのか。何をしてそう言わしめたのか - 正しいことが実はそうではないような、そんな感じがしてきます。

賭け事なんかに興味はない、競輪のことなんて何も知らない、というあなた。どうか、それを理由に読まずにおかないでください。これは競輪についてを語った本ではありません。たまたま競輪ではありますが、ここには生きるがための普遍的な命題、人生の「ままならなさ」が語られています。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


きみは誤解している (小学館文庫)

◆佐藤 正午
1955年長崎県生まれ。
北海道大学文学部中退。

作品 「永遠の1/2」「Y」「リボルバー」「個人教授」「アンダーリポート/ブルー」「彼女について知ることのすべて」「身の上話」「鳩の撃退法」「月の満ち欠け」他多数

関連記事

『ラブレス』(桜木紫乃)_書評という名の感想文

『ラブレス』 桜木 紫乃  新潮文庫 2013年12月1日発行 @630  

記事を読む

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行 私の息子はサルだった (

記事を読む

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第1刷 合理的にあり得ない

記事を読む

『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その1)

『風の歌を聴け』(書評その1)村上 春樹 講談社 1979年7月25日第一刷 風の歌を聴け (講談

記事を読む

『黒冷水』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『黒冷水』羽田 圭介 河出文庫 2005年11月20日初版 黒冷水 (河出文庫) &nb

記事を読む

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷 僕のなかの

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 国道沿いのファミレ

記事を読む

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 煙霞 (文春文庫)  

記事を読む

『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷 木になった亜沙 誰か

記事を読む

『17歳のうた』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『17歳のうた』坂井 希久子 文春文庫 2019年5月10日第1刷 17歳のうた (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑