『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2019/04/30 『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清), 作家別(さ行), 書評(な行), 重松清

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日第1刷

ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)

この物語は、平成の半ば頃、とある冷凍食品会社で起きた内部告発事件をめぐる、ささやかなゲリラ戦の記憶である - 。

筆者はこの物語を事件の直後、2002年から翌年にかけて、いったん週刊誌連載で発表したものの、諸般の 「事情」 があって (小説と銘打ち、戦記というよりむしろ寓話に仕立てあげたつもりでも、やはり少なからぬ関係筋を刺激することになってしまったのだ)、単行本化は見送った。
しかし、平成が終わろうとする頃になって状況が大きく変わった。事件に深く関わり、有形無形さまざまな 「事情」 を押しつけて単行本化を拒んできた関係筋の中で、最も強硬な姿勢だった人物が亡くなったのである。
幸いにして御遺族や関係各位の御理解と御厚意を賜り (深謝したい)、ここに十数年越しの再びの御目見得が叶ったことになる。
文庫という、手軽で身軽な、まさしくゲリラにふさわしい一冊に収められた、二十一世紀が始まって間もない頃の物語を、平成最後の年に (そしてもちろん、それ以降も) 愉しんでいただければ、と願っている。(重松清/物語の “プロローグ” としてある文章)

タイトルとあわせ、ここだけ読むと重松清の小説ではないような、池井戸潤が書く組織の暗部を鋭く抉る企業小説のような。そんな感じがします。

飛べないはずのニワトリが “一度だけ飛べる” とは - 例えば、会社の言いなりになり粛々と仕事に励むサラリーマンが、ある日一大決心のもとに牙を剥き、多くの犠牲を覚悟の上で、それでも組織に蔓延る不正を糾さずにはいられない - 九回裏二死からの逆転満塁ホームランのような、そんなドラマが展開されるのではないかと。

それの半分は当たり、半分は外れています。

この物語の結末は、(池井戸潤の小説ほどには) 痛快でも、爽快でもありません。というか、たとえその戦いは劇的な展開で勝利を収めたとしても、翌日にはまた次の試合があるということです。相手を変え、場所を変え、戦いはまだまだ続きます。

働くとは、人生とは。 きっと、そういうことなんだと。

事を成した後、造反に関わった主たる4人の人物は、おしなべて更なる苦難を背負うことになります。

左遷部署 「イノベーション・ルーム」 に異動となった酒井裕介のもとに 「ニワトリは一度だけ飛べる」 という題名の謎のメールが届くようになる。送り主は酒井らを 『オズの魔法使い』 の登場人物になぞらえて、何かメッセージを伝えようとしているようなのだが・・・・・・・。働くとは、人生とは。名手が贈る、笑って泣ける長編小説。(朝日文庫)

この本を読んでみてください係数 80/100

ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)

◆重松 清
1963年岡山県津山市生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

作品「定年ゴジラ」「カカシの夏休み」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「ナイフ」「星のかけら」「また次の春へ」「ゼツメツ少年」他多数

関連記事

『夜葬』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『夜葬』最東 対地 角川ホラー文庫 2016年10月25日初版 夜葬 (角川ホラー文庫) あ

記事を読む

『星々たち』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『星々たち』桜木 紫乃 実業之日本社 2014年6月4日初版 星々たち  

記事を読む

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没 ポリコレ、ネット中傷、

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『二度のお別れ』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『二度のお別れ』黒川 博行 創元推理文庫 2003年9月26日初版 二度のお別れ (創元推理文

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

『NO LIFE KING ノーライフキング』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『NO LIFE KING ノーライフキング』いとう せいこう 新潮社 1988年8月10日発行

記事を読む

『寝ても覚めても』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『寝ても覚めても』柴崎 友香 河出文庫 2014年5月20日初版 寝ても覚めても (河出文庫)

記事を読む

『夏目家順路』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夏目家順路』朝倉 かすみ 文春文庫 2013年4月10日第一刷 夏目家順路  

記事を読む

『妻籠め』(佐藤洋二郎)_書評という名の読書感想文

『妻籠め』佐藤 洋二郎 小学館文庫 2018年10月10日初版 妻籠め (小学館文庫) 父を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑