『謎の毒親/相談小説』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『謎の毒親/相談小説』姫野 カオルコ 新潮文庫 2018年11月1日初版


謎の毒親 (新潮文庫)

命の危険はなかった。けれどいちばん恐ろしい場所は 〈我が家〉 でした - 。母の一周忌があった週末、光世は数十年ぶりに文容堂書店を訪れた。大学時代に通ったその書店には、当時と同じ店番の男性が。帰宅後、光世は店にいつも貼られていた 「城北新報」 宛に手紙を書く。幼い頃から繰り返された、両親の理解不能な罵倒、無視、接触について - 。親という難題を抱える全ての人へ贈る相談小説。(新潮文庫)

この小説のほとんどは、幼い頃に姫野カオルコが味わった “ほんとうの話” が書いてあります。殊更奇妙なことではありますが、(この人の本をよく読む私にはわかるのですが) 書いてあるのは嘘でも作り話でもありません。

何が因果でか、彼女には、確かにこんな父がおり、こんな母がいたのでした。

本書は、凄惨な虐待を受けた子供の話ではありません。過酷な環境を歯を食いしばって耐え、過酷な環境を自分に与えた敵と戦った話でもありません。『謎の毒親』 は、小さな町でのどかに育った子供の話です。

両親の言うことをよく聞き、経済的な苦労をとくにすることもなく、もっさり暮らしていました。ただ、この子供のお父さんには不可解 (ふしぎ) なところがありました。お母さんにも不可解なところがありました。

父と母、それぞれに不可解で、そのふしぎさも、父と母とでは質が違ったので、家では、謎の出来事がよくおこりました。

これらの出来事については、子供が大人になってからも長く放置されたままでしたが、「大人になってから」 というよりはもはや、中年期も終わろうとするころに、ふとしたきっかけで、数人に質問してみることになりました。そのため 「相談小説」 と名付けました。(P416/あとがきより)

その相談内容はといいますと、

1.名札貼り替え事件・・・・・・・小学2年生の和治光世は、何がために、誰がしたのかまるでわからない、ある “へんな” 出来事に頭を悩ませることになります。事実は終ぞ判明せず、後年、これが “相談” の発端となります。

2.恐怖の虫館
3.初めての一等賞
4.タクシーに乗って
5.オムニバス映画
6.素肌にそよぐ風
7.死人 (しびと) の臭い

光世からの質問事項は 「名札貼り替え事件」 を含め、以上の7件。2 ~7についてが、(光世からみた) 常軌を逸した父と母との暮らす様子と、(一人娘である) 彼女に向けての、これまた常軌を逸した言動の数々が語られています。

3人が暮らす家には、常時(ゴキブリやナメクジなどの) 無数の虫が溢れ、基本物は捨てられず山のように積み上げられて、それでなくても狭いのに、なお家中を狭くしています。不潔極まりない状況で、父と母は、何一つ問題がないかのように暮らしています。

一等賞をとっても褒められず、逆にどんなのろまな連中と一緒になって走ったのかと馬鹿にされ、冷たく笑われてしまいます。一円も持たない小学生がどうしてタクシーなどに乗ることができるのか? それでも両親は乗ったと言い、光世は何も言い返せません。

何か他の言葉と勘違いされ、「オムニバス映画」 と言っただけで激怒されます。裾が綻んでいると言い、見ると、母は光世がはいたスカートの奥をしげしげと眺めています。寝ていると、母は何かを確かめるように、光世の乳房を揉むことがあります。わけもなく、父は光世の髪を “臭い” と言い、”しびとのような” 臭いがすると言います。

繰り返しになりますが、光世は何も虐待されたり蔑ろにされていたわけではありません。家を出ると決め、実際にそうしたのには相応の工夫と苦労があったにせよ、結果として思い通りになり、彼女はある地方の街で一人暮らしを始めることに成功します。

その後試験を受け直し、東京の大学へ進学するも、両親はそれを咎めたりはしません。やるべき親の務めはきちんと果たし、それゆえ、光世は父と母とを心から憎むことができません。しかし、たしかに相容れないものが、依然としてそこにはあるのでした。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


謎の毒親 (新潮文庫)

◆姫野 カオルコ
1958年滋賀県甲賀市生まれ。
青山学院大学文学部日本文学科卒業。

作品 「受難」「整形美女」「ツ、イ、ラ、ク」「ひと呼んでミツコ」「昭和の犬」「純喫茶」「部長と池袋」「彼女は頭が悪いから」他多数

関連記事

『マチネの終わりに』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『マチネの終わりに』平野 啓一郎 朝日新聞出版 2016年4月15日第一刷 マチネの終わりに

記事を読む

『不思議の国の男子』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『不思議の国の男子』羽田 圭介 河出文庫 2011年4月20日初版 不思議の国の男子 (河出文

記事を読む

『猫鳴り』沼田まほかる_書評という名の読書感想文

『猫鳴り』 沼田 まほかる 双葉文庫 2010年9月19日第一刷 猫鳴り (双葉文庫)

記事を読む

『ブラックライダー』(東山彰良)_書評という名の読書感想文_その1

『ブラックライダー』(その1)東山 彰良 新潮文庫 2015年11月1日発行 ブラックライダー

記事を読む

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 走ル (河出文庫)  

記事を読む

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行 :続々重版 『監殺』

記事を読む

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 夏をなくした少年たち

記事を読む

『ナイフ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ナイフ』重松 清 新潮社 1997年11月20日発行 ナイフ (新潮文庫)  

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

『緑の我が家』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『緑の我が家』小野 不由美 角川文庫 2022年10月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑