『白砂』(鏑木蓮)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 『白砂』(鏑木蓮), 作家別(か行), 書評(は行), 鏑木蓮

『白砂』鏑木 蓮 双葉文庫 2013年6月16日第一刷


白砂 (双葉文庫)

苦労して働きながら予備校に通う、二十歳の高村小夜が自宅アパートで殺害された。中年男性の目撃情報と大金が入金されていることから、援助交際との関わりが捜査線上に浮かぶ。「こんなにつましい暮らしぶりで真面目な彼女がなぜ? 」違和感を抱いた下谷署の刑事・目黒一馬は別の角度から捜査を開始する。小夜の両親はすでに亡く、なぜか祖母は頑なに遺骨を受け取らない。鍵は小夜の故郷にあると見た目黒の執念が、運命に翻弄された女たちの人生を浮き彫りにしていく。最後にたどり着いた、死の裏にある驚愕の真実とは。切なさあふれるミステリー。(双葉文庫)

何だかですねえ、思いのほか評価が低いのです。内容もさることながら、一番の理由は、帯の文章にあるらしい。

あまりに哀しく、美しいラストに 涙腺崩壊!! 切なすぎる結末が心震わす傑作長編ミステリー

とあるのですが、これがいかにも「盛り過ぎ」で、ラストは違うし泣けもしませんよ、というのです。

・・・・まあ、(気持ちは)わからぬではありません。しかしです。冷静になって、よくよく考えてみてください。(あなたが)これまで読んだ数多ある小説で、「泣ける」と言われて、実際に泣いた本がどれほどあるのでしょう。

たとえこの『白砂』(はくしゃ)という小説が、帯文ほどには泣けないものであったとしても、それはそれで仕方ないのだと思います。「帯」はもっとも身近な手引きとしては有効ですが、だからといって信用し過ぎてはいけません。

「帯」は宣伝以外の何ものでもないのです。端から「煽り文句」と分かった上で、「何割引き」かで読む必要があります。買ったあとに文句に言っても、それはあなたの責任というものです。よく確かめもせず買った(あなたの)せいなのです。

文庫の最後のページを見ると、2013年6月16日に第1刷が発行され、昨年(2015年)の7月には第15刷が発行されています。文庫化なって2年のうちにこれだけ版を重ねているのが、何より読まれている証拠だと思うのですが、それにしては評判がイマイチなのはどういった訳なのか。これが私にはよく分からないのです。

確かに陳腐に思えるところがあるにはあります。吉崎昇(小夜の母親・小百合が愛した唯一人の男性)の戒名が、いくら星座が好きだからといって「冬星昇空居士」(とうせいしょうくうこじ)はないだろうと。

事件を追う刑事・目黒一馬とその部下である山名勘一とのやり取り、あるいは一馬と娘・アコとの会話などは、もう少し何とかならないものかと思わなくもありません。ボケとツッコミに微妙なズレがあったり、娘に対する一馬の親バカぶりが果てしなく紋切型であったりします。

何より彼らの名前がよくない。一馬は46歳のベテラン刑事で、勘一は駆け出しのペイペイなのですが、普通付けるなら逆じゃないかと思えるほど不釣合に感じます。一人娘のアコは、愛称と思いきや「愛子」と書いて「あこ」なのです。「あいこ」でいいではないですか。

というような不満があるにはありますが、(その辺りは適当に流しつつ)核心部分に集中して読むと、これがなかなかに読み応えのある話に変化します。

高村小夜という二十歳の、どこまでも倹しい女性の哀れ。亡くなった彼女の母親・小百合が抱えた悲劇的な運命。吉崎昇に救われた彼の妻・好恵が決して明かそうとはしない過去の秘密、等々・・・・。

他にも、小夜が殺害された東京とははるか遠くの、京都・南丹市にある小夜と小百合の故郷・美山に残る道理のきかない常識や閉塞感など、読むべき部分は多々あるように思います。何より、私は一気に読んだのですから。涙こそ流しはしなかったものの、十分に面白く、小夜の哀れに少しは胸を痛めたりもしたのですから。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


白砂 (双葉文庫)

 

◆鏑木 蓮
1961年京都市生まれ。
佛教大学文学部国文科卒業。

作品 「東京ダモイ」「屈折光」「時限」「思い出探偵」「真友」「エンドロール」他多数

関連記事

『僕はロボットごしの君に恋をする』(山田悠介)_幾つであろうと仕方ない。切ないものは切ない。

『僕はロボットごしの君に恋をする』山田 悠介 河出文庫 2020年4月30日初版 僕はロボッ

記事を読む

『ぴんぞろ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『ぴんぞろ』戌井 昭人 講談社文庫 2017年2月15日初版 ぴんぞろ (講談社文庫)

記事を読む

『水声』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『水声』川上 弘美 文春文庫 2017年7月10日第一刷 水声 (文春文庫) 1996年、わ

記事を読む

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 ざらざら (新潮文庫) &nb

記事を読む

『すみなれたからだで』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『すみなれたからだで』窪 美澄 河出文庫 2020年7月20日初版 すみなれたからだで (河

記事を読む

『空中庭園』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『空中庭園』角田 光代 文春文庫 2005年7月10日第一刷 空中庭園 (文春文庫) &

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『平凡』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『平凡』角田 光代 新潮文庫 2019年8月1日発行 平凡 (新潮文庫) 妻に離婚を切

記事を読む

『勁草』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『勁草』黒川 博行 徳間書店 2015年6月30日初版 勁草 (文芸書)  

記事を読む

『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷 キッドナッパーズ (文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『地獄への近道』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『地獄への近道』逢坂 剛 集英社文庫 2021年5月25日第1刷

『ブルーもしくはブルー』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『ブルーもしくはブルー』山本 文緒 角川文庫 2021年5月25日改

『天国までの百マイル 新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『天国までの百マイル 新装版』浅田 次郎 朝日文庫 2021年4月3

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也)_書評という名の読書感想文

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』木藤 亜也 幻冬舎

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑