『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷

メガネと放蕩娘 (文春文庫)

実家の書店に暮らしつつ市役所勤めをするタカコ。突然、十年前に家出した妹ショーコが妊婦姿で帰ってきた。寂れた商店街に衝撃を受けたショーコはシングルマザーとしてここで働くと言い始める。破天荒だけど地元愛は強いショーコはタカコを巻き込み、いざ街おこし! アラサー姉妹の奮闘と成長を描く社会派エンタメ小説。(文春文庫)

最初に断っておきます。これは内容の善し悪しについての不満や批判といったものでは決してありません。言いたいのは、私がイメージする山内マリコのこれまでの小説とは違い “えらく前向きな話” である、ということです。

山内マリコは、何があってこんな!? 小説を書いたのか - その理由は巻末にある 「文庫版のためのあとがき」 に詳しく書いてあります。そうせずにはいられなかった、書かずに済ますわけにはいかない理由があったからです。

相変わらずの流れるような文章はとても読み易く、タカコと同じアラサー独身女性が読めば、共感するところがたくさんあるはずです。悲観的な話を悲観的にするのではなく、軽妙な笑いに変えて中にそっと本音をしのばせる。手慣れたものだと思います。

ただ、何と言いましょうか、ある意味話が上手く行き過ぎて、逆にしらけた気持ちになるのは、私だけのことなんでしょうか。

勿論、「寂れた商店街の活性化」 の話が悪いわけではありません。しかし、それはいつかどこかで聞いたような。貴女でなくても、別の誰かが書く話のような。そんな気がしてなりません。過去の作品に 「贖罪」 などする必要はないのだと思います。

私は、私が好きな 『ここは退屈迎えに来て』 『アズミ・ハルコは行方不明』 『選んだ孤独はよい孤独』 など、やっぱりそんな話が読みたかった。

この本を読んでみてください係数  80/100

メガネと放蕩娘 (文春文庫)

◆山内 マリコ
1980年富山県富山市生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「アズミ・ハルコは行方不明」「ここは退屈迎えに来て」「さみしくなったら名前を呼んで」「パリ行ったことないの」「かわいい結婚」他

関連記事

『みんな邪魔』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『みんな邪魔』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2011年12月10日初版 みんな邪魔 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『岸辺の旅』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『岸辺の旅』湯本 香樹実 文春文庫 2012年8月10日第一刷 岸辺の旅 (文春文庫)

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 村上春樹は、むず

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『かわいい結婚』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『かわいい結婚』山内 マリコ 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 かわいい結婚 (講談社文

記事を読む

『とかげ』(吉本ばなな)_書評という名の読書感想文

『とかげ』吉本 ばなな 新潮社 1993年4月20日発行 とかげ (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『学問』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『学問』山田 詠美 新潮文庫 2014年3月1日発行 学問 (新潮文庫)  

記事を読む

『魔女は甦る』(中山七里)_そして、誰も救われない。

『魔女は甦る』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年7月25日5版 魔女は甦る (幻冬舎文庫)

記事を読む

『モルヒネ』(安達千夏)_書評という名の読書感想文

『モルヒネ』安達 千夏 祥伝社文庫 2006年7月30日第一刷 モルヒネ (祥伝社文庫)

記事を読む

『半落ち』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『半落ち』横山 秀夫 講談社 2002年9月5日第一刷 半落ち (講談社文庫) &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑