『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版

雨の鎮魂歌 (中公文庫)

北の小さな田舎町。中学校の生徒会長・一村が遺体で見つかった。警察の捜査が難航する中、同級生の徹也は友人の古館の様子がおかしいことに気づく。やがて異常な事件が続発。徹也と仲間たちは隠された真実を探す。喪失と絶望、疑心と対立、目眩と希望 - 。激しい雨に襲われた十五歳の夏。少年少女はただ一度の季節を走り抜ける。(中公文庫)

失って初めて気づいた。
あいつが大切な友達だってことに。

作者が重視しているのは、事件を通して少年たちが何を得て、何を失ったのかという点である。つまり青春小説としての完成度なのだ。少年時代に体験する友情、恋、孤独、絶望などを丁寧に掬いあげ、読者が忘れている未知の世界と触れ合う恐怖、人間関係の重さ、繋がりあうことの困難さと喜びを、実に抒情豊かに謳いあげているのである。(中略)
これほど熱く激しく青春を謳いあげた作品はなかなかない。これほど語るべきものをもち、小説に対して溢れんばかりの情熱を抱いて出てきた作家もまた珍しいのではないか。(池上冬樹/本書解説より)

この作品は今から20年前 (2000年)に刊行された著者のデビュー作の文庫版です。初版が2018年10月25日。何と、18年ぶりに再び文庫として日の目を見たというわけです。著者にすれば最も思い入れの深い小説、特別な作品と言えます。(巻末にある 「謝辞」 を読むと、その思いの強さ、深さがよくわかります)

帯に “各氏大絶賛” として、重松清、松浦理英子、(さわや書店) 栗澤順一諸氏のコメントがあり、最後に 「青春ミステリーの傑作」 とあります。

ページ数にして514ページ。確かに 「力作」 ではあります。池上氏が言うように、「これほど熱く激しく青春を謳いあげた作品」 は 「なかなかに」 ありません。

ところがです。「熱く激しく謳いあげた」 わりには、それらが一向にこちらに伝わってきません。基本、面白くないのです。

熱量はわかります。但し、熱量だけでは何も伝わりません。主人公の心情の吐露の多さが邪魔をして、物語が一向に前へ進みません。なので、わくわくもどきどきもしません。させてもらえません。

最後は、飽きました。早く別の本を読もうと、すっ飛ばすように読みました。

※帯の立派さ、派手さに騙されてはいけません。「〇〇氏、大絶賛! 」 等には、特に気を付けましょう。

この本を読んでみてください係数 70/100

雨の鎮魂歌 (中公文庫)

◆沢村 鐵
1970年岩手県釜石市生まれ。

作品 2000年 『雨の鎮魂歌 (レクイエム)』 でテビュー。著書に 『警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結』 シリーズ、「クラン」 シリーズと、その番外編 『ゲームマスター国立署刑事課 晴山旭・悪夢の夏』他多数

関連記事

『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版 異類婚姻譚  

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 あちらにいる鬼

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『きみの友だち』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの友だち』重松 清 新潮文庫 2008年7月1日発行 きみの友だち (新潮文庫) わた

記事を読む

『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷 虹 (集英社文庫) 二十歳の女子大生

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 それを愛とは呼ばず

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 王とサーカス (創元推理文

記事を読む

『おめでとう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『おめでとう』川上 弘美 新潮文庫 2003年7月1日発行 おめでとう (新潮文庫)

記事を読む

『ニューカルマ』(新庄耕)_書評という名の読書感想文

『ニューカルマ』新庄 耕 集英社文庫 2019年1月25日第一刷 ニューカルマ (集英社文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑