『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版

悪の血 (祥伝社文庫)

和翔は十三歳の時に母親を捨てた。二十歳の今も家なんてない。ドラッグの売人として生きる和翔だったが、宝物がいた。悪友基生の妹の潮音だ。俺らとは別の生き方をさせる - 和翔と基生はシャブを売り、潮音を名門女子大に行かせることができた。ところが入学の直後、潮音は凶悪なインカレサークルの餌食となりレイプされる。和翔と基生は、首謀者への復讐を決意するが。(祥伝社文庫)

悪の血は、草凪優が文庫書き下ろし形式で綴った、昏い情念の物語だ。
主人公の佐藤和翔は、二十歳になったばかりのチンピラだ。仕事はシャブの密売だが、末端で人に使われているような身分では、たいした収入があるわけでもない。そんな和翔にも生きがいというべきことがある。たった一人の親友である辻坂基生の妹、潮音に幸せになってもらうことだ。だから基生と協力して資金を捻出し、私立の女子大に入学させた。受験を突破できるよう、塾の費用まで出したのである。シャブを売って稼いだ、綺麗とはいえない金だが。

その潮音の誕生日の夜に事件が起きた。お祝いをするために基生と二人で待っていた五反田のカラオケボックスに、潮音は遅れてやってきた。着衣や髪が乱れ、顔を晴らした無惨な姿で。二人の前で、彼女は悲鳴をあげて暴れはじめる。

サークルの新歓コンパに参加した女子学生を、上級生が複数で輪姦する。
偏差値の高さを誇る大学でそうした事件が起き、各種メディアで騒がれたことをご記憶の方も多いだろう。潮音の身にも、そんな許しがたいことが起きたのだという。
(以下略/解説より)

実は - 正直に言いますと、この本は読もうと思って買った本ではありません。(恥ずかしくて理由は言えませんが) 別の人の本と勘違いして買ったものです。ですから - (解説にある) 以下の文章を読むまでは、どんな作家の、どんな作品なのか、何も知りませんでした。

- 本書で初めて草凪優作品を読む人がいるかもしれない。簡単に作歴を紹介しておこう。草凪は1967年生まれであり、日本大学芸術学部を中退後、2004年に官能小説 『ふしだら天使』 (双葉文庫) で作家デビューを果たしている。そこに至るまでにさまざまな職を経ており、映画監督を目指していた時期もあるという。草凪の小説を読んでいると、妙に懐かしさを覚えることがある。おそらくはかつてのATGや日活系の青春路線作品を観たときの記憶を、こちらが重ねてしまっているのだろう。たとえば東陽一監督 『サード』 のような。初めにも書いたが、草凪作品を読むと悶々として寝つけないことがあった若き日を思い出す。『サード』 の中に、永島敏行演じる主人公が鑑別所で自慰に耽る有名な場面があるが、あのあたりに表現者・草凪優の源流はあるのではないかと思う。(P263.264)

帯文にある細かい文字を改めて見ると、
官能の四冠王が放つ、渾身の犯罪小説!
★「この文庫がすごい! 2005年版」 官能文庫大賞
★2010年 「この官能文庫がすごい! 」 大賞
★21世紀最強の官能小説大賞
★第1回 「裏」 八重洲本大賞

- とあります。おいおい、これはもしやエロさ全開、全編濡れ場の、昔読んだ某週刊誌の連載のような、後ろめたさに人に隠れて読むような代物かと思いきや、ページを捲ると、まるで違う話だというのがわかります。

この本を読んでみてください係数 80/100

悪の血 (祥伝社文庫)

◆草凪 優
1967年東京生まれ。
日本大学芸術学部中退。

作品 「ふしだら天使」「どうしようもない恋の唄」「不倫サレ妻慰めて」「ルーズソックスの憂鬱」等

関連記事

『イノセント・デイズ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『イノセント・デイズ』早見 和真 新潮文庫 2017年3月1日発行 イノセント・デイズ (新潮

記事を読む

『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子 講談社文庫 2014年10月15日第一刷 すべて真夜中

記事を読む

『海の見える理髪店』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海の見える理髪店』荻原 浩 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 海の見える理髪店 (集

記事を読む

『ニシノユキヒコの恋と冒険』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ニシノユキヒコの恋と冒険』川上 弘美 新潮文庫 2006年8月1日発行 ニシノユキヒコの恋と

記事を読む

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 アカガミ (河出文庫) 渋谷で出

記事を読む

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1刷 四月になれば彼女は

記事を読む

『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版 青くて痛くて脆い 『君の膵

記事を読む

『あのひとは蜘蛛を潰せない』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬 まる 新潮文庫 2015年9月1日発行 あのひとは蜘蛛を潰せ

記事を読む

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 ざらざら (新潮文庫) &nb

記事を読む

『夜の谷を行く』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜の谷を行く』桐野 夏生 文芸春秋 2017年3月30日第一刷 夜の谷を行く 39年前、西

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑