『愛されなくても別に』(武田綾乃)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『愛されなくても別に』(武田綾乃), 作家別(た行), 書評(あ行), 武田綾乃

『愛されなくても別に』武田 綾乃 講談社文庫 2023年7月14日第1刷発行

幸せ じゃなくたって、私たちは生きていく。愛情は、すべてを帳消しにできる魔法じゃない。家族、友人、お金、愛 - 本当に必要なものを問う、シスターフッドの傑作。

大学の学費と毎月家に入れる八万円を稼ぐため、日夜バイトに明け暮れる宮田陽彩。唯一の家族である母は浪費家で、友達もおらず、遊ぶ時間もない。そんな宮田の空虚な日常は、父親が殺人犯だと噂される同級生・江永雅と出会ったことで一変する! 心ふるわすシスターフッドの傑作。吉川英治文学新人賞受賞作。(講談社文庫)

※シスターフッド:姉妹愛を意味する英語。女性同士の連帯と訳されることもある。(Wikipedia)

武田綾乃の

宮田と江永のほかにもう一人、木村もまた同様に、華やぐべきはずの学生時代にあって、およそ真逆のような日々を送っています。というか、三人は三様に、並の大学生にはあるまじき事情を抱えています。皆が孤独で、その元凶は親にありました。できるなら、親を捨てたいと考えています。

孤独を関係性のなかでほどいていく営み。それが作家・武田綾乃の主題であることを、本書はまざまざと見せつける。

本作の主人公・宮田は、コンビニのバイトで月二十万ほどを稼ぐ女子大生である。彼女は、バイト先の同僚から 「大学生なのになぜそんなにバイトに精を出しているのか」 と訝しがられている。しかし彼女にはバイトに精を出さざるを得ない事情があった。自分で学費を払い、家にもお金を入れているからだ。彼女の母親は、娘に生活を依存していた。

バイトに忙しい宮田は、大学の授業も休んでしまう時があり、友達や恋人をつくったり、サークル活動をしたりする余裕がない。しかし、とあるきっかけから、同じ大学に通うバイト先の同僚・江永と関わることになる。江永もまた、家庭環境にかなり問題を抱えた女子大生だったのである。

大学生の貧困問題をはじめとして、毒親、性風俗、宗教にハマる少女など、現代の若者を取り巻く社会問題を煮詰めたような物語ではある。しかしただの貧困ルポルタージュに終始しているわけではない。武田綾乃は、彼女たちの、孤独に焦点を当てる。(解説より)

※陽彩の母は、別れた夫から入るはずだった養育費の代わりに毎月8万円、当の陽彩に家に入れろと言ったのでした。加えて自分の学費は自分で払い、おまけに家事のすべてを押し付けたのでした。

雅の父は、過去に人を殺したことがあると噂されています。生きるため、母から身売りを強要され、そのうち雅はそれが “癖” になります。

木村水宝石の家は資産家でした。母は毎月一度九州からやってきて、あれやこれやと娘の世話を焼きます。その度が過ぎても、水宝石はどうすることもできません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆武田 綾乃
1992年京都府宇治市生まれ。
同志社大学文学部卒業。

作品 第8回日本ラブストーリー大賞最終候補作に選ばれた 『今日、きみと息をする。』 が2013年に出版されデビュー。『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏学部へようこそ』 がテレビアニメ化され話題に。他に 「君と漕ぐ」 シリーズ、石黒くんに春は来ない」「青い春を数えて」など

関連記事

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 抱かれたい。触られたい。早くあなたに私を満たし

記事を読む

『綺譚集』(津原泰水)_読むと、嫌でも忘れられなくなります。

『綺譚集』津原 泰水 創元推理文庫 2019年12月13日 4版 散策の途上で出合

記事を読む

『噂の女』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『噂の女』奥田 英朗 新潮文庫 2015年6月1日発行 糸井美幸は、噂の女 - 彼女は手練手

記事を読む

『いけない』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『いけない』道尾 秀介 文春文庫 2022年8月10日第1刷 ★ラスト1ページです

記事を読む

『我らが少女A』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『我らが少女A』高村 薫 毎日新聞出版 2019年7月30日発行 一人の少女がいた

記事を読む

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月15日初刷 こ

記事を読む

『ワーカーズ・ダイジェスト』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ワーカーズ・ダイジェスト』津村 記久子 集英社 2011年3月30日第一刷 2011年 第

記事を読む

『相棒に気をつけろ』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『相棒に気をつけろ』逢坂 剛 集英社文庫 2015年9月25日第一刷 世間師【せけんし】- 世

記事を読む

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版 雨が降る帰り道、後輩の女の子と

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 この世の終わりなら ふたりの全てが許され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑