『真夜中のメンター/死を忘れるなかれ』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『真夜中のメンター/死を忘れるなかれ』北川 恵海 実業之日本社文庫 2021年10月15日初版第1刷発行

真夜中のメンター 死を忘れるなかれ (実業之日本社文庫)

すべての悩める人に送る、人生応援ストーリー! 勇気がわく! 元気が出る!!

彼の肩書はメンター」 その仕事は、話を聞くこと
昔、音楽喫茶だった場所に、アダムソンの事務所兼自宅がある。彼はカウンセラーでも精神科医でもなくメンター。話を聞き、受け止め、時にアドバイスをする。自殺志願少年、足を引っ張りたい女、闇を抱えた刃物男など個性的な客の相談に、助手のワタソンとともに解決に乗り出すが・・・・・・・。ベストセラー 『ちょっと今から仕事やめてくる』 著者の感動作! (実業之日本社文庫)

目次
File1 自殺志願少年
File2 足を引っ張りたい女
File3 ワタソン、風をひく
File4 刃物男
File5 完璧な自殺
File6 はじめまして、メンターです

この物語の主たる登場人物の一人であるアダムソンは、メンターとして 「話を聞くこと」 を仕事にしています。※メンターは 「助言者」 や 「相談者」 を意味します。

廃墟のような雑居ビルの二階の、前は音楽喫茶だった場所を改造し、この物語のもう一人の主たる登場人物であるワタソン (言い間違えそうですが 「ワトソン」 ではありません) を助手に、日々やって来る相談者に対し、二人して最大級の誠意をもって対処しています。

音楽喫茶のときと同じに、今も事務所は “メメントモリ” (死を忘れるなかれ) と名付けられています。

さて、今回の相談者はといいますと、

まず最初。一人目は、自殺志願の少年です。高校生である少年はアダムソンに対し、「なぜ、自殺してはいけないのか」 と訊ねます。

何としても死にたいという少年に、アダムソンは 「面倒くさいことをやめてみれば、案外生きることは面倒くさくなくなるかもしれません」 とアドバイスします。「私は、そうやって惰性で生きています」 と。

二人目が、なりたい顔ランキング上位常連の人気俳優に似た職場の同僚 (もちろん女性) に激しく嫉妬する女性です。

仕事は飄々とこなし、さほど頑張っているようには見えないのに、常に成績はトップクラス。美人故、男性社員からのサポートも手厚く、「一人だけずるいよね」 ってみんな言ってましたと。悔しくて、羨ましくて、何としても足を引っ張らずにはいられません。

そして最後の三人目。切りつければ相手は痛みを覚え、目には見えない血を流し、人を殺めることさえできる 「言葉」 という立派なナイフを持ちながら、それに気付きもせずに、結果、妻から三下り半を突きつけられた憐れな男の話を、どうか聞いてやってください。

コロナ禍、彼の人生は転げるように落下していきます。

※事務所には素晴らしい音響設備があり、決まってベートーヴェンのピアノソナタ第八番 「悲愴」 第二楽章が流れています。この曲が流れる時、アダムソンは 「メンター」 となります。

アダムソン、ワタソンというのは、共に本名ではありません。二人は男性で、歴とした日本人です。アダムソンの本名はわかりません。ワタソンは、本名を 「渡邊ソナタ」 といいます。

この本を読んでみてください係数 80/100

真夜中のメンター 死を忘れるなかれ (実業之日本社文庫)

◆北川 恵海
1981年大阪府吹田市生まれ。

作品「ちょっと今から仕事やめてくる」「ヒーローズ(株)!!! 」「続・ヒーローズ(株)!!! 」「星の降る家のローレン」「ちょっと今から人生かえてくる」など

関連記事

『マチネの終わりに』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『マチネの終わりに』平野 啓一郎 朝日新聞出版 2016年4月15日第一刷 マチネの終わりに

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 夜また夜の深い夜

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 夫の墓には入りません

記事を読む

『ニシノユキヒコの恋と冒険』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ニシノユキヒコの恋と冒険』川上 弘美 新潮文庫 2006年8月1日発行 ニシノユキヒコの恋と

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫) ここではないどこかへ

記事を読む

『鯨の岬』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『鯨の岬』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年6月25日第1刷 札幌の主婦奈津子は、

記事を読む

『アイ・アム まきもと』(黒野伸一 著 倉本裕 脚本)_書評という名の読書感想文

『アイ・アム まきもと』黒野伸一 著 倉本裕 脚本 徳間文庫 2022年9月15日初刷

記事を読む

『木曜日の子ども』(重松清)_書評という名の読書感想文

『木曜日の子ども』重松 清 角川文庫 2022年1月25日初版 木曜日の子ども (角川文庫)

記事を読む

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月1日発行 ウィステリアと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『プリズム』(貫井徳郎)_書評という名の読書感想文

『プリズム』貫井 徳郎 実業之日本社文庫 2022年8月9日初版第2

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑