『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田 圭介 講談社文庫 2018年11月15日第一刷

※コンテクストとは、文章などの前後の関係。文脈。事件や出来事にかかわる事情や背後関係のことをいいます。

編集者須賀は作家と渋谷で打ち合わせ中、スクランブル交差点で女の子を襲うゾンビを目撃する。各地で変質暴動者=ゾンビの出現が相次ぐ中、火葬されたはずの文豪たちまで甦り始め・・・・・・・。
デビュー10周年の極貧作家K、久しぶりに小説を発表した美人作家の桃咲カヲル、家族で北へ逃げる小説家志望の南雲晶、区の福祉事務所でゾンビ対策に追われるケースワーカーの新垣、ゾンビに噛まれてしまった女子高生の青崎希。 この世界で生き残れるのは誰なのか? (講談社BOOK倶楽部より)

羽田圭介の芥川賞受賞第一作 『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』 を読みました。この小説のテーマは、ずばり - あなたは まだ生きていますか? - ということです。

ただ漫然とではなく思う通りに、あなたは、あなたらしく生きていますか? - と問いかけられています。自分のする発言や行動、そのおおもととなる主義や主張の大方は、いつかどこかで見たり聞いたりしたことの受け売りではないのですか、と訊かれています。

多くの人は、今、自分はどの位置なんだろう、と不安に思いながら生きている。あの人にはかなわないけれど、正直、この人には負けていないだろうと値踏みしている。代わりがいない唯一無二の自分になりたいけれど、「私は私だから」 みたいな言い分を恥ずかしがらずに言える人が、陰で笑われているのを知っている。

だから、ああはなりたくない。人はそうやって差異を怖がるし、怖がりながらも差異を探す。どちらかだけにはできない。自分に有利な差異があればそのままにし、不利な差異を見なかったことにしたり、懸命に消そうとしたりする。

そうやって都合の良い作業ばかりを繰り返していると、やがて自分の歪みに気づかなくなる。目の前に現れるものを捌く能力だけが高まっていく。自分が消費されるのを恐れるあまりに、人のせいにするのが巧みになってくる。(武田砂鉄/解説より)

なるほどその通りだろうと。(氏の言う通り) 人は人を値踏みばかりしています。他人(ひと)は他人、自分は自分と - 心では思いつつ改めてその自分を眺めると、一々他人を意識し、自分と他人とを絶えず比較している 「自分」 に気付きます。さして変わりはないくせに、「自分は違う」 と躍起になって・・・・・・・

閑話休題。

ある時期集中してこの人の小説を読んでいたので言えるのですが、受賞作の 『スクラップ・アンド・ビルド』 よりもむしろこちらの方が 「羽田圭介が書いた小説」 らしい感じがします。

帯に 「衝撃の芥川賞受賞後第1作」 とありますが、実は、この小説は羽田圭介が 『スクラップ・アンド・ビルド』 で芥川賞を受賞する以前にほぼ完成していたものです。

とすると、作中に登場する極貧作家・Kというのは、その頃 (芥川賞受賞以前) の羽田本人がモデルであるに違いありません。

その頃彼は相当に 「屈折」 していたのだと思います。もとよりゾンビ映画が大好きで、映画に出てくるゾンビのありようと、書いても書いても売れない作家の自分のありようが、ある時ふとリンクしたのだそうです。ゾンビが書きたかったわけではありません。その頃の彼の心の荒廃や、作家を生業とすることへの忸怩たる思いが、これでもかというほどに詰め込まれています。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆羽田 圭介
1985年東京都生まれ。
明治大学商学部卒業。

作品 「黒冷水」「盗まれた顔」「ミート・ザ・ビート」「御不浄バトル」「不思議の国の男子」「走ル」「スクラップ・アンド・ビルド」「メタモルフォシス」他

関連記事

『KAMINARI』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『KAMINARI』最東 対地 光文社文庫 2020年8月20日初版 どうして追い

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 (帯に) 芥川賞作家の謎めくデビュー作、

記事を読む

『颶風の王』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『颶風の王』河﨑 秋子 角川文庫 2024年1月25日 8刷発行 新・直木賞作家の話題作 三

記事を読む

『流』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『流』東山 彰良 講談社 2015年5月12日第一刷 第153回直木賞受賞作品です。小説は、

記事を読む

『パトロネ』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『パトロネ』藤野 可織 集英社文庫 2013年10月25日第一刷 同じ大学に入学した妹と同居す

記事を読む

『君は永遠にそいつらより若い』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『君は永遠にそいつらより若い』津村 記久子 筑摩書房 2005年11月10日初版 この小説は、津

記事を読む

『完璧な病室』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『完璧な病室』小川 洋子 中公文庫 2023年2月25日改版発行 こうして小川洋子

記事を読む

『ハレルヤ』(保坂和志)_書評という名の読書感想文

『ハレルヤ』保坂 和志 新潮文庫 2022年5月1日発行 この猫は神さまが連れてき

記事を読む

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行 気づけば、涙。TVドラマ

記事を読む

『マチネの終わりに』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『マチネの終わりに』平野 啓一郎 朝日新聞出版 2016年4月15日第一刷 物語は、中年にさしか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑