『私は存在が空気』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『私は存在が空気』中田 永一 祥伝社文庫 2018年12月20日初版

私は存在が空気 (祥伝社文庫)

ある理由から存在感を消せるようになった高校生、鈴木伊織。彼女を認識できるのは、友人の春日部さやかだけ。けれど、さやかと話すうちに、伊織はバスケ部で人気の上条先輩のことが気になりだした。ついにはその “体質” を活かし、彼の後をつけ始め・・・・・・・(表題作) 普通じゃない超能力者たちの恋。それは切なくて、おかしくて、温かい。名手が紡ぐ、優しさ溢れる六つの恋物語。(祥伝社文庫)

[収録作品]
1.少年ジャンパー
2.私は存在が空気
3.恋する交差点
4.スモール・ライト・アドベンチャー
5.ファイアスターター湯川さん
6.サイキック人生

どこかの誰かが 「メディアワークス文庫から出ている、ラノベと一般文芸の中間的な作品のよう」 だと。”ラノベ” を読んだことがない私は、それが正しいかどうかはわかりません。

“ライトで後味がいい” というのはわかるのですが、やや柔らかすぎて歯応えがなく物足りないような - そんな感じがします。

何となく話のパターンがわかるのもいけません。まとめて読んでも、せいぜい二つか三つというところ。後は蛇足みたいにならないかが心配です。

だからというわけではないのですが、「少年ジャンパー」 はよかった。特に主人公の高校生・カケルと、彼が想いを寄せる上級生・瀬名先輩とが話す九州弁がリアルで、それだけでも楽しく読めました。飾らず、地を行く “青春” の王道のような作品です。

表題作 「私は存在が空気」 という作品は、ちょっと考えさせられました。読み手如何によっては、これはかなり辛い、辛すぎる話だともいえます。

高校生の伊織は、ある事情がもとで、自分の存在を限りなく “ないもの” にすることが可能になります。しようと思えば、完全に自分を消してしまうことさえできるようになります。

その 、そもそもの設定が辛すぎるのではないかと思うのです。

自分の存在を全て抹消し、余計な干渉を誰からも受けずにいたい。あらゆる感情を留め置いて、空気のような存在でありたいと願う心情が、わからぬわけではありません。思春期真っ只中の多くの少年少女らは、一度や二度は、きっとそんな思いを抱くはずです。

それは私にも、とてもよくわかります。但し、物語に登場する伊織のように、上手くいくとは限りません。大抵は、心の闇はそんなことでは拭えないのではないかと。それくらい彼女が抱える心の闇は深いものだと思うからです。

この本を読んでみてください係数 80/100

私は存在が空気 (祥伝社文庫)

◆中田 永一
1978年福岡県生まれ。本名は安達寛高。
豊橋技術科学大学工学部卒業。別名義で乙一としても執筆している。

作品 「百瀬、こっちを向いて。」「吉祥寺の朝日奈くん」「くちびるに歌を」「ダンデライオン」他

関連記事

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 枯れ蔵 (新潮ミステリー倶楽部)

記事を読む

『私のことならほっといて』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『私のことならほっといて』田中 兆子 新潮社 2019年6月20日発行 私のことならほっとい

記事を読む

『問いのない答え』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『問いのない答え』長嶋 有 文春文庫 2016年7月10日第一刷 問いのない答え (文春文庫)

記事を読む

『私の頭が正常であったなら』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『私の頭が正常であったなら』山白 朝子 角川文庫 2021年1月25日初版 私の頭が正常であ

記事を読む

『地下の鳩』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『地下の鳩』西 加奈子 文春文庫 2014年6月10日第一刷 地下の鳩 (文春文庫) &

記事を読む

『逃亡者』(中村文則)_山峰健次という男。その存在の意味

『逃亡者』中村 文則 幻冬舎 2020年4月15日第1刷 逃亡者 「一週間後、君が生き

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷 逃亡刑事 単独で麻薬

記事を読む

『 i (アイ)』(西加奈子)_西加奈子の新たなる代表作

『 i (アイ)』西 加奈子 ポプラ文庫 2019年11月5日第1刷 (2-1)i (ポプラ

記事を読む

『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷 妻が椎茸だったころ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『姑の遺品整理は、迷惑です』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『姑の遺品整理は、迷惑です』垣谷 美雨 双葉文庫 2022年4月17

『夕映え天使』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『夕映え天使』浅田 次郎 新潮文庫 2021年12月25日20刷

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59

『ミシンと金魚』(永井みみ)_書評という名の読書感想文

『ミシンと金魚』永井 みみ 集英社 2022年4月6日第4刷発行

『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑