『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

先生が選ぶ最泣の一冊 100%涙腺崩壊! 重松清小説史上最高の先生が登場! カッコウの卵 は、涙枯れますよ!

村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家族を知らずに育った生徒 - 後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添い、本当にたいせつなことは何かを教えてくれる物語。(新潮文庫)

クラスのいじめを苦にして、自殺しようとした野口 - 幸い自殺は未遂に終わったものの、父親は地元での商売をやめ、家族揃って違う土地へと引っ越して行きました。村内先生が(かつて野口がいたクラスの) 臨時の担任になったのは、そのあとのことでした。

カンベンしてくださいよお、と言っていたのだ。シャレにならないっすよ、ヤバいっすよマジ、と笑っていたのだ。
でも - 泣いていたのだ。苦しくて、叫んでいたのだ。あいつは、ぼくたちに見えない涙を流しつづけ、ぼくたちに聞こえない声で泣き叫んでいたのだ、ずっと。
やっといま、気づいた。カンベンしてくださいよお、とおどける野口の声が、笑い声ではなく、泣き声になって聞こえた。

戸口にひとの気配がした。ゆっくりと教室に入ってくる足音も聞こえた。教壇の真ん中、教卓の前で、足音は止まる。
ぼくは制服の袖で目元をぬぐって、教壇を振り向いた。

「・・・・・・・先生」
声がうわずって震えたけど、かまわず、つづけた。
「なんで、野口の席、つくったんですか? 」
村内先生は微笑みを浮かべて、「忘れるのは、ずっ、ずるいだろ? 」 と言った。

耳がツンとする。鼻の奥と目の奥のつながったところが痺れたように熱くなって、たくさんつっかえていたはずの先生の言葉は、そこから先は嘘のようになめらかに耳に流れ込んだ。

一生忘れられないようなことをしたんだ、みんなは。じゃあ、みんながそれを忘れるのって、ひきょうだろう? 不公平だろう? 野口くんのことを忘れちゃだめだ、野口くんにしたことを忘れちゃだめなんだ、一生。それが責任なんだ。罰があってもなくても、罪になってもならなくても、自分のしたことには責任を取らなくちゃだめなんだよ・・・・・・・。(「青い鳥」 より)

かつて不良だった青年は機械油まみれになりながら、今は真面目に工場で働いています。住んでいるのは築三十年に近い古いアパートで、夫婦二人で暮らしています。それまで青年はいつもひとりぽっちで、妻もまたそうでした。結婚したのは、彼がいた施設の後輩の、智恵子という名の女性でした。

ある日、青年は思いもしなかった再会を果たします。彼が恩師と仰ぐ、村内先生でした。会うと、先生は手のひらを軽くぶつけて、青年に向かい、「いい手になったな」 と言ったのでした。

おまえの。手のひらは、もう。嫌いななにかを握り。つぶす。ためのものじゃないんだ。たいせつななにかをしっかりと。つかんで、それから。たいせつななにかを優しく。包んでやる。ための。手のひらなんだよ。

おとなになったんだ、と先生は言った。おまえは、もう、おとなだ、と言ってくれた。(「カッコウの卵」 より)

吃音まじりに、実際は何度も何度もつっかえながら先生は、そう言ってくれたのでした。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆重松 清
1963年岡山県津山市生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

作品「定年ゴジラ」「カカシの夏休み」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「ナイフ」「星のかけら」「また次の春へ」他多数

関連記事

『木曜日の子ども』(重松清)_書評という名の読書感想文

『木曜日の子ども』重松 清 角川文庫 2022年1月25日初版 木曜日の子ども (角川文庫)

記事を読む

『光まで5分』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『光まで5分』桜木 紫乃 光文社文庫 2021年12月20日初版1刷 光まで5分 (光文社文

記事を読む

『老老戦記』(清水義範)_書評という名の読書感想文

『老老戦記』清水 義範 新潮文庫 2017年9月1日発行 老老戦記 (新潮文庫) グループホ

記事を読む

『 A 』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『 A 』中村 文則 河出文庫 2017年5月20日初版 A (河出文庫) 「一度の過ちもせ

記事を読む

『エイジ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『エイジ』重松 清 新潮文庫 2004年7月1日発行 エイジ (新潮文庫)   重松清の小説が嫌いだ

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 哀原 (1977年) 原っぱ

記事を読む

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』(澤村御影)_書評という名の読書感想文

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』澤村 御影 角川文庫 2017年4月25日初版 憧れの

記事を読む

『いのちの姿/完全版』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『いのちの姿/完全版』宮本 輝 集英社文庫 2017年10月25日第一刷 いのちの姿 完全版

記事を読む

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行 親友同士が引き裂か

記事を読む

『青空と逃げる』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『青空と逃げる』辻村 深月 中公文庫 2021年7月25日初版 青空と逃げる (中公文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑