『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎), 伊坂幸太郎, 作家別(あ行), 書評(か行)

『逆ソクラテス』伊坂 幸太郎 集英社文庫 2023年6月25日第1刷

僕たちは、逆転する。伊坂幸太郎史上、最高の読後感!

僕はそうは思わない - 逆ソクラテス
いじめられっ子だったとしたら、何か変わるか? スロウではない
親だって人間だ - 非オプティマス
それはギャンブルじゃなくて、チャレンジだ - アンスポーツマンライク
最終的には真面目で約束を守る人間が勝つんだよ - 逆ワシントン

「敵は、先入観だよ」 学力も運動もそこそこの小学6年生の僕は、転校生の安斎から、突然ある作戦を持ちかけられる。カンニングから始まったその計画は、クラスメイトや担任の先生を巻き込んで、予想外の結末を迎える。はたして逆転劇なるか!? 表題作ほか、「スロウではない」 「非オプティマス」 など、世界をひっくり返す無上の全5編を収録。最高の読後感を約束する、第33回柴田錬三郎賞受賞作。(集英社文庫)

驚きました。まさかこんな - 極めて真っ当で、かつ感動的な - 内容の本だとは思いもしませんでした。特に私は 「スロウではない」 が強く印象に残りました。この先きっと忘れないと思います。

※『逆ソクラテス』 文庫化記念インタビューより

- (「逆ソクラテス」 の) 次に書かれたのは、「スロウではない」 ですか。
伊坂 (割愛)

- 「スロウではない」 はどこから作ったんですか。
伊坂 担当編集者と二人で、自分たちの子供の話や、それに関係する学校での話をしている中で、運動会の話になったんですよね。子供のころって、足の速さで一目置かれたりしますし、遅いとつらかったりするじゃないですか。大人になったらあんまり、足の速さは関係ないのにな、といろいろ思っている中で、お話しができあがったような。

- 「ゴッドファーザー」 ごっこをする二人が印象的ですね (笑)。
伊坂 あんな感じで、いろんなことが解決するんだったら世話ないな、と思いますし、笑えるじゃないですか。「ゴッドファーザーごっこをする子供」 の場面は昔から、アイディアとして持っていて、たとえば、『ガソリン生活』 の時にも、その場面を書いてみたんですよね。ただ、うまくいかなくて削除して。その後も、別の短編とかに入れ込もうとしては断念したんです。なので、やっと入れられた! という感じで。

- 磯憲と呼ばれる先生が出てきますよね。あとがきによると、小学校の担任の先生がモデルなんですか?
伊坂 (割愛)

「僕はそうは思わない」、「ゴッドファーザー」 ごっこをする二人、そして磯憲先生。この三つは覚えておいてください。必ずや、あなたの記憶に留まり続けることでしょう。中でも私が一番好きなのは、「ゴッドファーザー」 ごっこをする二人の少年。その間合いのよさといったらありません。本人たちは案外真面目で、真面目だからこそ笑えてきます。そして、そんな会話を、あの頃きっと私もしていたんだろうと。

[参考]
第33回柴田錬三郎賞受賞作
本書は、2020年4月、集英社より刊行されました。

初出
逆ソクラテス 『あの日、君と Boys 』 収録 2012年、集英社文庫
スロウではない 「オール讀物」 2015年8月号
非オプティマス  単行本書き下ろし
アンスポーツマンライク  単行本書き下ろし
逆ワシントン 単行本書き下ろし

この本を読んでみてください係数 85/100

◆伊坂 幸太郎
1971年千葉県生まれ。
東北大学法学部卒業。

作品 「オーデュポンの祈り」「アヒルと鴨のコインロッカー」「死神の精度」「ゴールデンスランバー」「グラスホッパー」「重力ピエロ」「AX」他多数

関連記事

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 大阪でニューハーフ店 「さく

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 3月23日、僕は高

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 8月16日、月曜日。朝の品川駅

記事を読む

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 奥田英朗の新刊 『罪の轍』

記事を読む

『近畿地方のある場所について』 (背筋)_書評という名の読書感想文

『近畿地方のある場所について』 背筋 KADOKAWA 2023年8月30日 初版発行

記事を読む

『君は永遠にそいつらより若い』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『君は永遠にそいつらより若い』津村 記久子 筑摩書房 2005年11月10日初版 この小説は、津

記事を読む

『口笛の上手な白雪姫』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『口笛の上手な白雪姫』小川 洋子 幻冬舎文庫 2020年8月10日初版 「大事にし

記事を読む

『眠れない夜は体を脱いで』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『眠れない夜は体を脱いで』彩瀬 まる 中公文庫 2020年10月25日初版 自分の

記事を読む

『東京零年』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『東京零年』赤川 次郎 集英社文庫 2018年10月25日第一刷 殺されたはずの男が生きていた -

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 "女" になるあなたが許せない。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑