『やさしい猫』(中島京子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2023/07/23 『やさしい猫』(中島京子), 中島京子, 作家別(な行), 書評(や行)

『やさしい猫』中島 京子 中央公論新社 2023年5月30日8版発行

吉川英治文学賞 貧困ジャーナリズム特別賞 受賞作品

当たり前の幸せが突然奪われたのは、彼がスリランカ出身の外国人だったから。日本のを描く家族小説

シングルマザーの保育士ミユキさんが心ひかれたのは、八歳年下の自動車整備士クマさん。出会って、好きになって、この人とずっと一緒にいたいと願う。当たり前の幸せが奪われたのは、彼がスリランカ出身の外国人だったから。大きな事件に見舞われた小さな家族を暖かく見守るように描く長編小説。(中央公論新社)

強く、優しい物語。普通に暮らす多くの日本人には縁遠く、生涯関わりがないであろうことが綴られています。それは保育士として働くシングルマザーのミユキさんからしても同様で、出会った当初、まさかスリランカからやってきた男性を、これほどまでに好きになるとは思いもしないことでした。

出会ったのは、ミユキさんが震災ボランティアで東北を訪れたときでした。そこで彼女はスリランカ人のクマさんと出会い、何事もなく終わるのですが、その一年後、二人は東京で運命的な再会を果たします。その再会が、二人のその後の人生を決定づけることになります。

互いに心惹かれた二人は次第に次第に距離を縮め、クマさんはミユキさんの小学生の娘・マヤちゃんとも打ち解け、やがて三人は一緒に暮らすようになります。そしてマヤちゃんが中学生になり、ようやくクマさんはミユキさんに対し、正式なプロポーズをしたのでした。

問題は (=物語の核心は)、ここからです。日本で暮らす日本人のミユキさんと、志しあってはるか遠くの国からやって来て、好きな人と巡り合い、家族としてこの先ずっと日本で暮らしたいと願うスリランカ出身のクマさんの結婚は、二人が思ったほどには簡単ではありません。というか、予想もしない障害の連続で、著しく困難を極めます。

ミユキさんと入籍し、「永住審査」 を受ければそれですべてが解決すると考えたクマさん。ところが、その時点ですでにクマさんは 「オーバーステイ」 しており、永住どころか 「入管に収容され」、すぐにも 「母国へ帰れ」 と命じられてしまいます。偽造結婚を疑われ、収容は思いのほか長期にわたります。

【こちらもどうぞ】 NHK土曜ドラマやさしい猫全五話 2023年6月24日(土) スタート 現在放送中 毎週土曜よる10時~10時49分 出演 優香 伊藤蒼 オミラ・ジャクティ 滝藤賢一 吉岡秀隆

この本を読んでみてください係数 85/100

◆中島 京子
1964年東京都生まれ。
東京女子大学文理学部史学科卒業。

作品 「FUTON」「イトウの恋」「均ちゃんの失踪」「冠・婚・葬・祭」「小さいおうち」「眺望絶佳」「樽とタタン」「妻が椎茸だったころ」「長いお別れ」「夢見る帝国図書館」他多数

関連記事

『ヤイトスエッド』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ヤイトスエッド』吉村 萬壱 徳間文庫 2018年5月15日初刷 ヤイトスエッド (徳間文庫)

記事を読む

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫) 中村文

記事を読む

『私は存在が空気』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『私は存在が空気』中田 永一 祥伝社文庫 2018年12月20日初版 私は存在が空気 (祥伝

記事を読む

『炎上する君』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『炎上する君』西 加奈子 角川文庫 2012年11月25日初版 炎上する君 (角川文庫) 「君は戦

記事を読む

『惑いの森』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『惑いの森』中村 文則 文春文庫 2018年1月10日第一刷 惑いの森 (文春文庫) 毎夜、

記事を読む

『夜よ鼠たちのために』(連城三紀彦)_書評という名の読書感想文

『夜よ鼠たちのために』(復刻名作1位)連城 三紀彦 宝島社 2014年9月18日第一刷 夜よ鼠

記事を読む

『土の中の子供』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『土の中の子供』 中村 文則 新潮社 2005年7月30日発行 土の中の子供 (新潮文庫)

記事を読む

『流浪の月』(凪良ゆう)_デジタルタトゥーという消えない烙印

『流浪の月』凪良 ゆう 東京創元社 2020年4月3日6版 【2020年本屋大賞 大賞受賞作

記事を読む

『夢魔去りぬ』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『夢魔去りぬ』西村 賢太 講談社文庫 2018年1月16日第一刷 夢魔去りぬ (講談社文庫)

記事を読む

『村田エフェンディ滞土録』(梨木香歩)_書評という名の読書感想文

『村田エフェンディ滞土録』梨木 香歩 新潮文庫 2023年2月1日発行 留学生・村

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『沙林 偽りの王国 (上下) 』 (帚木蓬生)_書評という名の読書感想文

『沙林 偽りの王国 (上下) 』 帚木 蓬生 新潮文庫 2023年9

『雨の中の涙のように』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『雨の中の涙のように』遠田 潤子 光文社文庫 2023年8月20日初

『世界でいちばん透きとおった物語』(杉井光)_書評という名の読書感想文

『世界でいちばん透きとおった物語』杉井 光 新潮文庫 2023年7月

『ラスプーチンの庭/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ラスプーチンの庭/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2023年8

『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑