『もっと悪い妻』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『もっと悪い妻』(桐野夏生), 作家別(か行), 書評(ま行), 桐野夏生

『もっと悪い妻』桐野 夏生 文藝春秋 2023年6月30日第1刷発行

悪い妻とは何ですか? 妻の貌を、男たちは知らない

男たちの身勝手さを、一行で打ち砕く桐野文学の極北!

夫公認のもと、元恋人と自由な時間を過ごす妻を描いた表題作 「もっと悪い妻」 など、計六作の短編を収録。

ネット上で 〈悪妻〉 と批判されることに悩むバンドのヴォーカルの妻を描いた 「悪い妻」。
妻と離婚した後、若い女性にしつこく迫る壮年の男性の哀歌を伝える 「武蔵野線」 など、男と女のカタチを切り取った現代の 「悪妻論」。

西加奈子さん (作家) 推薦
不幸な 「悪い妻」 は許されるが、
満たされた 「もっと悪い妻」 は断罪される。
「妻」 という呪いと、
「妻」 を理想化する社会へのしたたかなカウンター。(文藝春秋BOOKSより)

[目次]
悪い妻
武蔵野線
みなしご
残念
オールドボーイズ
もっと悪い妻

・何より強烈なのは、表紙のインパクト! (今年買った本の中では一番かもしれません)
・中味に関して言えば、十人十通りの意見があることでしょう。いわく、
・短くて物足りなく、拍子抜けしてしまった。 であるとか、
・もっと毒気のある長い話が読みたかった。 とか。

・やや表紙負けしている観が否めません。たしかに、
・六つの作品は連作で、最後にあっと驚くオチがあるとか、もっともっとエッジが効いているとかの、
・桐野夏生の読者としては、常に、他では味わうことができない種類の “刺激” が欲しいわけです。できることならしばらくの間、その余韻に浸っていたい、と願うのですが、今回は・・・・・・・

・読み出すと、あっという間に終わります。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆桐野 夏生
1951年石川県金沢市生まれ。
成蹊大学法学部卒業。

作品 「OUT」「グロテスク」「錆びる心」「夜また夜の深い夜」「奴隷小説」「バラカ」「猿の見る夢」「夜の谷を行く」「路上のX」「デンジャラス」「日没」「砂に埋もれる犬」他多数

関連記事

『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子 講談社文庫 2014年10月15日第一刷 わたしは三束

記事を読む

『間宵の母』(歌野晶午)_書評という名の読書感想文

『間宵の母』歌野 晶午 双葉文庫 2022年9月11日第1刷発行 恐怖のあまり笑い

記事を読む

『億男』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『億男』川村 元気 文春文庫 2018年3月10日第一刷 宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。

記事を読む

『カナリアは眠れない』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『カナリアは眠れない』近藤 史恵 祥伝社文庫 1999年7月20日初版 変わり者の整体師合田力は

記事を読む

『また、桜の国で』(須賀しのぶ)_これが現役高校生が選んだ直木賞だ!

『また、桜の国で』須賀 しのぶ 祥伝社文庫 2019年12月20日初版 1938年

記事を読む

『夜の公園』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『夜の公園』川上 弘美 中公文庫 2017年4月30日再版発行 「申し分のない」

記事を読む

『キッドナップ・ツアー』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『キッドナップ・ツアー』角田 光代 新潮文庫 2003年7月1日発行 五年生の夏休みの第一日目、私

記事を読む

『リアルワールド』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『リアルワールド』桐野 夏生 集英社文庫 2006年2月25日第一刷 高校三年の夏休み、隣家の少年

記事を読む

『図書室』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『図書室』岸 政彦 新潮社 2019年6月25日発行 あの冬の日、大阪・淀川の岸辺で

記事を読む

『麦本三歩の好きなもの 第一集』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『麦本三歩の好きなもの 第一集』住野 よる 幻冬舎文庫 2021年1月15日初版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑