『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷

藻屑蟹 (徳間文庫)

一号機が爆発した。原発事故の模様をテレビで見ていた木島雄介は、これから何かが変わると確信する。だが待っていたのは何も変わらない毎日と、除染作業員、原発避難民たちが街に住み始めたことによる苛立ちだった。六年後、雄介は友人の誘いで除染作業員となることを決心。しかしそこで動く大金を目にし、いつしか雄介は・・・・・・・。満場一致にて受賞に至った第一回大藪春彦新人賞受賞作。(徳間文庫)

『鯖』 を読み、次に 『らんちう』 を読みました。見つけた、と思いました。赤松利市が初めて書いた小説を、どうしても読みたいと思うようになりました。

まさか、震災の話だとは思いませんでした。それより何より、赤松利市が元除染作業員だったとは思いもしませんでした。原発作業員ではありません。除染作業員だったからこそ、この話を書いたのだろうと。

物語の主人公・木島雄介は、テレビで流れる震災の映像に、じんわりと気持ちが温かくなるような、そんな感じがしたといいます。「何かが変わる。変わらざるを得ない。」 と感じる傍らで、「ザマアミロ」 と呟いたのでした。

一号機が爆発した。セシウムを大量に含んだ白煙が、巨象に似た塊になって、ゆっくりと地を這った。翌々日、三号機が爆発した。閃光が奔り、空高く、キノコ雲を思わせる黒煙が舞い上がった。

無音の映像を繰り返し流すテレビを、俺は、現場から50キロと離れていない、C市の、一人暮らしを始めたばかりのアパートで見ていた。前の月に店長に昇格した飲み屋街のパチンコ店は、地震と津波で臨時休業だった。大変なことが起こっているという感覚はあったが、焦るとか暗い気持ちになるとか、そんなネガティブな感情は湧き上がらなかった。

むしろ愉快な気持ちにさえなっていた。愉快といっても、笑いがこみ上げるとかではなく、じんわりと気持ちが温かくなるような、そんな感じだった。

それは、沿岸部を襲った津波の映像を繰り返し見せられて芽生えた感情だった。その感情が、原発の爆発で、決定的になった。日本が滅びるとネットで煽る奴がいた。外国人の帰国ラッシュを伝えるニュースもあった。アメリカ軍でさえ、トモダチ作戦を放り出して、三陸沖80キロ圏外に避難した。垂れ流しとも思える映像を見ながら、俺は思った。

何かが変わる。変わらざるを得ない。眠る前の布団の中で ザマアミロと、意味もなく呟いてみたりした。(物語の冒頭/ P3 ~ 4)

※東日本大震災に関わる小説を、これまでに5冊か6冊は読みました。それぞれに印象深くはありますが、最もストレートにダメージを受けたのがこの本です。

どう思うかは、あなたの勝手です。どう思おうと、私は、これこそが現実なんだろうと。そんな気持ちになりました。

この本を読んでみてください係数 85/100

藻屑蟹 (徳間文庫)

◆赤松 利市
1956年香川県生まれ。

作品 「鯖」「らんちう」

関連記事

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 不愉快な本の続編 &n

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

『噂』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『噂』荻原 浩 新潮文庫 2018年7月10日31刷 噂 (新潮文庫) 「レインマンが出没し

記事を読む

『午後二時の証言者たち』(天野節子)_書評という名の読書感想文

『午後二時の証言者たち』天野 節子 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 午後二時の証言者た

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『幸せになる百通りの方法』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『幸せになる百通りの方法』荻原 浩 文春文庫 2014年8月10日第一刷 幸せになる百通りの方

記事を読む

『沈黙の町で』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『沈黙の町で』奥田 英朗 朝日新聞出版 2013年2月28日第一刷 沈黙の町で &nbs

記事を読む

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 骨を彩る (幻冬舎文庫) 十年

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 星の子 林ちひろは中学3年生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日

『人間失格』(太宰治)_書評という名の読書感想文

『人間失格』太宰 治 新潮文庫 2019年4月25日202刷

『潤一』(井上荒野)_書評という名の読書感想文 

『潤一』井上 荒野 新潮文庫 2019年6月10日3刷 潤一

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 検

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑