『滅茶苦茶』(染井為人)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『滅茶苦茶』(染井為人), 作家別(さ行), 書評(ま行), 染井為人

『滅茶苦茶』染井 為人 講談社 2023年5月8日第1刷発行

こんな目にはあいたくない、小説以外では・・・・・・・ 最悪だ、もう逃げ場がない。

仕事はそこそこ順調、東京でシングルライフを謳歌する三十代女性が始めた不穏な恋愛。下校中、不良に堕ちた級友に再会した、とある北関東の高校生。老朽化したラブホテルを継ぐが経営不振に陥った静岡県在住の中年男。
刹那な現代をサバイブしながら孤独を胸底に抱える者たちの欲望に駆られた出会いは、彼らをまっさかさまに谷底に突き落とす。(講談社)

三人は三人が共に普通の人で、各々事情があるにはありますが、それが目立って特別なわけではありません。そんな彼らが、ふとしたきっかけで、思いもしない厄災に見舞われることになります。最悪なのは、立ち直ろうと足掻けば足掻くほどに深間に嵌まり、追い詰められて逃げ場がなくなってしまうことです。踏んだり蹴ったりの末、果たして彼らはどんな結末を迎えるのでしょう。(以下は本文より抜粋しています)

2020年7月21日 今井美世子

大学時代の女友達たちはみな、お堅い企業に就職しており、聞く限り仕事内容も地味なものだった。彼女らは会するたびにつまらない と一様に愚痴をこぼしていた。そんなとき美世子は少しだけ優越感を味わうことが出来た。
勝ち組とはいわないまでも、少なくとも自分は刺激的で華のある仕事をさせてもらえている。なにより、友人たちの会社とちがい、美世子の会社には男女平等な社風があった。男の中に混じっても浮くことなく、すべては能力と結果で評価をされる。裏を返せば女だからという理由だけで優遇されることもなく、過酷な仕事を割り振られることもあったが、美世子は持ち前の明るさと根性で乗り越えてきた。おかげで現在はメディア・コンテンツ事業部のチーフディレクターの肩書を与えてもらっていた。
そう、仕事は順調だった。自分の胸にはキャリアウーマンのバッジがあると美世子は自負していた。

2020年5月21日 二宮礼央

小、中学校時代、学業において礼央にライバルはいなかった。周りから天才だ秀才だと言われていたし、礼央もまんざらではなかった。猿でも解けるような易しい問題に悩む同級生たちを見て理解に苦しんだし、憐れむような気持ちさえ抱いた。
ゆえに県内で一番の進学校に進むのは既定路線だった。だが入学してみてわかったのは自分が井の中の蛙だったという残酷な現実だった。


これでも一年生の一年間は必死で勉強し、周りに食らいついていた。だが、二年生に進級し、張り詰めていた糸が切れてしまった。途端に意欲を失ってしまった。
なぜ突然そうなってしまったのか、その理由は自分でもよくわからない。その時期に身の回りで特筆すべき何かがあったわけではないのだ。しいていえばコロナが蔓延した結果、高校の授業がリモートになったことくらいだろうか。これはこれで大きな環境の変化ともいえるが、コロナは自分だけに限った話ではないのでなんともいえない。
ただ一つ、自宅学習になって礼央は気づいたことがある。それは、自分はこれまでこんなにも息苦しい思いをしていたんだということ。明日も明後日も家にいられると思うと安心出来るし、安眠出来る。

2020年6月11日 戸村茂一

激しく左右に振れるワイパーがしきりに雨水を弾き飛ばしている。
関東は本日が梅雨入りで、ここ静岡県沼津市も夜明け前から降り出した雨が引きも切らず街を濡らしていた。フロントガラスから見渡せる空はグレー一色で、それは市民の心模様を転写させたかのようだ。
先の信号が赤に変わり、戸村茂一は
ああ、ちくしょう と嘆いてハンドルを叩いた。
本当に腐れ畜生だ。何が美しい国ニッポンだ。この国は人にあらずだ。
信号が青に変わると同時に茂一はアクセルを強く踏み込んだ。五年落ちのホンダ・ヴェゼルがウオンと低く吠える。

ガソリンくらいタダにしやがれ
再び、独り言を吐いた。
ここ最近、茂一は常に独りでしゃべっていた。いつだって誰かに訴えていた。助けてくれ、と。

そんな、美世子がマッチングアプリに手を出したのは、礼央が不良になった幼なじみの仲間になったのは、茂一が持続化給付金の不正受給に手を染めたのは - 、

ふとした思いつき、ほんの偶然、ささやかなる “意趣返し” のつもりではあったのですが、三人は三様に、その後、それはそれはひどい目に遭うことになります。すべてはコロナのせい・・・・・・・かどうかはわかりません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆染井 為人
1983年千葉県生まれ。

作品 「悪い夏」「正体」「正義の申し子」「震える天秤」「海神」「鎮魂」等

関連記事

『第8監房/Cell 8』(柴田 錬三郎/日下三蔵編)_書評という名の読書感想文

『第8監房/Cell 8』柴田 錬三郎/日下三蔵編 ちくま文庫 2022年1月10日第1刷

記事を読む

『ただいまが、聞きたくて』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ただいまが、聞きたくて』坂井 希久子 角川文庫 2017年3月25日発行 埼玉県大宮の一軒家に暮

記事を読む

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷 マコトとは、それき

記事を読む

『村田エフェンディ滞土録』(梨木香歩)_書評という名の読書感想文

『村田エフェンディ滞土録』梨木 香歩 新潮文庫 2023年2月1日発行 留学生・村

記事を読む

『村でいちばんの首吊りの木』(辻真先)_書評という名の読書感想文

『村でいちばんの首吊りの木』 辻 真先 実業之日本社文庫 2023年8月15日 初版第1刷発行

記事を読む

『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』 白石 一文 講談社 2009年1月26日第一刷 どちらかと

記事を読む

『翼』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『翼』白石 一文 鉄筆文庫 2014年7月31日初版 親友の恋人である、ほとんど初対面の男から結婚

記事を読む

『盤上に散る』(塩田武士)_書評という名の読書感想文 

『盤上に散る』塩田 武士 講談社文庫 2019年1月16日第一刷 唯一の家族だった

記事を読む

『よだかの片想い』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『よだかの片想い』島本 理生 集英社文庫 2021年12月28日第6刷 24歳、理

記事を読む

『幻の翼』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『幻の翼』逢坂 剛 集英社 1988年5月25日第一刷 『百舌の叫ぶ夜』に続くシリーズの第二話。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑