『モルヒネ』(安達千夏)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/07/04 『モルヒネ』(安達千夏), 作家別(あ行), 安達千夏, 書評(ま行)

『モルヒネ』安達 千夏 祥伝社文庫 2006年7月30日第一刷

モルヒネ (祥伝社文庫)

 

在宅医療の医師・藤原真紀の前に、元恋人の倉橋克秀が7年ぶりに現れた。ピアニストとして海外留学するため姿を消した彼がなぜ? 真紀には婚約者がいたが、かつて心の傷を唯ひとり共有できた克秀の出現に、心を惑わせる。やがて、克秀は余命3ヶ月の末期癌であることが発覚。悪化する病状に、真紀は彼の部屋を訪れた・・・・・・・。すばる文学賞作家が描く、感動の恋愛長編!  (祥伝社文庫)

何となくタイトルに惹かれて買ったのですが、この小説は40万部を超える大ベストセラーだと知って驚きました。あわてて確認すると、何と文庫は35刷。全然知らなかった・・・・・・・、小説も、安達千夏という作家も。

地元の山形で活動し、マスコミにはあまり登場しない人のようです。ネットでみても個人情報はさほど出てはいません。たまたま載っていたのは、黒いシャツに黒いレザーの上着の写真。眼光が鋭く美人ですが、ちょっと怖そうな人みたい。1965年生まれということは、今年でちょうど50歳。50歳にしては若く見えます。

おかしな言い方ですが、最近あまり出会うことがなかった小説を読んだような、そんな感じがします。昨今流行りの女性作家の文章とは明らかに違っています。

失礼ながら、読みやすい文章だとは言えません。例えば冒頭の部分。幼い頃に体験した忌まわしい記憶の記述から始まるのですが、同時に、その合間を縫うようにして現在の主人公の状況や心情が挟まれています。わかるのですが、読み手としてはちょっと落ち着きません。

一瞬迷子になったようで、うろうろしてしまいます。やや持って回ったような言い方もどうかと。悪くすると、物語に没頭したい読者の気持ちを削いでしまうことになりはしまいかと。憚りながらそんなことを感じます。

但し、既に多くの読者を獲得しているということは、そんな事とは別に、もっと大きな魅力があるということでしょう。

倉橋はもう本当に死の間際にいるのですが、それでも最後に真紀を抱きたいと言い、真紀はその願いに応えます。さらに、倉橋は留学時代に結婚した妻に会いたいと言い、アムステルダムまでの同伴を真紀に委ねるのですが、彼女はこれも承諾します。

それほどに真紀にとって倉橋の存在は大きなものでした。かつて幼い頃に経験した父親の暴力と、その結果もたらされた、姉・早紀の死。事件の遠因である、母親の自殺。それらを知っているのは倉橋だけで、真紀の婚約者である長瀬はその過去を知りません。

倉橋は、延命治療を一切拒否しています。いずれ近い将来終焉を迎える命に対し、延命する意味などないと考えています。自分の意思で死を選ぶ、そのために必要なモルヒネを手に入れようと真紀の前に姿を現した倉橋は、真紀が 〈死ぬための一番の近道〉 として医者になったことを知っていたのでした。

腫瘍による腕と手指の痺れによって、ピアノに懸ける倉橋の情熱は完全に失われてしまいます。倉橋の死を妨げるのはピアノ以外にありません。それを知っているからこそ、危険を承知で、真紀は海外への旅にも同意したのです。

アムステルダムには、倉橋の妻がいます。倉橋と妻が過ごした時間は、かつて真紀が倉橋と一緒にいた月日と同じ長さになります。最後に妻と会いたいと倉橋は願い、真紀は、その願いを叶えてやろうと考えます。

綿々と綴られる真紀の心情に、恋愛の渦中にいる女性は思わず泣いてしまうのでしょうか。幼少期につらく悲しい思いをした人は、彼女が巡り合う育ての親や隣人の深い愛情を知り、やはり少し涙ぐむのでしょうか・・・・・・・。

私はもう随分歳を取ってしまいました。若い頃の異性を想う切羽詰まった気持ちははるかに遠く、どこか他人事のようになってしまいました。ましてや女性である真紀の、胸に秘めた真実を推し測るすべなどとうの昔に失くしたのかも知れません。そんなことを、今さらに感じています。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


モルヒネ (祥伝社文庫)

◆安達 千夏
1965年山形県山形市生まれ。
大学卒業後、事務機器販売会社に勤めた後結婚。創作をはじめ、すばる文学賞を受賞して作家デビュー。

作品 「あなたがほしい」「おはなしの日」「かれん」「千のキス」「ちりかんすずらん」他

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_書評という名の読書感想文

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾形 真理子 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

『彼女は存在しない』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『彼女は存在しない』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2003年10月10日初版 彼女は存在しない (幻

記事を読む

『捨ててこそ空也』(梓澤要)_書評という名の読書感想文

『捨ててこそ空也』梓澤 要 新潮文庫 2017年12月1日発行 捨ててこそ 空也 (新潮文庫)

記事を読む

『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ようこそ、わが家へ』池井戸 潤 小学館文庫 2013年7月10日初版 ようこそ、わが家へ (

記事を読む

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 もう「はい」

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 豆の上で眠る (新潮文庫) 小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑