『ぼぎわんが、来る』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ぼぎわんが、来る』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年2月25日初版


ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

幸せな新婚生活をおくっていた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、今は亡き祖父が恐れていた “ぼぎわん” という化け物の仕業なのか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして”ぼぎわん” の魔の手から、逃れることはできるのか・・・・・・・。

最終選考委員のみならず、予備選考委員もふくむすべての選考員が賞賛した (第22回)日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作。(「BOOK」データベースより)

安土桃山時代、ヨーロッパから伝わったbogeyman(ブギーマン)という言葉が、江戸時代には「坊偽魔」や「撫偽女」などと字が宛てられ、訛り、祖父のいた頃には「ぼぎわん」と呼ばれるようになった。山に棲む妖怪はそれ以前にもいただろう。しかし、それがそう呼ばれるようになったのは、使節団の一派、欧州文化の伝播が理由らしい -

では、かつて江戸時代の人らは、その ぼうぎま とか ぶぎめ にどう対処したかといいますと、答えは簡単で、要は、名前を呼ばれても返事はするな - ということでした。

ところが、(いざ実際に現れたとなると) 事はそう容易くは収まりません。ぼぎわんらしき物体のそれは、繰り返し訪れては 「山へ行こう」 と言います。呪う相手を執拗に追いかけ、時に裏をかきます。知恵を付け、隙を狙って襲いかかろうとします。大きく口を開け、何本もの歯で肉を引きちぎろうとします。

第一章 「訪問者」 より

私は全てを理解した。
(中略)
本当はこういう目的だったのだ。私が歩きにくく走りにくくするためだったのだ。喫茶店の電話や、逢坂を襲ったことだけではなかった。ここに私を一人で残らせたことも、鏡を割らせたのも、刃物を片付けさせたのも - それらもまた同様に 〈釣り〉 だったのだ。

私は釣られていたのだ。ずっと釣られ続けていたのだ。ううあああ、と自然に呻いていた。立ち上がって廊下に出ようとしてすぐに止まった。玄関のドアが開け放たれていた。そして、人の形をした何かが、ゆっくりと入ってきた

暗がりの中で、それは女のように見えた。髪の毛。灰色の服。
そのまま靴も脱がずに入ってくる。
違う。靴は履いていない。暗闇の中にぼんやりと指が見える。裸足なのだ。
服も着ていない。裸だ。身体そのものが灰色をしているのだ。
顔は髪に隠れて見えない。
音もなく廊下を歩いて、こちらに向かっている。

「ちがつり・・・・・・・ちがつり・・・・・・・さおい・・・・・・・さむあん・・・・・・・」
女の声がする。あの時と同じだ。意味の分からない、音にしか聞こえない声。
「ごめんください」
声が意味を結んだ。もちろん私は返事をしない。返事などできない。

人を呼び、山へ連れて行く存在。祖父が恐れた妖怪。西から来た化け物。
ブギーマン。ぼうぎま。ぶぎめ。

ぼぎわん。

そのとき目の前には、黄ばんだ白いものがいくつも、でたらめに顔に並んでいます。あるものは折れ、あるものは長くあるものは短く、それらは、ゆっくりと上下に動いています。顔全体に広がり、嗅いだことのない異臭が鼻を突きます。ぬらぬらと動き、ようやく田原は気付きます。これは、いま目の前にある、これは、歯、なんだと。自分が見ているのは、口の中、なんだと。

本作は語り手が異なる三つの章で構成されており、第一章は「田原秀樹」の視点で語られてゆきます。但し、注意してください。田原秀樹は、思うほど「子煩悩」な父親ではありません。そうと思われるよう、演じているだけのことです。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

◆澤村 伊智
1979年大阪府生まれ。
大阪大学卒業。

作品 「ずうのめ人形」「ししりばの家」「恐怖小説 キリカ」など

関連記事

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カレーライス 教室で出会った重松

記事を読む

『星々たち』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『星々たち』桜木 紫乃 実業之日本社 2014年6月4日初版 星々たち  

記事を読む

『KAMINARI』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『KAMINARI』最東 対地 光文社文庫 2020年8月20日初版 KAMINARI (光

記事を読む

『盤上に散る』(塩田武士)_書評という名の読書感想文 

『盤上に散る』塩田 武士 講談社文庫 2019年1月16日第一刷 盤上に散る (講談社文庫)

記事を読む

『はぶらし』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『はぶらし』近藤 史恵 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 はぶらし (幻冬舎文庫) 脚

記事を読む

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 雨の鎮魂歌 (中公文庫)

記事を読む

『ブルース』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ブルース』桜木 紫乃 文芸春秋 2014年12月5日第一刷 ブルース 昨年12月に出た桜木紫乃

記事を読む

『薄情』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『薄情』絲山 秋子 河出文庫 2018年7月20日初版 薄情 (河出文庫) 地方都市に暮らす

記事を読む

『本と鍵の季節』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『本と鍵の季節』米澤 穂信 集英社 2018年12月20日第一刷 本と鍵の季節 (単行本)

記事を読む

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ファーストラヴ (文春文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

『緋色の稜線』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『緋色の稜線』あさの あつこ 角川文庫 2020年11月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑