『我が産声を聞きに』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『我が産声を聞きに』白石 一文 講談社文庫 2024年2月15日 第1刷発行

生まれ、生き、そして死ぬ。それって一体何だ? “もう一度人生をやり直したかったのは、あなただったのか、それとも - 。

コロナ禍、夫の良治に乞われ、病院に同行した名香子。肺がんの診断を受けた良治は、今日からは好きな人と暮らし治療をすると告げて家を出てしまう。人生をやり直すという一方的な言い分に、二十数年の夫婦生活を思い呆然とする名香子。自らの命と真に向き合ったとき、人は何を選ぶのか。直木賞作家渾身の作。(講談社文庫)

語り手の徳山名香子は、現在47歳。英語教室で非常勤講師をし、それとは別に自宅でも個人レッスンを請け負っています。名香子の夫・良治は現在54歳。大手電機メーカーに勤める優秀なエンジニアでした。一人娘の真理恵は大学生で、今は実家を出て一人暮らしをしています。

問題は何もない・・・・・・・はずでした。家庭は円満で、それはおそらくこの先もそうであり続けるに違いない - 名香子にはそう信じるに足る、自負がありました。なので、最初夫が何を言い出したのか - 言われたことの、意味がわかりません。

本作 『我が産声を聞きに』 は、2020年のコロナ禍1年目の9月から12月にかけてのほぼ3ヵ月間の物語だ。夫に 「自分は間違った人生を生きた。今から本来の運命を生きる」 と、一方的に別れを宣告された妻の話だ。

小説内の出来事が何年何月何日に起こったと明記され、おそらく小説が書かれるのと同時進行で物語が進んでいく。いや、むしろ物語が進むのと同時進行で、執筆が進んでいく。その時代の空気の中でこそ存在する物語なのだ。

コロナ禍の初期ともいえる3ヵ月の物語であることは重要だ。薄く見えない膜で覆われたような、新型ウイルスの正体もよくわからず、緊迫がいつまで続くのかもわからない時期だった。GoTo トラベルキャンペーンという妙な施策もあった。国内の感染者の数は1日数百人のレベルで推移していたが、年末には一気に上がり、2000人を超え3000人を超え、年明けには7000人を超え、11都道府県に2回目の緊急事態宣言が発令された。

その時期、「自分のあるべき運命は」 という問題を突きつけられて翻弄される女性がいた。9月に出版した札幌の國兼よし子の 『枯向日葵』 は物語に入り込み、彼女に波動を与えるのだ。(解説より)

※いきなり登場したかにみえる 「國兼よし子」と彼女が書いた句集には、曰く因縁があります。そして、この物語の土台に関わって、失意の名香子を大いに励ますことになります。(詳細は文庫解説で確認ください)

その句集 『枯向日葵』 の中から三つ。

人工呼吸器外しましょうねクリスマス
大寒波さりげなく致死量
枯向日葵呼んで振り向く奴がいる

どうです? 何だか意味深で、ちょっと捨て鉢ぎみで・・・・・・。八十歳を超えたおばあちゃんの句です。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆白石 一文
1958年福岡県福岡市生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。

作品 「一瞬の光」「すぐそばの彼方」「僕のなかの壊れていない部分」「心に龍をちりばめて」「ほかならぬ人へ」「翼」「火口のふたり」「一億円のさようなら」「草にすわる」「プラスチックの祈り」他多数

関連記事

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷 第159回直木賞

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 『火口のふたり』

記事を読む

『木曜日の子ども』(重松清)_書評という名の読書感想文

『木曜日の子ども』重松 清 角川文庫 2022年1月25日初版 世界の終わりを見た

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 「本日開店」は貧乏寺の住職の妻

記事を読む

『 Y 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『 Y 』佐藤 正午 角川春樹事務所 2001年5月18日第一刷 [プロローグ] 1980年、9

記事を読む

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第1刷 気づいた

記事を読む

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷 終わりから、始まる。厄災で断ち切

記事を読む

『滅茶苦茶』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『滅茶苦茶』染井 為人 講談社 2023年5月8日第1刷発行 こんな目にはあいたく

記事を読む

『KAMINARI』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『KAMINARI』最東 対地 光文社文庫 2020年8月20日初版 どうして追い

記事を読む

『わたしの良い子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『わたしの良い子』寺地 はるな 中公文庫 2022年9月25日初版発行 「誰かのこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑