『死ねばいいのに』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『死ねばいいのに』京極 夏彦 講談社 2010年5月15日初版

41ILRW0-OcL._SL250_
文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

 

3ヶ月前、マンションの一室でアサミという女が謎の死を遂げた。彼女について知りたいと執拗に問いかける、若い男。派遣社員だった彼女と同じ職場にいた中年男・山崎、彼女のマンションの隣人だった女性・篠宮、彼女と〈個人的な〉関係にあった三十路をすぎた下っ端暴力団組員・佐久間、彼女の母親の尚子・・・。
ある日突然現れる若い男の無礼な問いかけの言葉の数々に、みな心を掻き乱され、じわじわと自身の嘘に追い詰められていく。アサミのまわりの人間に次々と接触していく彼は、一体何者なのか。若い男の追及に大人たちは自分の業をさらけ出し、やがてひとつの真実が浮かび上がってくる-。(「ダ・ヴィンチ」誌掲載のあらすじ紹介より)

登場人物は皆、死んだアサミ(亜佐美)と浅からぬ関わりを持つ者ばかりです。彼らの前に、ケンヤと名乗る今どきの青年が突然現れます。ケンヤはいかにもチャラい物言いで、彼らに向かって生前の彼女のことを聞かせてほしいと迫ります。

しかし、ケンヤに対して彼らが語るのは自分自身のことばかりで、死んだアサミを悼むどころか、不遇な自身の日常を呪い、周囲の人間を恨み蔑む言葉を吐くばかりです。自分の落ち度を棚に上げ、自分は悪くないんだと必死になって訴えます。

例えば、一人目の山崎の場合。
「お前みたいな人間に解るかよ。私の苦労が。嫌でも辞められないんだよ。辛くても別れられないんだよ。辛くて辛くてやってられないけど、もう限界だけど、それでも止められないんだ馬鹿野郎」

お前なんかに解らない、と繰り返し叫ぶ山崎。言われたケンヤは、「ならさ」

-死ねばいいのに。
・・・・・・・・・・
という小説です。

物語は〈一人目。〉から〈六人目。〉まで、6つの章で構成されています。山崎、篠宮、佐久間、アサミの母親ときて、五人目が警察官。そして最終、六人目に登場するのは弁護士です。

ケンヤがアサミの話を尋ねて回った連中は、みんな死ねばいいのにと言うと、嫌だと言います。

それはきっと普通のことで、誰もが生きたいに決まっています。未練たらたらで、不満だらけで、自分は不幸だと言うのは当たり前。それでも人間は生きている。生きるために生きているから、死にたくなんかないのです。

でも、万が一、
・・・死ねばいいのに、と誰かに言って、
・・・そうね、死にたい、・・・などと相手が応えたとしたら、

そのとき、人は、一体どんなリアクションをとればいいのかしら?

 

この本を読んでみてください係数 85/100


文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)

◆京極 夏彦
1963年北海道小樽市生まれ。
北海道倶知安高等学校卒業。専修学校桑沢デザイン研究所中退。

作品 「鉄鼠の檻」「魍魎の匣」「嗤う伊右衛門」「百鬼夜行-陰」「覘き小平次」「後巷説百物語」「邪魅の雫」「西巷説百物語」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 さよなら渓谷 (新潮文庫)

記事を読む

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初版 JR品川駅高輪口 (

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『蓬萊』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『蓬萊』今野 敏 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 蓬莱 新装版 (講談社文庫) この

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

『少女』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『少女』湊 かなえ 双葉文庫 2012年2月19日第一刷 少女 (双葉文庫) 親友の自殺を目

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

『憂鬱たち』(金原ひとみ)_書評という名の読書感想文

『憂鬱たち』金原 ひとみ 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 憂鬱たち (文春文庫)

記事を読む

『獅子吼』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『獅子吼』浅田 次郎 文春文庫 2018年12月10日第一刷 獅子吼 (文春文庫) け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『草にすわる』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『草にすわる』白石 一文 文春文庫 2021年1月10日第1刷

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑