『死ねばいいのに』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『死ねばいいのに』(京極夏彦), 京極夏彦, 作家別(か行), 書評(さ行)

『死ねばいいのに』京極 夏彦 講談社 2010年5月15日初版

3ヶ月前、マンションの一室でアサミという女が謎の死を遂げた。彼女について知りたいと執拗に問いかける、若い男。派遣社員だった彼女と同じ職場にいた中年男・山崎、彼女のマンションの隣人だった女性・篠宮、彼女と〈個人的な〉関係にあった三十路をすぎた下っ端暴力団組員・佐久間、彼女の母親の尚子・・・。
ある日突然現れる若い男の無礼な問いかけの言葉の数々に、みな心を掻き乱され、じわじわと自身の嘘に追い詰められていく。アサミのまわりの人間に次々と接触していく彼は、一体何者なのか。若い男の追及に大人たちは自分の業をさらけ出し、やがてひとつの真実が浮かび上がってくる-。(「ダ・ヴィンチ」誌掲載のあらすじ紹介より)

登場人物は皆、死んだアサミ(亜佐美)と浅からぬ関わりを持つ者ばかりです。彼らの前に、ケンヤと名乗る今どきの青年が突然現れます。ケンヤはいかにもチャラい物言いで、彼らに向かって生前の彼女のことを聞かせてほしいと迫ります。

しかし、ケンヤに対して彼らが語るのは自分自身のことばかりで、死んだアサミを悼むどころか、不遇な自身の日常を呪い、周囲の人間を恨み蔑む言葉を吐くばかりです。自分の落ち度を棚に上げ、自分は悪くないんだと必死になって訴えます。

例えば、一人目の山崎の場合。
「お前みたいな人間に解るかよ。私の苦労が。嫌でも辞められないんだよ。辛くても別れられないんだよ。辛くて辛くてやってられないけど、もう限界だけど、それでも止められないんだ馬鹿野郎」

お前なんかに解らない、と繰り返し叫ぶ山崎。言われたケンヤは、「ならさ」

-死ねばいいのに。
・・・・・・・・・・
という小説です。

物語は〈一人目。〉から〈六人目。〉まで、6つの章で構成されています。山崎、篠宮、佐久間、アサミの母親ときて、五人目が警察官。そして最終、六人目に登場するのは弁護士です。

ケンヤがアサミの話を尋ねて回った連中は、みんな死ねばいいのにと言うと、嫌だと言います。

それはきっと普通のことで、誰もが生きたいに決まっています。未練たらたらで、不満だらけで、自分は不幸だと言うのは当たり前。それでも人間は生きている。生きるために生きているから、死にたくなんかないのです。

でも、万が一、
・・・死ねばいいのに、と誰かに言って、
・・・そうね、死にたい、・・・などと相手が応えたとしたら、

そのとき、人は、一体どんなリアクションをとればいいのかしら?

この本を読んでみてください係数 85/100

◆京極 夏彦
1963年北海道小樽市生まれ。
北海道倶知安高等学校卒業。専修学校桑沢デザイン研究所中退。

作品 「鉄鼠の檻」「魍魎の匣」「嗤う伊右衛門」「百鬼夜行-陰」「覘き小平次」「後巷説百物語」「邪魅の雫」「西巷説百物語」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『だれかのいとしいひと』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『だれかのいとしいひと』角田 光代 文春文庫 2004年5月10日第一刷 角田光代のことは、好きに

記事を読む

『15歳のテロリスト』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『15歳のテロリスト』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年8月5日24版発行

記事を読む

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 WOWOWでドラマになっているらし

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 高校一年生の斉藤くんは、年

記事を読む

『虎を追う』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『虎を追う』櫛木 理宇 光文社文庫 2022年6月20日初版1刷 「連続幼女殺人事

記事を読む

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行 ひとは、「独り」 から逃れら

記事を読む

『祝言島』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『祝言島』真梨 幸子 小学館文庫 2021年5月12日初版第1刷 2006年に起き

記事を読む

『悪果』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪果』黒川 博行 角川書店 2007年9月30日初版 大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内は

記事を読む

『後悔病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『後悔病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2017年4月11日初版 33歳の医師・早坂ルミ子は末期のがん

記事を読む

『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版 1987年と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑