『あの家に暮らす四人の女』(三浦しおん)_書評という名の読書感想文

『あの家に暮らす四人の女』三浦 しおん 中公文庫 2018年9月15日7刷


あの家に暮らす四人の女 (中公文庫)

ここは杉並の古びた洋館。父の行方を知らない刺繍作家の佐知と気ままな母・鶴代、佐知の友人の雪乃 (毒舌) と多恵美 (ダメ男に甘い) の四人が暮らす。ストーカー男の闖入に謎の老人・山田も馳せ参じ、今日も笑いと珍事に事欠かない牧田家。ゆるやかに流れる日々が、心に巣くった孤独をほぐす同居物語。織田作之助賞受賞作。(中公文庫)

東京都杉並区の善福寺川近くの古ぼけた二階建ての洋館。150坪の邸宅の庭は長ネギ、ジャガイモ、枝豆、ナス、トマトが植えられた菜園になっている。そこに女ばかり4人が暮らしている。

家の主人である牧田鶴代は、70歳近くになってもお嬢さん気質のまま。37歳の一人娘の佐知は、男性との縁もなく引きこもり同然の刺繍作家。そこへ佐知の同い年の友人の雪乃と、佐知の刺繍教室の生徒であり、また雪乃の勤める生命保険会社の10歳年下の後輩である多恵美が、転がり込んできて同居するようになって一年。

この小説は、そんな一家 - 4人のうち2人は血縁関係がないのだが一つの家に住む者たちという意味で、まさに 「一家」 の早春から盛夏にかけての暮らしを描いている。(P336/解説より)

歳も出自も違う女4人が暮らせばさもありなん - という話が書いてあります。牧田家には、男がいません。

描かれているのは、たとえば、佐知と雪乃の出会い、多恵美の元カレのストーカー騒ぎ、花見と水漏れ騒動、イケメン内装業者と佐知との出会い、「開かずの間」 の河童のミイラ、雷雨の夜の盗賊事件、等々。

他に登場するのが、正門脇に建つプレハブ仕様の掘立小屋で暮らす屋敷内唯一の男性、山田さん。佐知がもの心ついた頃にはすでにおり、いささか老いぼれたものの、80歳になった今も健在でいます。

奇想天外なのが、地元善福寺川周辺を根城にするカラスの親玉の 「善福丸」。こやつは人の言葉を理解し、人と同じ (あるいは人より明晰な) 思考回路を有した上、牧田家を含む界隈の動向を誰よりもよく掌握しています。

そしてさらには、牧田家に心を残して死んだ父、「神田幸夫」 が登場します。幸夫は鶴代と佐知を思うあまりに 「霊」 となり、家族のもとへ舞い戻ってきます。

彼らを評すると、肝心要な時に役に立たないのが山田さん。カラスなのになぜか人の気持ちがわかる善福丸。あとに残した妻や娘を思い、ミイラの身体を借りてまで己の存在をアピールしようとする夫・幸夫 - といったところでしょうか。

牧田家に向けられた、彼らの滑稽かつ真摯な態度や気遣いの大方は報われず、気付かれもしません。わずかに気配だけを残します。

しかし、おそらくはそれでかまわないのだと。4人の女たちは、すでに十分 「自立」 しているのですから。生きる上での悩みや困難は様々あるのですが、それとて十分理解しています。すべて承知の上で 「家族」 であって、

それが証拠に彼女らは、女4人の暮らしにあって、概ね太平楽に暮らしています。

※この小説は、谷崎潤一郎の名作 『細雪』 が下敷きになっています。この小説が執筆された2015年は谷崎潤一郎の没後50年にあたっており、氏の作品にちなんだ書き下ろしが何人かの著名な現代作家に委嘱され、その結果誕生したものです。(当たり前ですが、中身は全く別ものです)

 

この本を読んでみてください係数 85/100


あの家に暮らす四人の女 (中公文庫)

◆三浦 しをん
1976年東京都生まれ。
早稲田大学第一文学部演劇専修。

作品 「まほろ駅前多田便利軒」「神去なあなあ日常」「月魚」「秘密の花園」「私が語りはじめた彼は」「風が吹いている」「きみはポラリス」「光」「舟を編む」他多数

関連記事

『おめでとう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『おめでとう』川上 弘美 新潮文庫 2003年7月1日発行 おめでとう (新潮文庫)

記事を読む

『赤目四十八瀧心中未遂』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『赤目四十八瀧心中未遂』車谷 長吉 文芸春秋 1998年1月10日第一刷 赤目四十八瀧心中未遂

記事を読む

『いちご同盟』(三田誠広)_書評という名の読書感想文

『いちご同盟』三田 誠広 集英社文庫 1991年10月25日第一刷 いちご同盟 (集英社文庫)

記事を読む

『ふたり狂い』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『ふたり狂い』真梨 幸子 早川書房 2011年11月15日発行 ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA

記事を読む

『殺人出産』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『殺人出産』村田 沙耶香 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 殺人出産 (講談社文庫)

記事を読む

『犬婿入り』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『犬婿入り』多和田 葉子 講談社文庫 1998年10月15日第一刷 犬婿入り (講談社文庫) 多摩

記事を読む

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』(澤村御影)_書評という名の読書感想文

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』澤村 御影 角川文庫 2017年4月25日初版 憧れの

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『青色讃歌』(丹下健太)_書評という名の読書感想文

『青色讃歌』丹下 健太 河出書房新社 2007年11月30日初版 青色讃歌  

記事を読む

『朝が来る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『朝が来る』辻村 深月 文春文庫 2018年9月10日第一刷 朝が来る (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑