『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版

戦後から現在まで続く 「秘密プロジェクト」 があった。
発案者は、運輸省の若手官僚・山本清晴。
敗戦から数年たったある時、新橋の闇市でカストリを飲みながら彼は思いつく。「底のない穴を空けよう、そしてそれを国の新事業にしよう」。かくして 「日本-ブラジル間・直線ルート開発計画」 が 「温泉を掘る」 ための技術によって、始動した。

その意志を引き継いだのは大手建設会社の子会社の広報係・鈴木一夫。彼は来たるべき事業公開の際のプレスリリースを記すために、この謎めいた事業の存在理由について調査を開始する。

ポーランドからの諜報員、作業員としてやってくる日系移民やアジアからの技能実習生、ディズニーランドで待ち合わせた海外の要人、ブラジルの広報係・ルイーザへの想い、そしてついに穴が開通したとき、鈴木は・・・・・・・。

なぜ、そんな穴を?
だって、近道じゃありませんか

様々な人間、国の思惑が交差する中、日本社会のシステムを戦後史とともに真顔のユーモアで描きつくす、大ボラサラリーマン小説の爆誕!! (河出書房新社他)

第55回文藝賞受賞作

途中何度となく読み返し、そして考えました。私は今、何を読まされているのだろうと

読むほどに、それが 「本気」 かどうかがわかりません。およそありそうもない話に違いないのですが、ふざけたところが微塵もありません。事の当事者たちは、至って真面目なのです。

真面目が過ぎて生真面目故に、それが段々 「本気」 に思えてくるのは、単に私の錯覚なのでしょうか。

それにつけても、鈴木一夫はエラい!!   これだけは断言できます。最後にした彼の決断と行動は、長年に渡り耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだ故の 「覚悟」 だったといえます。誰が彼を笑えるのでしょう。彼のしたことを、誰ができるというのでしょう。

※一つだけ苦言をいうと - 何故こんな表紙にしたのでしょう? わかるっちゃわかるのですが、これでは読み手はまるで違う話を想像するやも知れません。もったいない。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆山野辺 太郎
1975年福島県生まれ、宮城県育ち。
東京大学文学部卒業後、同大学院人文社会系研究科修士課程修了。

作品 本作で第55回文藝賞を受賞。

関連記事

『蟻の棲み家』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『蟻の棲み家』望月 諒子 新潮文庫 2021年11月1日発行 誰にも愛されない女が

記事を読む

『幾千の夜、昨日の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『幾千の夜、昨日の月』角田 光代 角川文庫 2015年1月25日初版 新聞で文庫の新刊が出る

記事を読む

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷 どうして私はこん

記事を読む

『俺はまだ本気出してないだけ』(丹沢まなぶ)_書評という名の読書感想文

『俺はまだ本気出してないだけ』丹沢 まなぶ 小学館文庫 2013年4月10日第一刷 元々は青

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 どうして悲し

記事を読む

『おれたちの歌をうたえ』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『おれたちの歌をうたえ』呉 勝浩 文春文庫 2023年8月10日第1刷 四人の少年と、ひとり

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 萩原浩の代表作と言えば、

記事を読む

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版初版発行 生き

記事を読む

『孤狼の血』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『孤狼の血』柚月 裕子 角川文庫 2017年8月25日初版 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配

記事を読む

『Iの悲劇』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『Iの悲劇』米澤 穂信 文藝春秋 2019年9月25日第1刷 序章 Iの悲劇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

『末裔』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『末裔』絲山 秋子 河出文庫 2023年9月20日 初版発行

『雪の練習生』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『雪の練習生』多和田 葉子 新潮文庫 2023年10月5日 6刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑