『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行


さよなら渓谷 (新潮文庫)

 

吉田修一が好きである。

 

この作品は昨年の6月に映画化され、大きな反響を呼んだのはまだ記憶に新しいところです。

 

主演の真木よう子はこの作品で主演女優賞に輝きました。彼女の歌うエンディングも映像の色調にぴったりで、演技同様高い評価を受けました。

吉田修一の小説は、よく映画になります。

小説を読み出せば、そのことはすぐに気が付くはずです。場所の設定が巧みで、小説を読みながらそれこそ映画を観るように場面ごとの光景が鮮やかに目の前に現れてきます。

 

『さよなら渓谷』とは格別にセンチメンタルなタイトルで、緑深く茫洋とした渓谷の遠景が小説の基調とみごとに合致しています。

都会から離れた、少し歩けば渓谷に出るような場所にある市営団地に報道関係者の車が詰めかけています。団地に住む立花里美の一人息子で4歳の誕生日を迎えたばかりの萌の遺体が、桂川渓谷で発見されたのです。

この騒動が始まりで、やがて話は里実の隣に住む尾崎俊介と妻かなこへと移っていきます。

ごく普通の夫婦にしか見えなかった俊介とかなこが、実は到底常識では考えられない「奇異」な関係であることが暴かれます。

原因は遠く15年前、俊介が大学生、かなこが高校生のときに起きてしまった消し去ることができない悲劇にありました。

・・・・・・・・・・・

この小説は、集団レイプの被害者と主犯格の男との間に愛情は生まれるのか、という重い問いをテーマとしています。

当時大学の体育会系の団体で集団レイプが多発していたことがこの小説を書くきっかけになったと、吉田修一は述べています。

加害者である男性の俊介と被害者になった女性かなこ(実はかなこは偽名なのですが)の視点が隔てなく書かれてあるのはさすがです。

 

映画ではかなこ役の真木よう子がより注目されがちですが、加害者である俊介も事件以降時間は止まったままで悔恨の海を漂っています。

そんな男女が、なぜ一緒に暮らすことになったのか。

「私達は、決して幸せになるために一緒にいるんじゃない」とかなこは言います。その言葉は、かなこの胸を抉る悲痛な嘆きです。

かなこにとって自分が「特別扱い」されないのは、自分を凌辱した本人俊介ただ一人きりなのだという、あまりに哀しすぎる事実。

決して私達は幸せになってはならない、それを互いに忘れないために一緒に暮らしている二人とはなんと不幸な関係なのでしょう。

何処にいても、誰と触れ合っても断ち切れない過去、いずれ暴かれ傷ついて、終りのない堂々巡りがこの先もずっと続いていく絶望。

果てない後悔と懺悔の日々は、これから二人にどんな未来をもたらすのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数  80/100

 


さよなら渓谷 (新潮文庫)

◆吉田 修一

1968年長崎県長崎市生まれ。

法政大学経営学部卒業。

作品 「最後の息子」「熱帯魚」「パレード」「パーク・ライフ」「日曜日たち」「東京湾景」「7月24日通り」「女たちは二度遊ぶ」「悪人」「横道世之介」「平成猿蟹合戦図」

「愛に乱暴」「怒り上・下」など多数

関連記事

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『それを愛とまちがえるから』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『それを愛とまちがえるから』井上 荒野 中公文庫 2016年3月25日初版 それを愛とまちがえ

記事を読む

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 線の波紋 (小学館文庫)

記事を読む

『69 sixty nine』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『69 sixty nine』村上 龍 集英社 1987年8月10日第一刷 69 sixty

記事を読む

『天使が怪獣になる前に』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『天使が怪獣になる前に』山田 悠介 文芸社文庫 2015年2月15日初版 【文庫】 天使が怪獣

記事を読む

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫)

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版   1

記事を読む

『さみしくなったら名前を呼んで』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『さみしくなったら名前を呼んで』山内 マリコ 幻冬舎 2014年9月20日第一刷 さみしくなっ

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『そして、バトンは渡された』瀬尾 まいこ 文春文庫 2020年9月1

『るんびにの子供』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『るんびにの子供』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年8月25

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑