『祝言島』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『祝言島』真梨 幸子 小学館文庫 2021年5月12日初版第1刷

祝言島 (小学館文庫)

2006年に起きた 「十二月一日連続殺人事件」。死亡した三人の知人・七鬼紅玉は警察の取り調べ中に姿を消し、以来事件は未解決のままだ。彼らの共通点がもうひとつある。それが 「祝言島」 だった。
2017年、映像制作会社でアルバイトを始めた九重皐月は 「祝言島」 に関わる人々の再現ドラマを手にする。都市伝説とも言われる島の、忌まわしく不穏な日々がそこには収められていた。「祝言島」 開拓に端を発する、3世代にわたる数奇な事件。連続殺人の真犯人と驚くべき動機とは。張り巡らされた伏線にラストまで目が離せない。二度読み必至の超絶技巧ミステリー! (小学館文庫)

緻密に張り巡らされた因縁と伏線」 「驚愕のラスト、あなたは必ずプロローグに戻る。」 とあります。それはその通りに違いありません。ただ、敢えて難を言うと、緻密に過ぎて人の関係がやたらややこしく、行きつ戻りつしながら読み進めなければなりません。

何かしら謎を含んだ人物が複数人登場し、話が長くなると、それはある程度仕方ないことではありますが、思いのほかストレスになり、いかばかりか話に集中しづらくなるという点は否めません。ですから、特に前半は粘り強く読んでください。

発端は、あるTV番組でした。『テレビ人生劇場 ~殺人者は隣にいる~』 という番組で、「未解決事件スペシャル」 の一企画として 「祝言島」 が登場したことでした。

事の全容は、こうです。

2006年11月30日深夜から12月1日夜にかけて、ある事件が連続して起きました。
世に 「12月1日連続殺人事件」 と言われる事件です。

まず殺害されたのは、一ノ瀬マサカズ。一部では演劇界のカリスマと呼ばれていました。12月1日の未明、西新宿セントラルパークホテル1905号室で、惨殺死体で見つかりました。殺害されたのは11月30日23時30分頃。享年33。
とき同じくして、七鬼百合 (なおき・リリィ) が港区の自宅アパートで何者かに襲われ、搬送先の病院で死亡します。享年55。
そして3人目の被害者は、国崎珠里 (くにさき・じゅり)。12月1日の夜、赤坂の自宅マンションで、惨殺死体で見つかりました。享年33。

11月30日深夜から12月1日の夜。たった1日の間に起きた3件の殺人事件。大都会東京とはいえ、これほど殺人が連続することはありません。そこで警察は、この3つの事件に関連があるのではないかと疑い、まずはこの3人の共通点を探りました。

3人の共通点は、すぐに浮かび上がりました。
それは、「ルビィ」 という名の女優です。
ルビィ・・・・・・・本名は七鬼紅玉 (なおき・ルビィ)。
最初の被害者である一ノ瀬マサカズとその晩一夜を共にし、2番目の被害者である七鬼百合とは親子関係、そして3番目の被害者である国崎珠里とは、・・・・・・・切っても切れない腐れ縁の仲。
が、そのルビィは、警察の取り調べの最中、忽然と姿を消します。
そして、事件は迷宮入り。未解決事件のリストに刻まれることになります。

どうして、事件は未解決のままなのか?
それは、被害者3人の共通点にあります。3人の共通点は 「ルビィ」 だけではなかったのです。共通点は他にもあったのです。
それが、「祝言島」 です。

※祝言島:小笠原諸島の南端にあったとされる島にまつわる都市伝説。昭和39年、東京オリンピックが開催される年に島の火山が噴火したとされているが、そんな記録は残されておらず、そもそも、「祝言島」 という島も存在しない。ところが、ある事が発端で、一部では、島が実在するかのように語られている。真偽のほどはわからない。因みに、「シュウゲンジマ」 は、俗称。正式には 「ホカイシマ」。「祝言」 と書いて、「ホカイ」 と読む。

この本を読んでみてください係数 80/100

祝言島 (小学館文庫)

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「えんじ色心中」「殺人鬼フジコの衝動」「深く深く、砂に埋めて」「女ともだち」「あの女」「みんな邪魔」「人生相談」「お引っ越し」他多数

関連記事

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 呪文 (河出文庫) さびれゆく商

記事を読む

『そこにいるのに/13の恐怖の物語』(似鳥鶏)_書評という名の読書感想文

『そこにいるのに/13の恐怖の物語』似鳥 鶏 河出文庫 2021年6月20日初版 そこにいる

記事を読む

『たった、それだけ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『たった、それだけ』宮下 奈都 双葉文庫 2017年1月15日第一刷 たった、それだけ (双葉

記事を読む

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷 太陽の塔(新潮文庫) 私

記事を読む

『殺人依存症』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『殺人依存症』櫛木 理宇 幻冬舎文庫 2020年10月10日初版 殺人依存症 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 さいはての彼女 (角川文庫)

記事を読む

『くっすん大黒』(町田康)_書評という名の読書感想文

『くっすん大黒』町田 康 文春文庫 2002年5月10日第一刷 くっすん大黒 (文春文庫)

記事を読む

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版 JR上野駅公園口 (河出文庫)

記事を読む

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版 三千円の使いかた (中公

記事を読む

『想像ラジオ』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『想像ラジオ』いとう せいこう 河出文庫 2015年3月11日初版 想像ラジオ (河出文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑