『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版

 


1973年のピンボール (講談社文庫)

 

村上春樹が好きである。

 

デビュー作『風の歌を聴け』に続く、村上春樹の二作目の小説です。

『風の歌を聴け』が散文詩調で、ひとつの物語を順序立てて語ろうとすることを最初から放棄している作品に対して、

この『1973年のピンボール』は、物語を完成させようという村上春樹の決意が感じられる作品です。

なぜ自分が語ろうとするのかを検証するために書かれたデビュー作『風の歌を聴け』と同じ地平にあり、以後に続く作品の源泉だろうと思います。

 

この小説には長い序章があり、その後にようやく「僕」と「鼠」の話は始まります。

1969年から73年までに到達していた心象の過程を辿った後、今までの自分に結着をつけて歩み出す二人の覚悟を語っています。

物語はときに道をはずれ、終始一貫しているわけではありません。交互に語られる「僕」と「鼠」の話は最後まで交差しないままです。

しかし読み終わった後には、過ぎ去ろうとする時代にきちんとけじめをつけて、新しく何ものかになろうとする二人の気配に私たちは気付くことになります。

 

村上作品には、かなり非現実的なものや人物、超自然的な現象があたり前のように登場しますが、すでに二作目にしてその傾向は顕著です。

「土星生まれ」で「ある政治的なグループ」に所属する大学生。「金星生まれ」の物静かな男。

ある日目を覚ますと、「僕」の両脇には双子の女の子がいるのです。井戸掘り職人なんかも登場します。

これらの登場人物と彼等が語る言葉が何を象徴しているのか、突飛とも思える設定の必然性が、正直に言うと私には十分理解できません。

金星生まれの物静かな男は、「金星人は早死にする分、生きているうちに愛しておく」ので「たとえ今日誰が死んでも僕たちは悲しまない」と「僕」に告げます。

そして「そうでもしなければ、金星は悲しみで埋まってしまう」と続くのです。

もしかすると村上春樹は、「金星は悲しみで埋まってしまう」というフレーズを書きたかっただけではないかと思ったりもするのです。

いずれにせよ、村上春樹は読者を試します。勇気をもって読まなければなりません。

 

物語は1973年の9月に始まります。「僕」と「鼠」と呼ばれる男の話です。そして、3フリッパーのピンボール・マシン「スペースシップ」の話でもあります。

「僕」と「鼠」がジェイズ・バーでビールを飲み続けていた頃、バーには「スペースシップ」というピンボールがありました。

「僕」と彼女(=スペースシップ)は互いに唯一の理解者で、「僕」が嘆くと彼女は「あなたは悪くなんかないのよ、精いっぱいやったじゃない」と慰めたりします。

ジェイズ・バーは閉店し「スペースシップ」は行方不明になりますが、やがて「僕」は用済みで倉庫に並べられた78台のピンボール・マシンの中に「スペースシップ」を見つけ出します。

時代を席巻したピンボール・マシンの彼女(=スペースシップ)に、「僕」はこんな風にして彼女に会いたくなかったと思い、

彼女は「もう行った方がいいわ」「会いに来てくれてありがとう」と優しく別れの言葉を告げるのでした。

一方、「大学を放り出された」「金持ちの青年」である鼠は、ジェイズ・バーで中国人のバーテン・ジェイを相手に相変わらずビールを飲んでいました。

しかし街は確実に変化を続け、気が付くと25歳になる自分が未だにどこへも行けず留まっていることに鼠は焦り、迷っています。

夏休みの休暇で街に帰っていた数少ない友人たちは遠く離れた彼等自身の場所へ帰りますが、帰るべき場所がない鼠は消沈するばかりです。

女と別れた「鼠」は、これで終わったんだと思い、ジェイに街を出ると告げます。

「僕」と「鼠」にとっての1973年は、何かが始まる前の彷徨、誰もに訪れる青春の終章でした。

 

この本を読んでみてください係数 90/100

 


1973年のピンボール (講談社文庫)

◆村上 春樹

1949年京都府京都市伏見区生まれ。兵庫県西宮市、芦屋市で育つ。

早稲田大学第一文学部演劇科を7年かけて卒業。在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺に開店する。

作品 「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「女のいない男たち」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『満月と近鉄』(前野ひろみち)_書評という名の読書感想文

『満月と近鉄』前野 ひろみち 角川文庫 2020年5月25日初版 満月と近鉄 (角川文庫)

記事を読む

『走れ! タカハシ』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『走れ! タカハシ』村上龍 講談社 1986年5月20日第一刷 走れ,タカハシ! (講談社文庫

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 事件 (創元推理文庫) 196

記事を読む

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷 その愛の程度 (講談社

記事を読む

『ボクたちはみんな大人になれなかった』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻 新潮文庫 2018年12月1日発行 ボクたちは

記事を読む

『純子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『純子』赤松 利市 双葉社 2019年7月21日第1刷 純子 四国の辺鄙な里に生まれた

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 豆の上で眠る (新潮文庫) 小

記事を読む

『じっと手を見る』(窪美澄)_自分の弱さ。人生の苦さ。

『じっと手を見る』窪 美澄 幻冬舎文庫 2020年4月10日初版 じっと手を見る (幻冬舎文

記事を読む

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』中山 七里 講談社文庫 2013年11月15日第一刷 贖罪の奏鳴曲

記事を読む

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 もう「はい」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑