『絶唱』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『絶唱』湊 かなえ 新潮文庫 2019年7月1日発行

絶唱 (新潮文庫)

悲しみしかないと、思っていた。でも。死は悲しむべきものじゃない - 南の島の、その人は言った。心を取り戻すために、約束を果たすために、逃げ出すために。忘れられないあの日のために。別れを受け止めるために - 。 に打ちのめされ、自分を見失いかけていた。そんな彼女たちが秘密を抱えたまま辿りついた場所は、太平洋に浮かぶ島。そこで生まれたそれぞれの希望 のかたちとは? ”喪失” から、物語は生まれる - 。

五歳のとき双子の妹・鞠絵は死んだ。生き残ったのは姉の雪絵 - 。奪われた人生を取り戻すため、わたしは今、あの場所に向かう (「楽園」)。思い出すのはいつも、最後に見たあの人の顔、取り消せない自分の言葉、守れなかった小さな命。あの日に今も、囚われている (「約束」)。 誰にも言えない秘密を抱え、四人が辿り着いた南洋の島。ここからまた、物語は動き始める。喪失と再生を描く号泣ミステリー。(新潮文庫)

[収録作品]
1.楽園
2.約束
3.太陽
4.絶唱

おそらく (書いてある半分ほどが) 実際にあったことではないかと。しかも、湊かなえ自身のことが。

全編に登場するトンガでゲストハウスを営む尚美にしても、似た女性がきっといたのでしょう。国際ボランティア隊のメンバーとしてトンガを訪れ、現地の中高一貫校で家庭科を教える松本理恵子という女性のモデルは、他ならぬ著者自身に違いありません。

とりわけリアルなのは、阪神淡路大震災が発生した直後の現地の様子です。未曽有の厄災を前に、人は動揺を抑えることができません。同じ被災者でありながら、互いが互いに、相手を慮る余裕がありません。時に心ない言葉を吐き、時に浴びせられることがあります。

経験した者しかわからない、その場にいたからこそ被った苦い記憶は、なかなかに消えることがありません。

(wikipediaによると) 湊かなえは広島県因島市の柑橘農家に2人姉妹の長女として生まれ、子供の頃から空想好きで、小中学校時代には図書室にある江戸川乱歩や赤川次郎の作品をよく読んでいたそうです。

因島市立因北小学校、因北中学校、広島県立因島高等学校を経て、武庫川女子大学家政学部被服学科へ進学したのがおそらく1991年。大学卒業後アパレルメーカーに就職して1年半勤務の後、1996年~1998年の2年間青年海外協力隊隊員としてトンガに赴任、家庭科教師として栄養指導に携わるという経験をしています。

そして、東日本大震災が発生するまではそれまでの自然災害における最悪の厄災、あの阪神淡路大震災が発生したのが1995年1月17日早朝のことでした。

つまりは、震災発生当時、兵庫県西宮市にある武庫川女子大学の学生だった著者は、間違いなくその近辺に住まいしており、間近に震災を体験したのだと思います。

不幸中の幸いだったのは、震災の中心からは “やや” 外れていたということ。多くの人が瓦礫の下敷きになり亡くなった中で、自分は助かった。命をとり留めた - 。

その事実は、思わぬ重さであとを引き、深い傷を残すことになります。

この本を読んでみてください係数  80/100

絶唱 (新潮文庫)

◆湊 かなえ
1973年広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。
武庫川女子大学家政学部卒業。

作品 「告白」「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「望郷」「豆の上で眠る」「リバース」「物語のおわり」「ユートピア」「ポイズンドーター・ホーリーマザー」他多数

関連記事

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷 ユートピア (集英社文庫)

記事を読む

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サロメ (文春文庫) 頽廃

記事を読む

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』(竹内明)_書評という名の読書感想文

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内 明 講談社 2017年9月26日第一刷

記事を読む

『17歳のうた』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『17歳のうた』坂井 希久子 文春文庫 2019年5月10日第1刷 17歳のうた (文春文庫

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 羊と鋼の森 (文春文庫) 高

記事を読む

『ボクたちはみんな大人になれなかった』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻 新潮文庫 2018年12月1日発行 ボクたちは

記事を読む

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 いかれころ 「ほんま私は

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 幸せのプチ (文春文庫)

記事を読む

『しょうがの味は熱い』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『しょうがの味は熱い』綿矢 りさ 文春文庫 2015年5月10日第一刷 しょうがの味は熱い (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑