『地球星人』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『地球星人』村田 沙耶香 新潮文庫 2021年4月1日発行

地球星人(新潮文庫)

恋愛や生殖を強制する世間になじめず、ネットで見つけた夫と性行為なしの婚姻生活を送る34歳の奈月。夫とともに田舎の親戚の家を訪れた彼女は、いとこの由宇に再会する。小学生の頃、自らを魔法少女と宇宙人だと信じていた二人は秘密の恋人同士だった。だが大人になった由宇は 「地球星人」 の常識に洗脳されかけていて・・・・・・・。芥川賞受賞作 『コンビニ人間』 を超える驚愕をもたらす衝撃的傑作。(新潮文庫)

奈月と由宇 - 二人が共通して抱えていたのは、おそらく、生まれたことへの強烈な 「違和感」 なのだと思います。幼いが故、違和感が何に起因するかはわかりません。どうしてよいかがわからずに、奈月は “魔法少女” になり、由宇は “宇宙人” になります。

おじいちゃんとおばあちゃんが住む、秋級 (あきしな) の山を訪れるところから話ははじまる。毎年、夏のお盆の時を一緒に過ごす、奈月 (なつき) といとこの由宇 (ゆう)。奈月は小学三年生の時、自分が魔法少女であることを、由宇は自分が宇宙船から捨てられた宇宙人かもしれないことを告白し、正式な恋人になる約束を交わす。
(中略)
一見ごくあたりまえの夏の日々を過ごす少女と少年が、それぞれの家族に抱く違和感や、過酷な現実の中で、その理由を見つけたいと願う気持ちは、どこまでもまっすぐで、切実だ。
たとえこの家族が、この社会が、どんなに残酷なものだったとしても、この家族と、この社会の中で、子どもたちは、生きのびなければならないから。

〈もっと勉強を頑張って、大人にとって都合がいい子供になりたい。
そうしたら、出来損ないでも、あの家から捨てられることはないだろう〉

けれどそれを、大人になってもなお、とことん突き詰め続けたならば、私たちが生きるこの社会では狂気そのものになる。

しかしこの物語は、徹底的に奈月の視点で描かれる。
〈ここは巣の羅列であり、人間を作る工場でもある。私はこの街で、二種類の意味で道具だ。
一つは、お勉強を頑張って、働く道具になること。
一つは、女の子を頑張って、この街のための生殖器になること。
私は多分、どちらの意味でも落ちこぼれなのだと思う〉

どうして人は社会の駒として働かなければならないのか。
どうして人は女と男が対になり生殖しなければならないのか。
どうしてそれらを怠ると、社会の落ちこぼれのように扱われ、責められなければならないのか。

心の奥底では違和感を抱きながらも、私が、私たちが蓋をして、見ようとしないようにしてきた事柄が、次々、目の前に晒されてゆく。

私たちが生きるこの現実が、この社会が、ひとたび 地球とそこに暮らす 地球星人の生態として描写されてゆくと、どうしたことか、私たちのあたりまえの方が、悉く滑稽でいびつで、狂気じみて見えてくる。

「地球」 に生まれ 「地球星人」 として生きるからには、「地球星人」 としての常識に従って生きる。それはある意味、一番楽な生き方でした。奈月もそれは十分承知しています。なので、由宇と結婚すると約束したときも、この先出合うであろう困難を前に、易きに流れぬよう二人は固く誓うのでした。

なにがあってもいきのびること〉 と。

この本を読んでみてください係数 85/100

地球星人(新潮文庫)

◆村田 沙耶香
1979年千葉県印西市生まれ。
玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。

作品 「授乳」「ギンイロノウタ」「ハコブネ」「殺人出産」「しろいろの街の、その骨の体温の」「消滅世界」「コンビニ人間」他多数

関連記事

『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行 蝶々の纏足・風葬の教室

記事を読む

『火花』(又吉直樹)_書評という名の読書感想文

『火花』又吉 直樹 文芸春秋 2015年3月15日第一刷 火花   又吉

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『てとろどときしん』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『てとろどときしん』黒川博行 角川文庫 2014年9月25日初版 てとろどときしん 大阪府警・

記事を読む

『魂萌え! 』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『魂萌え! 』桐野 夏生 毎日新聞社 2005年4月25日発行 魂萌え ! 夫婦ふたりで平穏

記事を読む

『格闘する者に◯(まる)』三浦しをん_書評という名の読書感想文

『格闘する者に◯(まる)』 三浦 しをん 新潮文庫 2005年3月1日発行 格闘する者に○ (

記事を読む

『太陽は気を失う』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『太陽は気を失う』乙川 優三郎 文芸春秋 2015年7月5日第一刷 太陽は気を失う &n

記事を読む

『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷 妻が椎茸だったころ

記事を読む

『田舎の紳士服店のモデルの妻』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『田舎の紳士服店のモデルの妻』宮下 奈都 文春文庫 2013年6月10日第一刷 田舎の紳士服店

記事を読む

『トリニティ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『トリニティ』窪 美澄 新潮文庫 2021年9月1日発行 トリニティ (新潮文庫) 織

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑