『地面師たち』(新庄耕)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『地面師たち』(新庄耕), 作家別(さ行), 新庄耕, 書評(さ行)

『地面師たち』新庄 耕 集英社文庫 2022年2月14日第2刷

そこに土地があるかぎり、奴らは必ず現れる - 。

ある事件で妻子を亡くした拓海は、大物地面師・ハリソン山中のもとで不動産詐欺を行っていた。次に狙うのは市場価格100億円という前代未聞の物件。一方、定年間近の刑事・辰は、彼らを追ううちにハリソンが拓海の過去に関わっていたことを知る。一か八かの詐欺取引、難航する捜査。双方の思惑が交錯した時、衝撃的な結末が明らかに - 。圧倒的なリアリティーで描く、新時代のクライムノベル。(集英社文庫)

あっという間に読み終えました。題材の面白さ。スリリングな展開に、圧倒的リアリティー。ページを繰る手が止まりません。手に汗握る場面の連続に、息もできない切迫感に。(奴の) 得体の知れない不気味さに。

(以下はTVドラマ演出家であり映画監督でもある大根仁氏の解説からの抜粋です)

小説を一気に読み終えたのは久しぶりのことだった。無論、最初は自分が知っている “積水ハウス地面師詐欺事件” と照らし合わせながら読み進めたが、すぐに新庄氏が紡ぐ “実際の事件を元にしたフィクション” の世界に飲み込まれていった。

導入は 「地面師詐欺とはなんぞや? 」 を読者にわかりやすく具体的に説明するパートから始まり、拓海という実際の地面師グループには存在しなかったであろうキャラクターを主人公として浮き上がらせ、徐々に主犯格・ハリソン山中を中心に地面師グループメンバーのキャラクターを紹介してゆく集団犯罪モノのお手本のような序盤構成。

クライムノベルには欠かせぬ “チェイサー(追う者)” として老刑事・辰の存在を匂わせながらも、拓海の過去を描くことでヒューマンドラマのボトム部分を構築し、更には拓海が地面師として一人前になってゆく過程を歪んだ成長物語として見せる。

特筆すべきは主犯格・ハリソン山中のキャラクター造形だ。元暴力団員という最低限のプロフィールだけは漂わせているが、インテリジェンスとマゾヒズムを共存させ、この世のどこにも所属せず、リーガルとイリーガルの概念すら感じさせない、それでいて犯罪集団のリーダーたりえるカリスマ性を持つハリソンは、これまでフィクションの世界で登場することのなかった、全く新しいヒール像と言っても過言ではないだろう。

個人的には、この物語を転がす両輪は拓海だが、エンジンそのものはハリソン山中と捉えた。これはまったくの邪推だが、新庄氏にとって主人公・拓海という存在は、ハリソン同様に使い捨て であり、既にハリソンを中心とした新たな物語を構想しているのではないだろうか? 無論、それはエピローグを読めば誰もが想像できることだが、私も含めて本書を読み終えた読者諸氏も、ハリソンの更なる、魔力溢れる悪行を望んでいるのではないだろうか?

※初めて読んだのが 『狭小邸宅』 で、次に読んだのが 『ニューカルマ』 でした。そこから随分時間が空きましたが、新庄耕という作家を忘れていたわけではありません。今回は文庫の新刊ですが、久しぶりに名前を見たような。そんな気がして手に取りました。

[積水ハウス地面師詐欺事件] 2017年、東京・五反田の廃旅館 「海喜館」 の土地を積水ハウスが購入した後に詐欺と判明し、55億5千万円という巨額の被害に遭ったとされる事件。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆新庄 耕
1983年京都府京都市生まれ。
慶応義塾大学環境情報学部卒業。

作品 「狭小邸宅」「カトク 過重労働撲滅特別対策班」「サーラレーオ」「ニューカルマ」等

関連記事

『すべて忘れてしまうから』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『すべて忘れてしまうから』燃え殻 扶桑社 2020年8月10日第3刷 ベストセラー

記事を読む

『明るい夜に出かけて』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『明るい夜に出かけて』佐藤 多佳子 新潮文庫 2019年5月1日発行 富山は、ある

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 妻を失った上に会社を追わ

記事を読む

『砂に埋もれる犬』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『砂に埋もれる犬』桐野 夏生 朝日新聞出版 2021年10月30日第1刷 ジャンル

記事を読む

『殺人出産』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『殺人出産』村田 沙耶香 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 今から百年前、殺人は悪だった。1

記事を読む

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日発行 読めば読

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷

記事を読む

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』(北川恵海)_仕事や人生に悩む若いあなたに

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年12月25日初版

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 クラスでは目

記事を読む

『69 sixty nine』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『69 sixty nine』村上 龍 集英社 1987年8月10日第一刷 1969年、村上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑