『ある女の証明』(まさきとしか)_まさきとしかのこれが読みたかった!

『ある女の証明』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年10月10日初版

ある女の証明 (幻冬舎文庫)

主婦の小浜芳美は、新宿でかつての同級生、一柳貴和子に再会する。中学時代、憧れの男子を奪われた芳美だったが、今は不幸そうな彼女を前に自分の勝利を噛み締めずにはいられない。しかし - 。二十年後、ふと盗み見た夫の携帯に貴和子の写真が・・・・・・・。「全部私にちょうだいよ」。あの頃、そう言った女の顔が蘇り、芳美は恐怖と怒りに震える。「きわこのこと」 改題。(幻冬舎文庫)

目次
第一章 2015年2月 衝突事故男性の死因窒息死と判明
第二章 2013年1月 「超熟女専門売春クラブ摘発
第三章 2012年7月 他人のベランダで暮らす男逮捕
第四章 2010年7月 パトカー追跡中電柱に衝突 女性重体
第五章 2009年2月 母親に強い恨みか 殺人容疑で長男逮捕
終章

要点はこうです。
五つの三面記事で報じられる事故や事件は、多少読者の目に留まるものであっても、深く人々の記憶に刻まれるほどのインパクトはありません。けれど、第一章の昇だけでなく、五十三歳になろうという小浜芳美が、摘発された 「超熟女専門売春クラブ」 で働くことになるまでの経緯を、その別れた夫であり、かつては誰もが知る保険会社の部長代理まで務めた布施則男が、無職となり 「他人のベランダで暮らす」 ことになった理由を、ふたりの幼い子を持つ平凡な主婦であったはずの小見山香織が 「パトカーに追跡され電柱に衝突」 する事態を引き起こすまでを、そして大学生の山田航太が 「母親を刺し殺し逮捕」 された背景を、作家であるまさきとしかさんは、丁寧に描いていく。いくつもの証言から貴和子の姿を浮かび上がらせる、というだけでなく、わずか数行で伝えられ、すぐに忘れ去られかねなかった彼らの人生を、生々しく、人間臭く立ち上がらせていくのです。

おそらく、女性ふたりの白骨化した遺体が発見されたという最後の記事の意味を知りたくて、これから再読してみよう、と考えている人も少なくないでしょう。主に三章と五章を読み返せば、きっと自分なりの答えは見つかるはず。
けれど、その謎を解いたと思った瞬間、貴和子の謎はまたひとつ深まる。
(藤田香織/解説より)

赤信号で停まっているとき、いま西南西を向いていないだろうか、と思い当たる。昇は助手席のレジ袋に手を伸ばした。朝食を食べていないため空腹だった。
次の信号を曲がれば、西南西ではなくなってしまう。急がなければ。
不動産会社の隣のコンビニに貼ってあったポスターを思い出す。こんな恥ずかしいことは多恵の前ではできない。
自分の願いごとはなんだろう。言葉に置き換えることはできないが、心の芯でわかっている気がした。
信号が青になった。アクセルを踏みながら西南西に向かって、昇は恵方巻きにかぶりつく。(第一章 「2015年2月 衝突事故男性の死因 「窒息死」 と判明」 より)

よりにもよって 「窒息死」 が運転中にかぶりついた恵方巻きのせいだとは・・・・。滑稽さと併せ、如何にも悲哀を感じる昇の人生の結末に、人は何を思うのでしょう。

少なくとも私は笑えません。彼の、その結末に至る経緯を既に知っているからです。知ると、昇にとってそれはむしろ僥倖ではなかったかとさえ思えてきます。年甲斐もなく浮き立つ昇の気持ちは断ち難く、おそらく彼は、運良く “死ねた” のだろうと。

そんなことはどこにも書かれていません。70歳を超えた昇は、娘のような年齢の、何処の誰とも知れぬ多恵という女と所帯を持とうとしていました。「きわこのこと」 は、最初、昇の忘れがたい記憶として語られます。そこから、この物語は始まっていきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

ある女の証明 (幻冬舎文庫)

◆まさき としか
1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。

作品 「夜の空の星の」「完璧な母親」「いちばん悲しい」「途上なやつら」「熊金家のひとり娘」「ゆりかごに聞く」「屑の結晶」他

関連記事

『あの女』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『あの女』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2015年4月25日初版 あの女 (幻冬舎文庫) &n

記事を読む

『青色讃歌』(丹下健太)_書評という名の読書感想文

『青色讃歌』丹下 健太 河出書房新社 2007年11月30日初版 青色讃歌  

記事を読む

『映画にまつわるXについて』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『映画にまつわるXについて』西川 美和 実業之日本社文庫 2015年8月15日初版 映画にまつ

記事を読む

『グ、ア、ム』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『グ、ア、ム』本谷 有希子 新潮文庫 2011年7月1日発行 グ、ア、ム (新潮文庫)

記事を読む

『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その2)

『風の歌を聴け』(書評その2)村上 春樹 講談社 1979年7月25日第一刷 風の歌を聴け (講談

記事を読む

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 もう「はい」

記事を読む

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 アンチェルの蝶 (光文社文

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『おらおらでひとりいぐも』(若竹千佐子)_書評という名の読書感想文

『おらおらでひとりいぐも』若竹 千佐子 河出書房新社 2017年11月30日初版 おらおらでひ

記事を読む

『走れ! タカハシ』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『走れ! タカハシ』村上龍 講談社 1986年5月20日第一刷 走れ,タカハシ! (講談社文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月1

『文庫版 オジいサン』(京極夏彦)_なにも起きない老後。でも、それがいい。

『文庫版 オジいサン』京極 夏彦 角川文庫 2019年12月25日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑