『私が殺した少女』(原尞)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/03/11 『私が殺した少女』(原尞), 作家別(は行), 原尞, 書評(わ行)

『私が殺した少女』 原 尞 早川書房 1989年10月15日初版


私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

私立探偵沢崎の事務所に電話をしてきた依頼人は、面会場所に目白の自宅を指定していた。沢崎はブルーバードを走らせ、依頼人の邸宅へ向かう。だが、そこで彼は、自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれていることを知る・・・・・・・緻密なストーリー展開と強烈なサスペンスで独自のハードボイルド世界を確立し、日本の読書界を瞑目させた直木賞・ファルコン賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

完成までに1年半、原尞二作目の大傑作。ハードボイルド探偵小説の極みといえる一冊です。ぜひとも堪能してみてください。

物語は、こんな書き出しで始まります。ここからすでにハードボイルドで、先が読みたくてたまらなくなります。

午前中に受けた電話での依頼。私は、西新宿のはずれにある事務所を出て依頼人の自宅がある目白へ愛車のブルーバードを走らせる。指定された時間に遅れないように、靖国通りから明治通りへ左折した。道路は混まず、車はいつになく快調だった・・・・・・・だが、私のツキもそこまでだった。まるで拾った宝くじに当たったように不運な一日は、その電話で始まったのだ・・・・・・・

※90年2月に11刷。文庫化され、それも2013年4月には21刷。遅筆で寡作の人ですが、出れば必ず版を重ねています。

 

この本を読んでみてください係数  95/100


私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

◆原 尞

1946年佐賀県鳥栖市生まれ。

九州大学文学部美学美術史科卒業。

大学卒業後に上京、フリーのジャズピアニストとして活動の後、帰郷して執筆活動に専念。

作品 「そして夜は甦る」「私が殺した少女」「天使たちの探偵」「さらば長き眠り」「愚か者死すべし」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『おはなしして子ちゃん』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『おはなしして子ちゃん』藤野 可織 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 おはなしして子ちゃ

記事を読む

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷 主よ、永遠の休息を

記事を読む

『ひゃくはち』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ひゃくはち』早見 和真 集英社文庫 2011年6月30日第一刷 ひゃくはち (集英社文庫)

記事を読む

『それまでの明日』(原尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 それまでの明日 11月初旬のあ

記事を読む

『ロスト・ケア』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『ロスト・ケア』葉真中 顕 光文社文庫 2015年4月20日第6刷 ロスト・ケア (光文社文

記事を読む

『メタモルフォシス』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『メタモルフォシス』羽田 圭介 新潮文庫 2015年11月1日発行 メタモルフォシス (新潮文

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 国道沿いのファミレ

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『偏愛読書館/つかみどころのない話』(林雄司)_書評という名の読書感想文

『偏愛読書館/つかみどころのない話』林 雄司 本の話WEB 2016年5月12日配信 http:/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑