『嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2018年4月25日第6刷

嗤う淑女 (実業之日本社文庫)

その名前は蒲生美智留
女神なのか、悪魔なのか?

中学時代、いじめと病に絶望した野々宮恭子は従姉妹の蒲生美智留に命を救われる。美貌と明晰な頭脳を持つ彼女へ強烈な憧れを抱いてしまう恭子だが、それが地獄の始まりだった - 。名誉、金、性的衝動・・・・・・・美しく成長した美智留は老若男女の欲望を残酷に操り、運命を次々に狂わせる。連続する悲劇の先に待つものは? 史上最恐の悪女ミステリー! (実業之日本社)

一 野々宮恭子
二 鷺沼紗代
三 野々宮弘樹
四 古巻佳恵
五 蒲生美智留

野々宮恭子のクラスに、従姉妹の蒲生美智留が転校してきたのは中一の秋だった。美智留によって、イジメと再生不良性貧血という難病から救われた恭子は、美智留の美貌や明晰さに憧れ、心酔していく。やがてある出来事をきっかけに、二人は大きな秘密を共有するに至った。

時を経て、27歳になった美智留は 「生活プランナー」 を名乗り、経済的不安を抱える顧客へのコンサルタント業を行っていた。アシスタントは恭子だ。ストレス解消の散財によって借金を抱える銀行員の紗代、就職活動に失敗して家業を手伝う弘樹、働かない夫と育ちざかりの娘を抱え家計に困窮する佳恵・・・・・・・美智留は 「あなたは悪くない」 と解決法を示唆するが・・・・・・・。人々はどのようにして美智留の罠に墜ちてゆくのか。美智留とは何者なのか? (同ウェブサイトより)

世界は呪いに満ちている。 

所詮この世は理不尽で、得てして不幸は連続し、止まることがありません。人は - 殊更に幸福に飢えた凡人は、それでも来たるべき奇跡を願わずにはいられません。愚かな人間の前にこそ、蒲生美智留は現れます。

学生時代、醜さゆえに散々イジメにあった野々宮恭子は、その上命をも脅かす難病に見舞われます。救われたのはまぎれもなく美智留のおかげで、彼女に心酔する恭子の気持ちがわからぬではありません。但し、恭子のそれは度が過ぎて歪なものになっています。

鷺沼紗代と野々宮弘樹の場合は最悪で、銀行員として男性と肩を並べて働くも報われず、ブランド品の衝動買いでストレスを発散する紗代の気持ちはわからぬではありません。それにつけても限度があります。

家にいても安らげず、周囲に対し怒りをためこむばかりの弘樹については言語道断。自己実現できない原因は、すべからく彼自身にあります。不平不満の果てに人を殺そうなどとはあまりに愚かしく、何かが狂っているとしか思えません。

結婚相手を間違えたと思う古巻佳恵の場合はどうでしょう。大手企業をリストラされた後まるで働かなくなった夫に対し、彼女はどう対処すべきだったのでしょう? 困窮する家計に悩む彼女の気持ちはわかります。とは言え、その解決方法が、夫が死んで得られる保険金の額を破格に増やすことではなかったはずです。

動機やきっかけは様々あれど、アドバイスをするだけで、美智留は決して直接には手を下しません。やれと示唆することは全てが犯罪なのですが、言われた当人はそれが最良の方法だと、それしか今の苦境を逃れるすべがないと信じ込みます。

女神のような美智留が言う、”正当” でなおかつ甘美な言葉 - 凡庸な彼らは、求めるところの最大限の可能性を示唆する彼女の提言に、いとも容易く頷いてしまいます。

この本を読んでみてください係数 85/100

嗤う淑女 (実業之日本社文庫)

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「贖罪の奏鳴曲」「追憶の夜想曲」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「闘う君の唄を」「連続殺人鬼カエル男」他多数

関連記事

『ワーカーズ・ダイジェスト』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ワーカーズ・ダイジェスト』津村 記久子 集英社 2011年3月30日第一刷 ワーカーズ・ダイ

記事を読む

『地下の鳩』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『地下の鳩』西 加奈子 文春文庫 2014年6月10日第一刷 地下の鳩 (文春文庫) &

記事を読む

『私の頭が正常であったなら』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『私の頭が正常であったなら』山白 朝子 角川文庫 2021年1月25日初版 私の頭が正常であ

記事を読む

『くちびるに歌を』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『くちびるに歌を』中田 永一 小学館文庫 2013年12月11日初版 くちびるに歌を (小学館

記事を読む

『きりこについて』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『きりこについて』西 加奈子 角川書店 2011年10月25日初版 きりこについて (角川文庫

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 枯れ蔵 (新潮ミステリー倶楽部)

記事を読む

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』中山 七里 講談社文庫 2013年11月15日第一刷 贖罪の奏鳴曲

記事を読む

『翼がなくても』(中山七里)_ミステリーの先にある感動をあなたに

『翼がなくても』中山 七里 双葉文庫 2019年12月15日第1刷 翼がなくても (双葉文庫

記事を読む

『流浪の月』(凪良ゆう)_デジタルタトゥーという消えない烙印

『流浪の月』凪良 ゆう 東京創元社 2020年4月3日6版 【2020年本屋大賞 大賞受賞作

記事を読む

『追憶の夜想曲(ノクターン)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『追憶の夜想曲(ノクターン)』中山 七里 講談社文庫 2016年3月15日第一刷 追憶の夜想曲

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

『緑の我が家』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『緑の我が家』小野 不由美 角川文庫 2022年10月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑