『私のことならほっといて』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『私のことならほっといて』田中 兆子 新潮社 2019年6月20日発行

私のことならほっといて

彼女たちは、SEX以上の快感を知っている - 。一筋縄ではいかない女のエロスに迫る全7篇。

自分を裏切った男にリベンジするため、届けられた亡夫のアレを始末するため、ついには人類という種の保存のため・・・・・・・!? 愛する人に去られても、そもそも相手すらいなくても、あふれ出す衝動と愛に振り回される女たち。『甘いお菓子は食べません』 で圧倒的支持を得た著者が魅せる、涙が出るほど切なく可笑しい官能作品集。(新潮社)

女の官能がテーマの短編集であるせいか、収録された七本の短編には、軽薄な優男しか出てこない。男の頼りなさ、薄情さが女の主体性を引き出し、欲望を呼び起こすのだろう。

男が意図的にバカを演じているようにも思えるのは、軽薄であることが女性のエロスをかきたてることを知っているからか。それでも、女が満足するところになんて手が届かない。そこまで一生懸命になる気もない。結果、永遠に両者の願いが重なることはない。
だからエロいのだ。興奮するのだ。

かつての職場の後輩に関西学院大学を出た奴がいた。関西学院といえば関西ではそれなりに名の知れた大学で、並みの学力では入れない。奴も、そういう意味では優秀ではあった。

けれど優秀と有能は別物で、超が付くほど真面目な奴は、かえってその性格が災いし、期待ほどには仕事ができなかった。空気が読めず、先も読めない。地味で真面目で、面白味の欠片も無い。二十四にもなって好きな女の手さえ握れない。

読みながら、僕はずっと物語の視点人物である女と同化していた。あの彼にも、どの彼にも衝動が沸き起こった。それは、女に同化して男に興奮することであって、心地良い違和感と胃のあたりのもやもやが同居する。
でも突然、パッと俯瞰して主人公の女性を性的な欲望の対象として見ている時もある。
忙しい。こんなに穏やかで優しい文章なのに僕の心は忙しい。
主観と客観が入れ替わる。僕は誰なんだ。誰に興奮しているんだ。いや、何に興奮しているんだ。いや興奮しているわけではない。主人公と同化しているだけなんだ。実際に身体が反応しているわけでもない。気持ちが整理できない --。

ちょっと何が言いたいのか、わからない。その点女は賢明で、自分の気持ちに忠実で、余計なことは考えない。自分のため 「だけ」 に性と向き合っている。如何ともし難いが - 彼女たちは、「愛される」 以上の快感を知っている。

すると、どうだろう。記憶の断片とも呼べないような、忘れ去ったはずの邪な欲望が、罪悪感が、後悔が、次々と蘇ってくる。

ほとんど話したことがない、顔にアザがあったサッカー部の同級生のことをたまに思い出す。友達の、顔も覚えていない離婚した元妻のことをたまに考える。小学生の時の隣の席の勉強が出来る女子のキラキラした腕毛をはっきりと覚えている。そして、グラスを片手に大きな夢を語っている軽薄な優男は -- もしかして、いつかの僕か。

いつかの彼女にも、昔あったあれやこれやを思い出し、身もだえて眠れなくなるような、そんな夜があるのだろうか。全部を見透かされ、居ても立ってもいられなくなるような。突然誰かを、好きになるような。そんなことがあるのだろうか。

何を書いているんだ。
表題の 『私のことならほっといて』 のように、僕のことも、もうほっておいてほしい。

この本には、男であれ、女であれ、必ず自分がいる。自分とは違う性の、違う人生を生きる登場人物と同化することで、素の自分の欲望を感じることが出来る。たとえば男である僕は、女たちの本当の願いに、その時はじめて気づくことができるのだろう。(波 2019年7月号より抜粋/手塚マキ 「歌舞伎町ブックセンター」 オーナー)

この本を読んでみてください係数 85/100

私のことならほっといて

◆田中 兆子
1964年富山県生まれ。

作品「甘いお菓子は食べません」「劇団42歳♂」「徴産制」など

関連記事

『我が家の問題』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『我が家の問題』奥田 英朗 集英社文庫 2014年6月30日第一刷 我が家の問題 (集英社文庫

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 月桃夜 (新潮文庫nex) この世

記事を読む

『嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2018年4月25日第6刷 嗤う淑女 (実業之日本

記事を読む

『君は永遠にそいつらより若い』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『君は永遠にそいつらより若い』津村 記久子 筑摩書房 2005年11月10日初版 君は永遠にそ

記事を読む

『とにかくうちに帰ります』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『とにかくうちに帰ります』津村 記久子 新潮社 2012年2月25日発行 とにかくうちに帰りま

記事を読む

『蓮の数式』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『蓮の数式』遠田 潤子 中公文庫 2018年1月25日初版 蓮の数式 (中公文庫) 35歳の

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 笑う山崎 (ノン・ポシェット)

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 太陽の坐る場所 (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月1

『文庫版 オジいサン』(京極夏彦)_なにも起きない老後。でも、それがいい。

『文庫版 オジいサン』京極 夏彦 角川文庫 2019年12月25日初

『 i (アイ)』(西加奈子)_西加奈子の新たなる代表作

『 i (アイ)』西 加奈子 ポプラ文庫 2019年11月5日第1刷

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑