『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷


妻が椎茸だったころ (講談社文庫)

オレゴンの片田舎で出会った老婦人が、禁断の愛を語る「リズ・イェセンスカのゆるされざる新鮮な出会い」。暮らしている部屋まで知っている彼に、恋人が出来た。ほろにがい思いを描いた「ラフレシアナ」。先に逝った妻がレシピ帳に残した言葉が、夫婦の記憶の扉を開く「妻が椎茸だったころ」。卒業旅行で訪れた温泉宿で出会った奇妙な男「蔵篠猿宿パラサイト」。一人暮らしでなくなった伯母の家を訪ねてきた、甥みたいだという男が語る意外な話「ハクビシンを飼う」。5つの短篇を収録した作品集。第42回泉鏡花賞受賞。(アマゾン内容紹介より)

「ラフレシアナ」
ネペンテス・ラフレシアナは本来、東南アジアなどの熱帯ジャングルに自生する植物である。低温に弱く、たいへん高い温度を好む。低地の湿地や熱帯雨林の開けた草原や崖地に生育し、ほぼ毎日のようにスコールを浴びているという。

ハエトリ草の一種であるネペンテスは、虫を飲み込んで栄養にするいわゆる食虫植物で、立花一郎が〈ピッチャー〉と呼んだそれは昔の魔法瓶のような形で、ハート型をした蓋を持っています。蓋の裏には蜜らしき水滴がついています。

蓋のすぐ下の丸く開いた口には、つやつやした縁取りがあり、蜜に引き寄せられた虫は、襟と呼ばれる縁の部分に止まろうとするのですが、ひどく滑りやすくて、うっかり足を取られた獲物は、一気に壺の中に落ちるのだといいます。

ピッチャーの底には消化液があり、袋の内側には産毛のようなものが下を向いて生えていて、落ちた虫は二度と這い上がってこられない、死を待つのみです - 立花一郎はそう言い、亜矢に対し二週間、そんなネペンテスの世話をしてほしいと頼みます。

謂れない、とても他人にものを頼もうという態度ではなく、むしろやや人を小馬鹿にしたようなもの言いに、最初彼女は断ろうとします。しかし、如何にも不器用に見える立花に、他に頼む人がいないのだろうと、結局亜矢は花の世話を引き受けることになります。

二人は、知人の企画したパーティーでつい先日知り合ったばかりです。アカの他人同士で、たまたま住んでいる所が近かった。それだけの関係でしかありません。

亜矢は最初立花一郎のことを、気の毒ではあるけれど彼ばかりは生涯、女には無縁だろうと思っています。それくらい立花は変わった男で、(パーティーだというのに)いつも独りだったのです。ところが、その立花に恋人ができたと聞かされて、彼女はひどく驚きます。

パーティーを開いた友人からそのことを聞かされた数日後、亜矢が街中で彼とその恋人を見かけた時、思わず彼女は息を呑みます。

ああ、こういうことだったのかと思った。それならわかる。それなら理解できる。あの人ならやりかねない。そういうことも、あるだろう。しかしだからといって、驚きの気持ちは去らなかった。なぜなら、彼の恋人は、ネペンテス・ラフレシアナだったからだ。

それはもう似ているとか、そういうレベルの話ではなく、ネペンテス・ラフレシアナそのものなのでした。

ずんぐりした胴体、赤銅色の斑点が覆う黄緑色の体、びらびらした気味の悪い唇、趣味の悪いハート型の帽子。あんな巨大なラフレシアナのピッチャーを、彼はどこで見つけたのだろうかと、亜矢はあ然となって見つめています。

立花一郎の彼女となったネペンテス・ラフレシアナは、ずいぶん派手な、意地悪そうな顔をしています。- まずあの、びらびらした唇がよくない。胴長で腹が出ているところも品がない。

それでも、まるで意に介する様子もなく、ピッチャーの蔓の部分と仲良く手を繋ぎ、むやみにうれしそうに、そして堂々と闊歩する姿に - それは滑稽そのもので、笑わざるを得ない光景ではあったのですが、

眺める亜矢は、(世話を頼まれていたものよりはるかに)不細工なネペンテス・ラフレシアナに、彼女を横に、喜々としている立花一郎に、おそらくは、言い様のない嫉妬心を抱いています。

※この話がちょっと怖いと思うのは、実はこの後。亜矢の正体が知れたときです。他の作品も同様、上質な中島京子版「世にも奇妙な物語」を存分にご堪能ください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


妻が椎茸だったころ (講談社文庫)

◆中島 京子
1964年東京都生まれ。
東京女子大学文理学部史学科卒業。

作品 「FUTON」「イトウの恋」「均ちゃんの失踪」「冠・婚・葬・祭」「小さいおうち」「眺望絶佳」他多数

関連記事

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 中国行きのスロウ・

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 つやのよる 男ぐるいの女がひと

記事を読む

『月と雷』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『月と雷』角田 光代 中央公論新社 2012年7月10日初版 月と雷 (中公文庫) &n

記事を読む

『追憶の夜想曲(ノクターン)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『追憶の夜想曲(ノクターン)』中山 七里 講談社文庫 2016年3月15日第一刷 追憶の夜想曲

記事を読む

『切り裂きジャックの告白』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『切り裂きジャックの告白』中山 七里 角川文庫 2014年12月25日初版 切り裂きジャックの

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『綴られる愛人』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『綴られる愛人』井上 荒野 集英社文庫 2019年4月25日第1刷 綴られる愛人 夫に

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下 奈都 集英社文庫 2013年1月25日第一刷 太陽のパスタ、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑