『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行

カレーライス 教室で出会った重松清 (新潮文庫)

おとなになっても忘れられない」 「あの場面の続きを読みたかった
教科書や問題集でおなじみの九編の名作集

教科書で読んだ物語は、あの日の学校にタイムスリップさせてくれる。給食の味が、放課後の空気が、先生や友だちの声が、よみがえってくる - 。学習教材にたびたび登場する著者の作品のなかから、「カレーライス」 「あいつの年賀状」 「もうひとつのゲルマ」 の文庫初登場三作を含む九つの短編を収録。おとなになっても決して忘れることはない、子どもたちの心とことばを育ててくれた名作集。(新潮文庫)

「千代に八千代に」 は、千代さんと八千代さんという、共に百歳に近いおばあちゃんが登場します。二人は、仲がいいのか悪いのか、よくわかりません。

もうひと組。この話には、小学校時代からの親友の、トモちゃんとスミちゃんが登場します。こちらの二人の関係も、何だかはっきりしません。

トモちゃんは小学校の卒業式の答辞につづき、中学の入学式でも新入生代表で挨拶をして、クラスでも当然のごとく代表委員に選ばれた。

でも、六月に入って、立場がちょっとヤバくなった。別の小学校から来たタカコちゃんたちのグループがトモちゃんのことを生意気だと言いだしたのがきっかけになって、そうそうそう、ほんとだよね と賛成する子がびっくりするほど多くて、クラスの女子の半数以上が参加したシカト包囲網 - みんなで無視するイジメの態勢ができあがりつつある

さすがのトモちゃんもあせったのだろう、小学校の頃にもましてわたしに親友だよねを連発するようになり、おせっかいの度合いもどんどん深まってきて・・・・・・・三日前に、とんでもないことをやってくれた。

小学四年生の頃からずっとわたしが片思いしていたカタギリくんに、「スミちゃんのこと、どう思う? 」 と訊いた。頼んでなんかいないのに。そんなこと、ぜーったいにしてほしくなかったのに。

だって、わたしはカタギリくんのことが好きだから、好きなひとの好きな相手ぐらいわかるから。トモちゃんだって、それ、うすうす感付いているはずなのに。

トモちゃんは あのね、カタギリくんって、いま好きな子がいるんだってと、わたしのぶんまで寂しそうな顔になって言った。ほんとうは、好きな子って誰?とわたしが訊くのを待っていたはずだ。そうすれば、トモちゃんはきっと困った顔になって、申し訳なさそうな顔にもなって、でもうれしさをうっすらと頬ににじませるだろう。

わたしが黙りこくると、トモちゃんは 元気出してと励ますように笑った、その瞬間 - キレた。

あんたなんか大っ嫌い!
ついに言った。言えた。三日たったいまでも信じられない。きっと、トモちゃんのほうがもっと信じられないんだと思うけど。

わたしは間違ってない。
ぜったいに。
でも・・・・・・・どうして、トモちゃんから電話がかかってくるのを待ってるんだろう・・・・・・・。
(本文より P30 ~ 32)

もしもあなたが大人の女性なら、思い出してみてください。この年頃だったあなたは、ひょっとすると 「トモちゃん」 だったかも知れません。

あるいは逆に 「スミちゃん」 で、勉強も普通、容姿も普通、特に目立ったところがない女の子だったのかも知れません。いつも誰かの後ろにいて、何かを主張するなどということは滅多になかったのかも知れません。

どうでしょう。二人は、果たして親友と言えるでしょうか? それとも、何か別の関係なのでしょうか・・・・・・・

千代おばあちゃんと八千代おばあちゃんの例を参考に、考えてみてください。二人はずっと仲良しだというのですが、どう見てもそんなふうには思えません。

この本を読んでみてください係数 85/100

カレーライス 教室で出会った重松清 (新潮文庫)

◆重松 清
1963年岡山県津山市生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

作品「定年ゴジラ」「カカシの夏休み」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「ナイフ」「星のかけら」「また次の春へ」「ゼツメツ少年」他多数

関連記事

『不連続殺人事件』(坂口安吾)_書評という名の読書感想文

『不連続殺人事件』坂口 安吾 角川文庫 1974年6月10日初版 不連続殺人事件 (角川文庫)

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

『♯拡散忌望』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『♯拡散忌望』最東 対地 角川ホラー文庫 2017年6月25日初版 拡散忌望 (角川ホラー文庫

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『カンガルー日和』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『カンガルー日和』村上 春樹 平凡社 1983年9月9日初版 カンガルー日和 (講談社文庫)

記事を読む

『教場2』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場2』長岡 弘樹 小学館文庫 2017年12月11日初版 教場 2 (小学館文庫) 必要

記事を読む

『凶犬の眼』(柚月裕子)_柚月裕子版 仁義なき戦い

『凶犬の眼』柚月 裕子 角川文庫 2020年3月25日初版 凶犬の眼 (角川文庫) 広

記事を読む

『この世の全部を敵に回して』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この世の全部を敵に回して』白石 一文 小学館文庫 2012年4月11日初版 この世の全部を敵

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 恋 (新潮文庫) 1972年冬。全

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑