『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

ホワイトラビット(新潮文庫)

兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付けられ、自由を奪われ、さらに家族には秘密があった。連鎖は止まらない。ある男は夜空のオリオン座の神秘を語り、警察は特殊部隊SITを突入させる。軽やかに、鮮やかに。「白兎事件」 は加速する。誰も知らない結末に向けて、驚きとスリルに満ちた、伊坂マジックの最先端! (新潮文庫)

最初に言っておきます。これは恐ろしく手の込んだミステリーです。

作中では誘拐や殺人、詐欺や籠城事件などが起こります。登場する本人たちは極めて真剣なのですが、語りは概ね軽妙で、時にコミカルでさえあります。

物語が始まってすぐ、あるキャラクターにこんなことを言わせる。
あの小説って、ところどころ、変な感じですよね。急に作者が、これは作者の特権だから、ここで話を前に戻そうとか、ずっとあとに出てくるはずの頁のために、ひとつ断っておかねばならないとか、妙にしゃしゃり出てきて

あの小説とは、ヴィクトール・ユゴーのレ・ミゼラブルのことなのだが、それは同時に、ホワイトラビット のことでもある。作者は開幕してすぐに、ホワイトラビット変な小説であることを、自ら告げるのだ。読者が 変な感じを抱くより前に、半歩先回りしてそれを宣言する。(解説よりby小島秀夫)

「どんな小説ですか? 」 と訊かれても、上手く答える自信がありません。何層にも連なっていく背景に、一体どこが帰結なんだと。

物語には、人を殺しておきながらそれを隠して生きている、そんな人物が二人も登場します。しかも彼らは 「本当の悪人」 ではありません。(これってどうよ? という感じ)

東京都内の路上で車を停めた兎田孝則は、冬の夜空を見上げ、妻の綿子ちゃん から聞いたオリオンの神話を思い出していた。巨人のオリオンは狩りの名手だったが、女神に送り込まれたサソリに刺されてしまう。だからサソリ座が見え始めると、オリオン座は逃げるように沈む、というエピソードだ。

やがて仲間が戻ってくると、車をスタートさせる。その後部には、誘拐した女性が梱包されて横たわっている。兎田たちは、誘拐を生業とする ベンチャー企業のようなものの一員なのだ。しかし彼らのグループには、ちょっとしたトラブルが発生していた。オリオオリオなるコンサルタントによって、組織の金を騙し取られてしまったのだ。取引先に送金する期限が迫っており、なんとしてもその金を奪還しなければならない。それを命じられたのは兎田。愛しい綿子を人質に取られ、オリオオリオを探すように仕向けられてしまう。誘拐犯が身内を誘拐されてしまうのだ。

そのオリオは、オリオン座と言えば、オリオと評されるほどのオリオン座オタクだった。物語は、まさに変な冒頭から始まる。(同解説より)

※この作品は、同時進行する物語を描いています。みなさん、著者の語りに騙されてはいけません。

この本を読んでみてください係数 85/100

ホワイトラビット(新潮文庫)

◆伊坂 幸太郎
1971年千葉県生まれ。
東北大学法学部卒業。

作品 「オーデュポンの祈り」「アヒルと鴨のコインロッカー」「死神の精度」「ゴールデンスランバー」「グラスホッパー」「重力ピエロ」「AX」他多数

関連記事

『太陽は気を失う』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『太陽は気を失う』乙川 優三郎 文芸春秋 2015年7月5日第一刷 太陽は気を失う &n

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『ボクたちはみんな大人になれなかった』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻 新潮文庫 2018年12月1日発行 ボクたちは

記事を読む

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 逢魔が時に会いま

記事を読む

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』大石 圭 光文社文庫 2019年2月20日初版 奴隷商人

記事を読む

『AX アックス』(伊坂幸太郎)_恐妻家の父に殺し屋は似合わない

『AX アックス』伊坂 幸太郎 角川文庫 2020年2月20日初版 AX アックス (角川文

記事を読む

『モルヒネ』(安達千夏)_書評という名の読書感想文

『モルヒネ』安達 千夏 祥伝社文庫 2006年7月30日第一刷 モルヒネ (祥伝社文庫)

記事を読む

『ポトスライムの舟』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポトスライムの舟』津村 記久子 講談社 2009年2月2日第一刷 ポトスライムの舟 (講談社

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 陽だまりの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『夏と花火と私の死体』(乙一)_書評という名の読書感想文

『夏と花火と私の死体』乙一 集英社文庫 2000年5月25日第一刷 夏と花火と私の死体 (集英

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑