『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 『空中ブランコ』(奥田英朗), 作家別(あ行), 奥田英朗, 書評(か行)

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷


空中ブランコ (文春文庫)

 

奥田英朗が好きである。

 

『最悪』『邪魔』とクライム・ノベルの傑作の後に奥田英朗が書いたものは、それまでの作風とは全く違う趣きの小説でした。

『空中ブランコ』は先に発表された『イン・ザ・プール』に続いて、精神科医・伊良部一郎が巻き起こす奇想天外なドタバタ劇をコミカルに描いた短編集です。

奥田英朗はこの作品で直木賞を受賞するのですが、守備範囲の広さというか、持ちネタの豊富さというのか、何人もの作家の資質を併せ持っているような人です。

どこかのエッセイの中に「私はウケることが何より好きだ」と書いていますが、その本来の性向が存分に発揮された作品だと思います。

ともかく主人公の伊良部一郎という医者がバカげており、およそ医者らしからぬ人物なのです。体重は100キロを優に超え、色白のアザラシを思わせる風貌、
やたらビタミン注射を打ちたがる、もうじき40になろうかという歳とはおよそかけ離れた子供みたいな男なのです。
そうです、子供といえば最初伊良部は小児科医になるべく研修に励んでいたのです。ところが、患者の子供と真剣に喧嘩してしまうことがクレームになり、
精神科へ転科させられるというエピソードの持ち主でもありました。

そもそも、伊良部はなぜ医者になれたのか?
それは秋篠宮殿下御成婚の特赦ではないか、いや偏に親父の力だと同級生は好き放題に噂します。伊良部は、伊良部総合病院の跡取り息子であり、
父親は日本医師会の有力者なのです。国家試験に通った理由に至っては、フリーメーソンの関与説まで出てくる無茶苦茶さです。
シルクの白衣をあつらえ、野良猫を捕まえてはビタミン注射を打っていた伊良部は、大学時代から話題の宝庫だったのです。
・・・・・・・・・・
それぞれの症状を抱えながら、主人公たちは伊良部総合病院の精神科を訪ねます。
跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症で刃物が怖いヤクザ、イップスのせいで上手く投げられないプロ野球選手などが治療にやって来るのですが、
妙なハイテンションで伊良部の出迎えを受けた誰もが面食らって、すぐに太い注射を打とうとする妙に色っぽい看護婦に慌てます。
患者の相談を軽い調子で受け流し、あくまで自己中心の伊良部に、最初は唖然としながらも徐々にペースに嵌っていく患者たちが読んでいて滑稽です。

伊良部のペースは終始変わらないどころか、病院を抜け出しては患者のところへ出向き、およそ想像もつかない行動に出ます。
空中ブランコに夢中になり最後にはサーカスショーに特別出演するわ、対立するヤクザと平気に渡り合ったりする始末です。
しかし、およそ治療とは思えないドタバタの果てに、患者たちの症状は不思議と快方に向かい元気を取り戻していくのでした。

ドタバタの顛末を、爆笑とともにお楽しみください。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


空中ブランコ (文春文庫)

◆奥田 英朗

1959年岐阜県岐阜市生まれ。

岐阜県立岐山高等学校卒業。プランナー、コピーライター、構成作家を経て小説家としてデビュー。

作品 「ウランバーナの森」「最悪」「邪魔」「東京物語」「イン・ザ・プール」「町長選挙」「ララピポ」「オリンピックの身代金」「ナオミとカナコ」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『結婚』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『結婚』井上 荒野 角川文庫 2016年1月25日初版 結婚 (角川文庫)  

記事を読む

『ことり』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ことり』小川 洋子 朝日文庫 2016年1月30日第一刷 ことり (朝日文庫) &nb

記事を読む

『るんびにの子供』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『るんびにの子供』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 るんびにの子供

記事を読む

『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版 GIVER 復讐の贈

記事を読む

『隠し事』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『隠し事』羽田 圭介 河出文庫 2016年2月20日初版 隠し事 (河出文庫) &nbs

記事を読む

『ここは私たちのいない場所』(白石一文)_あいつが死んで5時間後の世界

『ここは私たちのいない場所』白石 一文 新潮文庫 2019年9月1日発行 ここは私たちのいな

記事を読む

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 シャイロックの子

記事を読む

『むらさきのスカートの女』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『むらさきのスカートの女』今村 夏子 朝日新聞出版 2019年6月20日第1刷 むらさきのス

記事を読む

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『ひりつく夜の音』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『ひりつく夜の音』小野寺 史宜 新潮文庫 2019年10月1日発行 ひりつく夜の音 (新潮文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑