『死にぞこないの青』(乙一)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 『死にぞこないの青』(乙一), 乙一, 作家別(あ行), 書評(さ行)

『死にぞこないの青』乙一 幻冬舎文庫 2001年10月25日初版


死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)

飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。(幻冬舎文庫)

アオは頻繁に僕の視界へ現れた。アオというのは、僕がその子につけた名前であり、本当の名前をなんというのか知らなかった。顔が真っ青だから、アオである。

彼はいつも僕のほうを見ていた。窓際や運動場の端に、まるでだれかに取り残されたような格好でぽつんと立ちすくんでいる。校舎の中、みんなの行き交う廊下の真ん中にいることもあった。人通りが激しくても、彼は押されてよろめいたりしない。空気のようにじっとしていた。

小学5年生になったマサオは、新しい担任の羽田先生のことを、最初とても良い先生だと思っています。羽田先生には他の大人にない寛容さがあり、クラスの子供たちにもすぐに溶け込んで、それはやがて教頭先生の知るところともなります。

ところが、ある時期を境にして、羽田先生の態度は徐々に変化していきます。みんなが真面目に聞いていなかったのを理由に強引に授業を延長するであるとか、クラスのある女子が後ろの席の子に顔を向けて話をしているのを発見すると、突然に、

「ちゃんと聞きなさい! 」と、爆弾が投下されたような大声で叫ぶようになります。抜き打ちテストをし、点数がひどかった子の家に、その夜、電話をしたりするようになります。

「こうでもしないと、みんな、勉強をしないじゃないか。先生は、みんなのためを思ってこうしているんです」授業中、先生はそう言うのでした。なぜみんなわかってくれないのかと嘆くのですが、みんなの間では、少しずつ羽田先生の評判は悪くなっていきます。

時を同じくして、羽田先生のマサオへの態度が明らかに冷たくなります。マサオは羽田先生が自分のことを嫌いなんじゃないかと思うようになります。マサオを見ると先生は少し嫌そうな顔をします。他の子に向ける笑顔とは別の表情でマサオを見るようになります。

マサオは、たびたび羽田先生に叱られるようになります。しかし、その理由がわかりません。気のせいだと思いたかったのですが、日を追うごとに、(マサオの中では)それは確信に変わっていきます。

羽田先生は怒鳴り声をあげてマサオを怒るわけではなかったのですが、それでもマサオは恐怖を感じます。マサオが何か失敗するのを先生は待ち構えており、ついに彼がちょっとしたミスをした瞬間、ほら見たことかとそこをつつくのでした。

そんな毎日の、ある日の体育の授業でのこと。そのとき、マサオは運動場の端に、青い男の子がいるのを見つけます。服装が青かったわけではありません。顔が真っ青だったのです。背は低くて、ぽつんと立っている、マサオはその子を「アオ」と名付けます。

はじめて見たときずっと遠くにいたアオは、日を追うごとにマサオのそばへ近づいてきます。顔が青いというのは病気で顔色が悪いというのではなく、文字通り肌が真っ青だということ。顔は傷だらけで、縦横に傷跡が走り、ナイフで切られたように見えます。

片耳と頭髪がなく、だれかに殺ぎ落とされたようで、あるべき場所はつるつるの、ただの皮膚です。右目は塞がっています。どうやら、瞼を接着剤でくっつけられているに違いありません。

アオは右目を開けたがっているように見えますが、接着された皮膚が引っ張られ、顔は奇妙に歪んで見えます。唇には紐が通されています。まるで紐靴のように、上の唇と下の唇に穴を開けて縫われています。そのために口を開けられず、呼吸はおそらく鼻で行っているようです。

上半身にはおかしな服を着せられています。それが拘束服であるのを、マサオは以前テレビの映画で見て知っています。両腕はすっかり動かせない格好で、下はブリーフだけ。二本の、あきらかに栄養が足りない干からびた細い足で、よろよろと地面に立っています。

あまりに現実離れしたその姿は、怪物のように思えた。存在感は濃く、視界の中にいると、たとえそれが遠い場所であったとしてもすぐに気づいた。アオの視線は重さと熱を持っており、他のだれのものともちがっていた。彼が僕を見ていたら、すぐに気づく。

なぜ、アオが僕を見ているのか - マサオはそのうち段々と、その訳を知るようになっていきます。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)

 

◆乙一
1978年福岡県生まれ。本名は安達寛高。
豊橋技術科学大学工学部卒業。

作品 「失踪 HOLIDAY」「銃とチョコレート」「夏と花火と私の死体」「GOTH リストカット事件」「暗いところで待ち合わせ」「ZOO」「箱庭図書館」他多数

関連記事

『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版

記事を読む

『さよなら、ニルヴァーナ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ニルヴァーナ』窪 美澄 文春文庫 2018年5月10日第一刷 さよなら、ニルヴァー

記事を読む

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 死んでいない者 &nb

記事を読む

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版

記事を読む

『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版 すべての男は

記事を読む

『人生相談。』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『人生相談。』真梨 幸子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 人生相談。 (講談社文庫)

記事を読む

『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井 志麻子 角川書店 1999年10月30日初版 ぼっけえ、きょうて

記事を読む

『にぎやかな湾に背負われた船』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『にぎやかな湾に背負われた船』小野 正嗣 朝日新聞社 2002年7月1日第一刷 にぎやかな湾に

記事を読む

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『向田理髪店』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『向田理髪店』奥田 英朗 光文社 2016年4月20日初版 向田理髪店  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑