『満月と近鉄』(前野ひろみち)_書評という名の読書感想文

『満月と近鉄』前野 ひろみち 角川文庫 2020年5月25日初版

満月と近鉄 (角川文庫)

小説家を志して実家を飛び出し生駒山麓のアパートに籠っていた私は、宝山寺の小道で謎めいた女性に出会う。万巻の書物に囲まれて暮らす佐伯さんは、厳しい読み手でもあった。私は彼女に認められたい一心で小説を書き続ける (「満月と近鉄」)。奈良を舞台に繰り広げられるロマンと奇想に満ちた4篇。本作を発表ののち沈黙を守る鬼才、唯一の著作。森見登美彦との対談を追加収録。解説・仁木英之 (『ランボー怒りの改新』 改題)

いろいろ好みはありますが、中でも私はこの手の話が大好きで、何気に本屋に行くと、ある日突然、それは私のためにあるように、読めと言わんばかりに、こんな本に出合うことがあります。

[目次]
・佐伯さんと男子たち1993
・ランボー怒りの改新
・ナラビアン・ナイト 奈良漬け商人と鬼との物語
・満月と近鉄

まさか第一話の 「佐伯さん」 とは別人だと思うのですが、「満月と近鉄」 に登場する 「佐伯さん」 もまた滅多にいない不思議な人で、その上美形とくれば、これはもう “男のロマン” 以外の何ものでもありません!

「満月と近鉄」 より - 前野弘道、18歳の夏の物語 -

その日初めて、私は佐伯さんの暮らす山荘へ招待された。
夏草の生い茂る山道を辿って石の門を抜けると、やがて不思議な一軒家の前へ出た。三角屋根の小さな西洋風の建物は、草深い山奥には似合わない感じだった。

「意外にステキなところやろ」
彼女は私の手を引いて家に入った。
廊下の突き当りにある大図書室に足を踏み入れたとき、私は茫然としてしまった。
ドアと窓を除いたすべての壁が天井まで造り付けの書棚になっていて、おびただしい数の本が収められていた。

・・・・・・・佐伯さんがノートの頁をめくる音と、竹林のざわめきだけが聞こえた。
やがてノートを読み終えた彼女はころころと転がってきた。
我々は横にならんで天井を見上げた。

「今日は風が強いなあ」
佐伯さんは呟いた。「山が鳴ってるわ」
「その小説、合格ですか」
私は訊ねたが佐伯さんは答えなかった。そのかわりに彼女は腕をニュッと伸ばして、私の鼻先に近づけた。雨に濡れた新鮮な若葉のような香りがした。

「竹林の匂いがするやろ」
「たしかにそんな匂いがする」
佐伯さんは身を起こし、スッと身体を引き抜くように服を脱いだ。
そして驚いている私に身を寄せてきた。(本文より抜粋/一部略)

※これは必ず最後に読むように。できればちゃんと順番に 「佐伯さんと男子たち1993」 から読むようお願いします。

この本を読んでみてください係数  85/100

満月と近鉄 (角川文庫)

◆前野 ひろみち
奈良県生まれ。

高校卒業後、作家を志すも挫折し、大学卒業後は実家の畳店を継ぐ。2011年より同人誌 『NR』 に3本の短編を相次いで発表する。16年、これらの短編に書き下ろしを加えた単行本 『ランボー怒りの改新』(文庫化にあたり 『満月と近鉄』 と改題) でテビュー。オリジナリティを備えた作品群は高く評価されたが、その後は沈黙を守っている。

関連記事

『コンビニ人間』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『コンビニ人間』村田 沙耶香 文藝春秋 2016年7月30日第一刷 コンビニ人間 36歳未婚

記事を読む

『ある女の証明』(まさきとしか)_まさきとしかのこれが読みたかった!

『ある女の証明』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年10月10日初版 ある女の証明 (幻冬

記事を読む

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 デフ・ヴ

記事を読む

『すべて忘れてしまうから』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『すべて忘れてしまうから』燃え殻 扶桑社 2020年8月10日第3刷 すべて忘れてしまうから

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 村上春樹は、むず

記事を読む

『未必のマクベス』(早瀬耕)_書評という名の読書感想文

『未必のマクベス』早瀬 耕 ハヤカワ文庫 2017年7月25日発行 未必のマクベス (ハヤカワ

記事を読む

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行 ミーナの行進 (中公文

記事を読む

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷 カウントダウン (宝島

記事を読む

『身分帳』(佐木隆三)_書評という名の読書感想文

『身分帳』佐木 隆三 講談社文庫 2020年7月15日第1刷 身分帳 (講談社文庫)

記事を読む

『女ともだち』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『女ともだち』真梨 幸子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 女ともだち (講談社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑