『藍の夜明け』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2021/02/09 『藍の夜明け』(あさのあつこ), あさのあつこ, 作家別(あ行), 書評(あ行)

『藍の夜明け』あさの あつこ 角川文庫 2021年1月25日初版

藍の夜明け (角川文庫)

※本書は、2012年9月に講談社より刊行された単行本 『白兎3 蜃楼の主』 を加筆修正し、改題のうえ文庫化したものです。

悪夢を見た夜に必ず近所で起きる通り魔事件。眠っている間にいったい何が?

16歳になった翌朝、爾 (みつる) はひどい悪夢から目を覚ます。その手の平には寝る前にはなかった浅い傷と、指には長い髪の毛が絡みついていた。前夜、近所で起きた女性の通り魔殺人の報道を知り不安に駆られる爾。異変は次々起き、三度目の朝。爾は自分が脱いだTシャツから血の匂いをかぎ取る。そして少女の他殺体発見のニュースが! その少女は、看護師を務める爾の母の患者だった。犯人が自分かもしれない。爾は親友の達樹にも話せず悩んでいた。ある日、学校で見知らぬ少年と遭遇する。達樹からは自分たちの幼なじみの白兎だと言われるが、爾には全く見覚えがなく・・・・・・・。大人のサスペンス・ミステリ、第3弾!(角川文庫)

目次
序 青鈍の記憶
一 紅が咲く
二 聴く人
三 血と肉と祈りと

表紙は、(おそらく藍色をした明け方なのでしょう) 公園の敷地らしき所に作り物のパンダが二体。帯に大きく 「16歳の誕生日に おれは、女の人を殺した!? 」 過去の記憶が事件を呼ぶサスペンス・ミステリ! とあります。

これが、まさか “時代劇” で幕が開くとは思いもしませんでした。時は、律令制下の日本。検非違使が闊歩する都の街中から物語は始まっていきます。

(何も知らない私は) はじめ何かの間違いではないかと思いました。戸惑いもしたのですが、結果、私はその時代劇の章 「序 青鈍の記憶」 が最も面白く読めました。(第一章からは突然時代が現代に変わります)

都に来てから六年になる。その昔、都に上る前は近江の紺掻だった。父の代からの染物屋で、毎日毎日、藍の葉を運び、藍瓶の中に糸を浸し布を浸して生きてきた。物心ついてからずっと藍に塗れて生きてきた。

十八の歳、故郷を棄てた。妻も子もいたけれど、棄てた。老いかけた二親も棄てた。
なぜ、このように酷い真似をする
嬰児を抱いた妻が縋ってくる。乳の濃い匂いがした。

三年経ったら帰ってくる
都で一花咲かせたら、必ずおまえの許に帰ってくる。だから、頼む。三年、おれに三年の時をくれ」 (本文より)

約束の三年が経ち、その倍の六年が過ぎ、それでも男は都を離れません。一花咲かせるどころか、男は落ちぶれて盗賊となり、人を殺して喜ぶ殺人鬼になり果てています。年老いた親が死に、飢えて赤子も死んだ上、妻の葉黄女 (はぎめ) も死んだのでした。

極悪非道を絵に描いた、その男の名を狗丸といいます。狗丸に付き纏う、もう一人の男がいます。その男の名を、白兎といいました。

時を経て、白兎は爾の前に現れます。

※先日たまたま書店で見つけて買ったのがこれで、読んではじめて、白兎1 (文庫のタイトルは 『緋色の稜線』)、白兎2 (文庫のタイトルは 『藤色の記憶』) があるのを知りました。これはぜひとも読まなければなりません。

追伸:どうやら 「白兎4」 まであるようです!! すみません。 (2/9)

この本を読んでみてください係数 85/100

藍の夜明け (角川文庫)

◆あさの あつこ
1954年岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷生まれ。
青山学院大学文学部卒業。

作品 「ほたる館物語」「バッテリー」「バッテリーⅡ」「たまゆら」他多数

関連記事

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な家 あなたは、この間取り

記事を読む

『いちばん悲しい』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『いちばん悲しい』まさき としか 光文社文庫 2019年10月20日初版 いちばん悲しい (

記事を読む

『嫌な女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『嫌な女』桂 望実 光文社文庫 2013年8月5日6刷 嫌な女 (光文社文庫) 初対面

記事を読む

『十六夜荘ノート』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『十六夜荘ノート』古内 一絵 中公文庫 2017年9月25日初版 十六夜荘ノート (中公文庫)

記事を読む

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 不愉快な本の続編 &n

記事を読む

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9月12日初版 きみはだれ

記事を読む

『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行 リバース&リバース(新

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 事件 (創元推理文庫) 196

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑