『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』(竹内明)_書評という名の読書感想文

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内 明 講談社 2017年9月26日第一刷


スリーパー 浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ

母上様、あなたはどうして日本を捨て、北にやってきたのですか - 。

報道記者としても活躍する著者が放つ、リアル諜報ミステリ。

東京で、就活中の大学院生として、ごく普通の生活を送る青年・倉本龍哉。だが、彼の名前や戸籍、経歴は、すべてある国家によって用意され、与えられたものだった。豊かで平穏な日本での日常と、家族の暮らす祖国のギャップ。エリート工作員としての誇り。周囲には決して悟られぬよう、日本社会に「浸透」(チムツ)する緊張・・・・・・・。だが母親から、「日本でしてほしい」と頼まれた、ある願いが龍哉の運命を変えていく。

一方、「公安警察の狂犬」として外国スパイに恐れられながら、日本の上層部に巣食う潜入者=モグラの影に切り込み、警察組織を追われた外事二課のエース・筒見慶太郎は、指令を受けてバングラデシュ・ダッカのスラムで罠にかかり、殺人の嫌疑をかけられる。

交錯する筒見と龍哉の運命。日本と北朝鮮、対立する国家の狭間で引き裂かれた人々の思い。激闘の果てに、ふたりが辿り着いた驚愕の真実とは。

「目を醒ませ。本当のお前は、誰なのか - 」 (講談社BOOK倶楽部/内容紹介より)

龍哉が朝鮮人民軍偵察総局に採用されたのは、金日成総合大学の三年生、二十歳のときでした。金日成総合大学は、主体(チュチェ)思想で徹底的に武装し、党と首領に忠実な民族幹部の骨幹を養成する超エリート大学です。龍哉はその中でももっとも競争率の高い、自然科学部門、それも物理学科の学生でした。

龍哉は子供のころから「神童」(シンドン)と呼ばれて育ちます。高校まで数学、英語、物理、化学はずっと学年の一位か二位の成績。しかし、それでも全国の最優秀学生が集まる金日成総合大学への入学には大きな壁がありました。

端的に言えば、それはカネと出身成分。合格するには何より「血統」がものをいいます。龍哉の父は「高級中学校教師」、いわゆる中流階級で、決して裕福な家庭ではありません。大きなハンデを背負いながら、しかし龍哉は見事一発でこの最難関を突破してみせます。

一週間後、龍哉は平壌市近郊の山間にある小さな村に連れていかれます。鉄条網に囲まれた広大な敷地に、平屋建ての一軒家が点在しています。周囲からは隔離された、それが工作員の密封教育のために作られた「東北里(トンプクリ)三号招待所」だったのです。

「李東植(イドンシク)という本名は金輪際使うでない。おまえの名前はクラモトタツヤだ。誰にあってもこの名前以外使うな。いいな、倉本龍哉同志」- 党の幹部らしき人物からそう言われ、龍哉は訳もわからず頷くほかなすすべがありません。

この日を境に、朝鮮民主主義人民共和国人の李東植は、「日本人・倉本龍哉」に生まれ変わります。東北里三号招待所の十号棟にいて、龍哉は同い年の同僚・アツシと出会い、その後二ヶ月に亘り厳しい訓練を共にします。

そして二人は、海外での諜報活動を担当する第三局に配属されます。彼らの標的は日本 - 彼らの任務は、日本が米帝や南朝鮮傀儡とともに、反共和国の侵略策動に動いたとき、その動きをいち早く察知して、破壊工作によって紛糾すること -

勝利の時に備えて日本社会に浸透(チムツ)せよ」- そう指令が下されたのは、四年前のことです。
・・・・・・・・・
話は変わり、舞台は南アジアの「瘴癘地」(しょうれいち:不健康な開発途上国のこと)・バングラデシュへと場所を変えます。

筒見慶太郎は、在バングラデシュ日本国大使館警備対策官、元は警視庁公安部外事二課のエース(または「狂犬」)と呼ばれた男です。彼はダッカにおいて、ある作為に嵌められた結果、二人を殺した殺人犯として当局に拘束されることになります。

殺されたのは彼の部下のアリ・ホサインともう一人、神林貞夫という日本人男性。(神林貞夫は有名な俳優で、名だたる映画賞を総なめにしてきた名優として日本では誰もが知る人物です)

二人を殺害したとしてバングラデシュ軍参謀情報局(DGIF)に捕えられた筒見は、日本警察(警察庁)外事課理事官・瀬戸口大河の指揮の下、(外交関係に関するウィーン条約に基づき)かろうじて当局の拘束を免れることになります。

ようやくにして日本に戻った筒見は、(自分の嫌疑を晴らそうと)ある事件を追う中で、一人の青年の存在に行き着きます。それが倉本龍哉で、尾行するうちに、筒見は龍哉がただの大学院生ではないのに気付きます。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


スリーパー 浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ

◆竹内 明
1969年神奈川県茅ケ崎市生まれ。
慶応義塾大学法学部卒業。

作品 「ドキュメント秘匿捜査 警視庁公安部スパイハンターの344日」「時効捜査 警視庁長官狙撃事件の深層」「マルトク 特別協力者 警視庁公安部外事二課」など

関連記事

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1日発行 ただしくないひと

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 銃とチョコレート (講談社

記事を読む

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 高架線 そうやって元のところに留ま

記事を読む

『静かに、ねぇ、静かに』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『静かに、ねぇ、静かに』本谷 有希子 講談社 2018年8月21日第一刷 静かに、ねぇ、静かに

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『朝が来る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『朝が来る』辻村 深月 文春文庫 2018年9月10日第一刷 朝が来る (文春文庫)

記事を読む

『少年と犬』(馳星周)_書評という名の読書感想文

『少年と犬』馳 星周 文藝春秋 2020年7月25日第4刷 【第163回 直木賞受賞作】少年

記事を読む

『鯖』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『鯖』赤松 利市 徳間書店 2018年7月31日初刷 鯖 (文芸書) 読めば、地獄。狂気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑