『あくてえ』(山下紘加)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『あくてえ』(山下紘加), 作家別(や行), 山下紘加, 書評(あ行)

『あくてえ』山下 紘加 河出書房新社 2022年7月30日 初版発行

怒濤である。出口のない日々を生きる人間の肉声が、一切の歪みなしに吹き込まれている。- 宇佐見りん

19歳の小説家志望と90歳甲州弁のばばあ、溢れる悪態あくてえの応酬

あたしの本当の人生はこれから始まる。小説家志望のゆめは90歳の憎たらしいばばあと母親と3人暮らし。ままならなさを悪態に変え奮い立つ、19歳のヘヴィな日常。第167回芥川賞候補作。(河出書房新社)

ゆめの母・きいちゃんにとって、今やばばあは (何の義理もない)あかの他人でしかありません。離婚した元夫の母であるばばあは、息子 (きいちゃんの元夫) の再婚相手と折り合わず、もといた家へ “出戻って“ いるのでした。

にもかかわらず、ばばあはそれを一向に気にする気配がありません。言いたい放題、したい放題のばばあに対し、怒るどころか、きいちゃんは常に献身的に尽くします。勝手に過ぎるふるまいや無茶な要求にも、文句一つ言いません。

ゆめは、ばばあに対するそんなきいちゃんの態度に我慢がなりません。そこまでしてなぜばばあを庇うのか。それが理解できません。たまらずそれをきいちゃんに質すのですが、結局きいちゃんの苦労を思うと、ゆめもまたばばあの面倒を見ざるを得ません。

八方塞がりの中、今ある生活や自分の将来を思うとき、ゆめはばばあに対し、上手く言葉が見つけられずに、時に激しく悪態 (あくてえ)をついてしまうのでした。

本を閉じても耳に残る不協和音 評者:金原ひとみ/朝日新聞掲載:2022年09月24日

主人公、ゆめは十九歳の小説家志望で、文芸誌に小説を投稿しながら派遣社員として働き、家計を支えている。家族は母親のきいちゃんと、九十歳の父方の祖母、ばばあ。

きいちゃんは人が良く、父親がよそに家庭を作り出て行った後も献身的にばばあの介護を続けているが、ゆめは不潔で自分勝手なばばあの一挙一動が許せず、顔を合わせればあくてえ (悪態) の言い合いとなり、きいちゃんに対してもなぜそこまでしてやるのかと解せない思いでいる。 しかしきいちゃんはばばあに対して、体が弱かった幼いゆめの育児を手伝うため故郷から上京してもらったという恩義を感じているのだ。

刺々 (とげとげ) しいゆめと図々 (ずうずう) しいばばあの罵 (ののし) り合いは、もはや現代人が忘れかけている加虐と被虐の快感すら思い出させる。もっとやれ、と格闘技を見ているかのようなアドレナリンが出るが、これが現代社会の最小単位の共同体で起こっている現実だと突きつけられる痛みも同時に湧き上がる。

(中略)

許せないもの、耐え難いものを直視し続け、己の中の卑しい欲望と感情を掻 (か) き乱されるような読書の中で、それでも何かしらの救いがこの三人に、ゆめだけにでも訪れますようにという願いを抱かずにはいられないが、その願いこそがまさに彼らに届かない欺瞞 (ぎまん) だと嘲笑 (あざわら) われるような気分で本を閉じることとなった。(以下略/「好書好日」 より抜粋)

※前から読みたいと思っていた本が、やっと読めました。

肉親だからこそ 「言ってしまう」「言えてしまう」 ことがあります。育ててもらった恩を忘れて吐く暴言は、吐くと同時に自分が情けなくなります。もっと冷静に、もっと違う言葉で言えばよかった。伝えたいのは、そんなことではなかったのにと。

 この本を読んでみてください係数/ 85/100

◆山下 紘加
1994年東京都生まれ。

作品 2015年、「ドール」 で第52回文藝賞を受賞しデビュー。著書に 「クロス」「エラー」 がある。22年、「あくてえ」 で第167回芥川龍之介賞候補。

関連記事

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 渋谷で出会った謎の女性に勧められ、ミツ

記事を読む

『おるすばん』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『おるすばん』最東 対地 角川ホラー文庫 2019年9月25日初版 絶対にドアを開

記事を読む

『Aではない君と』(薬丸岳)_書評という名の読書感想文

『Aではない君と』薬丸 岳 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 あの晩、あの電話に出ていたら。

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 小説家の父

記事を読む

『アイ・アム まきもと』(黒野伸一 著 倉本裕 脚本)_書評という名の読書感想文

『アイ・アム まきもと』黒野伸一 著 倉本裕 脚本 徳間文庫 2022年9月15日初刷

記事を読む

『臨床真理』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『臨床真理』柚月 裕子 角川文庫 2019年9月25日初版 人の感情が色でわかる

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 目覚めると、私は闇の中にいた。交通事故に

記事を読む

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行 葬儀の晩に訪れた、前

記事を読む

『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 ミステリ作家の冴子は、友人・亜美から

記事を読む

『インストール』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『インストール』綿矢 りさ 河出書房新社 2001年11月20日初版 この小説が文藝賞を受賞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑