『キッドナップ・ツアー』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/12 『キッドナップ・ツアー』(角田光代), 作家別(か行), 書評(か行), 角田光代

『キッドナップ・ツアー』角田 光代 新潮文庫 2003年7月1日発行

五年生の夏休みの第一日目、私はユウカイ(=キッドナップ)された。犯人は二か月前から家にいなくなっていたおとうさん。だらしなくて、情けなくて、お金もない。そんなおとうさんに連れ出されて、私の夏休みは一体どうなっちゃうの? 海水浴に肝試し、キャンプに自転車泥棒。ちょっとクールな女の子ハルと、ろくでもない父親の、ひと夏のユウカイ旅行。私たちのための夏休み小説。(新潮文庫より)

そのユウカイ犯は、私(背の低い小学五年生のハルという名の少女)に「背、伸びたな、ハル」と声をかけます。ユウカイ犯は私の名前を知っています。

「そうかな」と応じる私も、実はこの男を知っているのです。なぜなら、おかしいほど大きなサングラスをかけたこの男は、私のおとうさんなのですから。

運転席側の窓が開き、「おじょうちゃん、お乗りになりませんか」と言うから、私は男をじっと見つめたまま車までのそのそと歩き、助手席のドアを開けます。車の中はきんと涼しくて、買いにいくつもりだったアイスクリームなんてどうでもよくなるくらいで、

「私ね、車乗るの大好きなんだ。おかあさんはほら、免許持ってないでしょ。でもこのまえさゆりちゃんのおとうさんに車乗せてもらってさあ、・・・・」とべらべらしゃべり、本当はたいしてお腹が空いているわけでもないのに「ねえ、私、ファミリーレストランいきたい」などと言い出しています。

いつもそうなのです。私は緊張すると言葉がどんどんのどにはいあがってきて、とまらなくなるのです。緊張しているのは、おとうさんに会うのがすごくひさしぶりなせいです。
・・・・・・・・・・
約二か月ぶりに出会った父と娘は、さすがに親子であるだけに特にこれといったわだかまりもなくスムーズな会話をしているふうに思えるのですが、(先にも書きましたように)久方ぶりに目の前に現れた父親に対して、ハルは明らかに平静を装っています。

平静を装わんが為に、わざと饒舌になっているのが分かります。一方のおとうさんはと言うと、(元々この人はふざけ性で、真剣になるべきときでもばかみたいなことばかりを言い、おかあさんを泣かせたり、口をきいてもらえなかったことがあります)

こちらはこちらで一生懸命間を持たそうと、あるいは何とか父親としての威厳を保つべくして、言わずもがなのことを言います。ハルはシートにもたれちらりとおとうさんの横顔を見て、思います。

- 私は背なんか伸びていない。たった二か月かそこいらで背が伸びるのなら、私はいつまでも列の先頭で腰に手をあてたりしていない。もっとうしろのほうでみんなと同じ、前ならえの姿勢をとっている。でも・・・・

ハルは心の中でそう呟く傍らで、おとうさんがそう言ったのは、きっとほかに何を言ったらいいか思いつかなかったからなんだろうと考えます。自分がそんなにお腹は減っていないのにファミリーレストランへいきたいなんて言ったのといっしょなんだと思います。

さて、ここまでは冒頭で交わされるハルと父親のやり取りのごく一部を紹介したわけですが、家族と離れ今は独りで暮らす父親と、利発でちょっとクールな少女との微妙な距離感、たまにしか会えない中での親と子の絶妙な間合いがみごとなまでに描き出されています。

父親がどんな仕事をしているのか、していないのか。何が元で妻と娘を残して家を出たのか。実の娘を誘拐する(にしてはあまりに杜撰で二人きりの旅行を存分に楽しんでいるようにしか思えないのですが)という暴挙に出てまで妻とするべき交渉とは何事だったのか。

それらは何ひとつ明かされないままに、本当に言うべきは内に秘めて語られることなく、しかし、それ以上に何かある親と子の、ひいては人と人との関係にある確かなものの余韻を残して、ひと夏の可笑しくもせつない冒険譚は幕を閉じます。

※ 余談ですが、中学受験の過去問にこの小説があるらしい。どんな設問なんだろうと、ちょっと気になります。

この本を読んでみてください係数  85/100


◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「空中庭園」「かなたの子」「紙の月」「八日目の蝉」「ロック母」「マザコン」「だれかのいとしいひと」「ドラママチ」「それもまたちいさな光」「対岸の彼女」「幾千の夜、昨日の月」ほか多数

関連記事

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月25日初版 下手な

記事を読む

『学校の青空』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『学校の青空』角田 光代 河出文庫 2018年2月20日新装新版初版 いじめ、うわさ、夏休みのお泊

記事を読む

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月1日発行 大き

記事を読む

『神様の裏の顔』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『神様の裏の顔』藤崎 翔 角川文庫 2016年8月25日初版 神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 児

記事を読む

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 第158回直木賞受賞作。 明治2

記事を読む

『彼女は存在しない』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『彼女は存在しない』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2003年10月10日初版 平凡だが幸せな生活を謳歌し

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版 黒電話の前で、「彼」からの電話

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 ここではないどこかへ・・・・・・・。東京

記事を読む

『彼女が天使でなくなる日』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『彼女が天使でなくなる日』寺地 はるな ハルキ文庫 2023年3月18日第1刷発行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑