『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷

騙る (文春e-book)

大物彫刻家が遺した縮小模型、素人の蔵に眠っていた重文級の屏風、デッドストックのヴィンテージ・アロハ・・・・・・・。
こいつは金になる - 。
古美術業界の掘り出し物にたかる、欲深き人びと。
だましだまされ、最後に笑うのは誰?
著者の十八番、傑作美術ミステリー連作集! (文藝春秋BOOKSより)

目次
マケット
上代裂 (じょうだいぎれ)
ヒタチヤ ロイヤル
乾隆御墨 (けんりゅうぎょぼく)
栖芳写し (せいほううつし)
鶯文六花形盒子 (うぐいすもんろつかがたごうす)

どちらかといえば私は長編が好きなのですが、合間合間に刊行されるこの手の短編集を見逃すわけにはいきません。丁々発止でやり取りされる、いかにもな関西弁。スピーディーな話の展開、(百も承知であるにもかかわらず、あっと言わせる)予期せぬオチに、今回もしてやられました。

クスッと笑い、スカッとして、それで終わるわけではありません。古美術品やヴィンテージものについての知識はもとより、業界に蔓延る悪しき慣習と顧客を騙す巧妙な手口の数々は、為になります。

つねではありますが、読みたいのに読むのがもったいない。残りページが少なくなるのが忍びない。このままずっと読み続けていたい。そんな気持ちになりました。

中で私のおススメは、第四話 「乾隆御墨」 です。

※話はまるで違うのですが、ネットでこんな記事を見つけました。これは、この本にも言えることです。そして、黒川ファンなら誰もが大なり小なり感じていることだと思います。本人曰く、

 わたしの小説はものを食う場面が多いらしい。インタビューを受けるときは、たいてい、「おいしそうですね、モデルになったお店はあるんですか」 と訊 (き) かれる。「いや、モデルなんかないんですわ。登場人物にもね」
 そう、なにもかも想像なのだ。店の造りから、出される料理、板前、仲居さんの着物の柄まで。
 それではなぜ、主人公たちは頻繁にものを食うのか - 。

(好書好日/朝日新聞2017年04月15日掲載の記事から)

空いた時間に、飯を食う。うどんや蕎麦を啜る。後で決まって、喫茶店に入る。確かに多くの “食べたり、飲んだり” する場面が登場します。それが全部 「おいしそう」 だということ。そんなところにもぜひ注目して読んでください。

尚、勿論上の記事には続きがあります。答えはどうぞご自身で確かめてみてください。

この本を読んでみてください係数 90/100

騙る (文春e-book)

◆黒川 博行
1949年愛媛県今治市生まれ。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。

作品 「二度のお別れ」「雨に殺せば」「ドアの向こうに」「迅雷」「離れ折紙」「悪果」「疫病神」「国境」「螻蛄」「文福茶釜」「煙霞」「暗礁」「破門」「泥濘」「後妻業」「勁草」他多数

関連記事

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 肉弾 (角川文庫) 大学を休学

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 夜また夜の深い夜

記事を読む

『神様の裏の顔』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『神様の裏の顔』藤崎 翔 角川文庫 2016年8月25日初版 神様の裏の顔 (角川文庫) 神

記事を読む

『カラスの親指』(道尾秀介)_by rule of CROW’s thumb

『カラスの親指』道尾 秀介 講談社文庫 2019年9月27日第28刷 カラスの親指 by r

記事を読む

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 玩具の言い分 (祥伝社文庫

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 ふがいない僕は空を見た

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『幻年時代』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『幻年時代』坂口 恭平 幻冬舎文庫 2016年12月10日初版 幻年時代 (幻冬舎文庫) 4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑