『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

死者のための音楽 (角川文庫)

[目次]
教わってもいない経を唱え、行ったこともない土地を語る幼い息子 ・・・ 長い旅のはじまり
逃げ込んだ井戸の底で出会った美しい女 ・・・ 井戸を下りる
生き物を黄金に変えてしまう廃液をたれ流す工場 ・・・ 黄金工場
仏師に弟子入りした身元不明の少女 ・・・ 未完の像
人々を食い荒らす巨大な鬼と、村に暮らす姉弟 ・・・ 鬼物語
父を亡くした少女と巨鳥の奇妙な生活 ・・・ 鳥とファフロッキーズ現象について
耳の悪い母が魅せられた、死の間際に聞こえてくる美しい音楽 ・・・ 死者のための音楽
人との絆を描いた、怪しくも切ない7篇を収録。怪談作家、山白朝子が描く愛の物語。(角川文庫)

解説 (東雅夫/文芸評論家・『幽』 編集長) より

本書死者のための音楽 は、2004年に彗星のごとく怪談文芸シーンに登場した謎の作家・山白朝子の第一短篇集であり、収録作は表題作を除いて、すべて怪談専門誌』 (メディアファクトリー/株式会社KADOKAWA発行 に掲載された作品である。
(途中を大きく割愛)
かくして世に出ることになったのが、本書に収められた一連の作品である。
物語の設定は現代だったり、いつの時代とも定かではなかったり、さまざまだけれど、共通しているのはそれが、われわれ日本人にとって、たいそう懐かしく感じられる世界であることだろう。陰惨な物語、哀切な物語、そして何より
単行本の帯文で、乙一氏がいみじくも指摘されていたとおり愛をめぐる物語 - いま最も新しい怪談のスタイルを提示した本書は、同時に、われわれにとって怪談とは何だったのか、その根幹に関わる情念のスタイルを提示した書物でもあるのだと、私は思う。

死んだ子供が唱えていたお経。その子はだれからも教わっていない。生まれたときから知っている。

何ひとつ見えない真っ暗闇の中。井戸の底の、そのまた底にある、だれも知らない世界。

私の子供たちよ。声の聞こえるほうにおいで。そしてお父さんの話を聞くのだ。今から、お父さんの若い頃の話をしてあげよう。話を聞き終えたとき、きみたちは、自分がなぜここにいるのかを知るだろう。

少女が訪ねてきたとき、師匠は外に出ていた。私は土間で鑿を研いでいたのだが、その手を休めて玄関先にむかった。少女の年齢は十四か十五といったところだろう。身なりはみすぼらしく、服のところどころに破れた箇所があった。しかし目は大人びており、頬から顎までの線が美しかった。

「ここに弟子入りしたいのだが、女でも仏師になれるのか? 」
少女の声はぶっきらぼうだった。
「私はこれまでに何人もの人を殺してきた。近いうちに捕まって縛り首にされるだろう。その前に自分で仏像を彫って残しておきたいんだ」

冗談を言っているのだと思った。

長い旅のはじまり
井戸を下りる
未完の像  特に印象に残ったのがこの三篇。ぞくっとし、愛を感じてください。

この本を読んでみてください係数 85/100

死者のための音楽 (角川文庫)

◆山白 朝子 (乙一の別ペンネーム)
1978年福岡県田主丸町 (現・久留米市) 生まれ。
豊橋技術科学大学工学部エコロジー工学課程卒業。

作品 2005年、怪談専門誌 「幽」 でデビュー。著書に 「エムブリヲ奇譚」「私のサイクロプス」「私の頭が正常であったなら」 がある。

関連記事

『蟻の菜園/アントガーデン』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『蟻の菜園/アントガーデン』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月25日初版 蟻の菜園 ‐アン

記事を読む

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行 毒母ですが、なにか (

記事を読む

『殺人出産』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『殺人出産』村田 沙耶香 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 殺人出産 (講談社文庫)

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行 妻は忘れない(新潮文庫)

記事を読む

『子供の領分』(吉行淳之介)_書評という名の読書感想文

『子供の領分』吉行 淳之介 番町書房 1975年12月1日初版 子供の領分 (集英社文庫) 吉行

記事を読む

『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田 圭介 文芸春秋 2015年8月10日初版 スクラップ・アン

記事を読む

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 サンブンノニ (角川文庫)

記事を読む

『セイレーンの懺悔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『セイレーンの懺悔』中山 七里 小学館文庫 2020年8月10日初版 セイレーンの懺悔 (小

記事を読む

『さみしくなったら名前を呼んで』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『さみしくなったら名前を呼んで』山内 マリコ 幻冬舎 2014年9月20日第一刷 さみしくなっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑