『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発行

朝日、読売、毎日、日経各紙で紹介。第1回みんなのつぶやき文学賞 国内篇第1位 「こんな小説、読んだことないと話題の一冊が、待望の文庫化!

人間と時間の不思議がここにある。新感覚の34の物語。1篇を増補!

学校、家、映画館、喫茶店、地下街の噴水広場、島、空港・・・・・・・さまざまな場所で、人と人は人生のひとコマを共有し、別れ、別々の時間を生きる。屋上にある部屋ばかり探して住む男、戦争が起こり逃げて来た女と迎えた女、周囲の開発がつづいても残り続ける 「未来軒」 というラーメン屋・・・・・・・この星にあった、誰も知らない34の物語。1篇を増補し、待望の文庫化。解説 深緑野分 (ちくま文庫)

どこの、誰の話かはわかりません。時代はバラバラで、場所も不明で - それでも人は人と出会い、人生のひとコマを共有し、やがて別れ、それぞれ別の時間を生きることになります。切ないような、空しいような ・・・・・・・ それほどではないような。そんな話が、縷々書いてあります。

収録作のひとつ 「ラーメン屋未来軒 は、長い間そこにあって、その間に周囲の店がなくなったり、マンションが建ったりして、人が去り、人がやってきた」 は中でも優れた一編である。

駐車場の真ん中にぽつんと建つ 「未来軒」 は、トタンの波板で囲われた安普請の建物だが、以前は両隣も似たような造りの店で、裏手には木造の長屋があった。日陰の路地にはよくどこかの家のじいさんが座っていて、たまにラーメンを食べに来た。次第に未来軒のある区域で土地開発がはじまり、土地を売って引っ越す者も出てくる。立ち退かない者への嫌がらせもはじまって誰も彼もいなくなっていく。それでも店主は意地でも店を売らなかった。

Ж

未来軒が迎える結末は、何も良くはなっていないのに、どこか小気味良い。みんなそれぞれの選択をし、場所から離れて 「未来」 に進んでいるが、未来軒の未来はここにあり続け、周囲もその選択の結果を生きている。

場所と、人と、時間。『百年と一日』 に収録されている作品はいずれも、この三点のポイントによって立体的に立ち上がっている。(以下略/解説より)

※目次だけで8ページもあります。ちなみに増補された作品のタイトルは、こうです。

その人には見えている場所を見てみたいって思うんです、一度行ったことがあるのに道がわからなくなってしまった場所とか、ある時だけ入口が開いて行くことができる場所のことを考えるのが好きで、誰かが覚えている場所にもどこかに道があるんじゃないかって、と彼は言った」 (125ページ、19番目に載っています)

どうでしょう? 何だか抽象的に過ぎるでしょうか。一生懸命自分が過去にした経験を思い出すと、実はあなたにも似た出来事があったのではないでしょうか? そんなふうに感じる、ふとしたことの断片ばかりが綴られています。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆柴崎 友香
1973年大阪府大阪市大正区生まれ。
大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。

作品 「きょうのできごと」「次の駅まで、きみはどんな歌をうたうの?」「青空感傷ツアー」「フルタイムライフ」「寝ても覚めても」「その街の今は」「春の庭」「千の扉」他多数

関連記事

『本を読んだら散歩に行こう』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『本を読んだら散歩に行こう』村井 理子 集英社 2022年12月11日第3刷発行

記事を読む

『星に願いを、そして手を。』(青羽悠)_書評という名の読書感想文

『星に願いを、そして手を。』青羽 悠 集英社文庫 2019年2月25日第一刷 大人

記事を読む

『我が産声を聞きに』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『我が産声を聞きに』白石 一文 講談社文庫 2024年2月15日 第1刷発行 生まれ、生き、

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 大きな文字で、一億円のさような

記事を読む

『ひざまずいて足をお舐め』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ひざまずいて足をお舐め』山田 詠美 新潮文庫 1991年11月25日発行 SMクラブの女王様が、

記事を読む

『夜葬』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『夜葬』最東 対地 角川ホラー文庫 2016年10月25日初版 ある山間の寒村に伝わる風習。この村

記事を読む

『パトロネ』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『パトロネ』藤野 可織 集英社文庫 2013年10月25日第一刷 同じ大学に入学した妹と同居す

記事を読む

『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷 舞台は大阪。三十半ばで便利屋のア

記事を読む

『砂上』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文 

『砂上』桜木 紫乃 角川文庫 2020年7月25日初版 「あなた、なぜ小説を書くん

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 幼馴染みと十年ぶりに再会した僕。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑